プラスマイナスゼロリフレクトヒーターの口コミや最安値!【ディノス】





キニナルマーケットやノンストップいいものプレミアムで

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターという

キューブ型のおしゃれなコンパクトヒーターを紹介!

最安値で買う方法や口コミについてまとめています。

また、

とっても似た商品にコアビームというヒーターも

ありますが、機能面ではどう違うのか

気になったので調べてみました。

ディノスのプラスマイナスゼロリフレクトヒーターの口コミは?

 カーボンヒーターと比較検討の結果、省エネ度の高いこちらを購入しました。

 この小ささでとても暖かいです
もちろん足元だけですけど。スイッチの位置が上にあったら、大満足でした。

 一気に寒くなってからは、コレがついてるのとついてないのとでは結構違う!と気付きました。

 首振りで使ってるといつの間にか部屋がほんのり温かい。

 エアコンばかり使うのも電気代がかかるので購入しました。
価格は高いですが、タイマーや首振り機能、倒れない形状は良かったです

 風が出ないタイプの暖房を探していました。400wにするとわが家の狭い脱衣所であれば程よく暖まります。足元近くで使用するのであれば、200wでも十分な暖かさでした。

 デザイン性最高です
どこに置いても違和感がなく最高です!
軽量で持ち運びやすく便利です

 ほぼ毎日使用しています。400Wが最大出力ですが、1000W相当の暖かさは感じました

 電源入れると自動で切タイマー1時間になるのが便利。朝イチバンに電源入れて、みんなが使う頃にはほんのり暖かい。

 よくある電気ストーブは置いた近辺しか暖まらず、寄りすぎたら熱くて危険だったりしてちょっとストレスを感じていました。こちらはコンパクトで軽いのにパワーが充分あり暖かさが拡がります。

 ボタンや文字は小さいですが、それがかえってデザインの邪魔をせず気に入っています!

 トイレの暖房に。あくまでほんのり。直接あたる所は温まるけどトイレ全体が温まることはない。

 スイッチ類の位置が低すぎて使いにくい。

 少々使い勝手が悪いです。「切タイマー」は時間が来れば切れてしまうので人感センサーの方が便利かと。

mina
スイッチ類が下の方にあるので、

頻繁につけたり消したりする場合には不便を感じるようです。

暖かさやデザイン性に関しては、かなり評価が高いですね!

人気ヒーターの

プラスマイナス0リフレクトヒーターは、

家電デザイナーズブランドで人気の「±0」

が開発しただけに、

キューブ型のレトロな感じがとにかくおしゃれ!

お部屋を暖めながらも

どこかほっこりするデザインなんですよね。

しかも、コンパクトなのにパワフルで、

エアコンが届かないキッチンや洗面所、

トイレなどのサブヒーターにおすすめ!

購入した方の満足度も高く、口コミでも好評です!

ディノスのプラスマイナスゼロリフレクトヒーターの最安値は?

ディノスのプラスマイナスゼロリフレクトヒーター

ノンストップいいものプレミアムで紹介された

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーターを

販売しているサイトと価格について

調べてみました。

 価格送料
ディノスいいものプレミアム9,700円590円
ディノス楽天市場9,700円590円
TBSショッピング楽天市場9,700円無料
Amazon13,734円~無料
Yahoo!ショッピング9,700円590円
楽天市場14,300円無料

プラスマイナスゼロリフレクトヒーターの

価格を調べたところ、

ノンストップ通販の「いいものプレミアム(ディノス)」

ディノス楽天市場、Yahoo!ショッピング楽天市場

TBSショッピング楽天市場が最安値で買えそうです。

ただし、

期間限定のキャンペーン価格で、

人気商品ですので、

購入を検討されている場合は、

お早目の購入をおススメします。

【1月17までの期間限定キャンペーン】
メーカー直販価格
税込み14,300円→9,700円
※1月17日以降は14,300円での販売ですので
4,600円お安く購入出来ます!

また、

キャンペーン期間が終了後は、

ピンクベージュならば、

Amazonで購入するのがお安く買えそうですよ。

色にこだわりが無いならAmazonで

購入するのがお得に買えそうです。

※価格は変動することがあります。

価格に関しての最安値のまとめ

●キャンペーン期間外ではピンクベージュの
カラーに限りAmazonが最安値!

●2020年12月現在の最安値は、
送料無料のTBSショッピング楽天市場!

TBSショッピング楽天市場で詳しく見る

ディノスのプラスマイナスゼロリフレクトヒーターの特長は?

シンプルで機能的なデザイン家電を

多く生み出す±0(プラスマイナスゼロ)の

リフレクトヒーターは、

400Wで1000W相当の放射照度を持つ、

首振り機能が付いた暖房器具です♪

リフレクトヒーターの特長

放射照度が2倍以上でパワフル!
 

400Wのリフレクトヒーターと

1000wの他のヒーターを

サーモスタッドで比較しています。

一番高い温度は白なのですが、

1000wのヒーターと同じ白さなので、

同じような温度になっているんです。

出典:楽天

リフレクト(反射する)という名前通り、

暖かさの秘密は反射板にあります。

ヒーター後ろの反射板に加え、

前面にハニカム状の特殊反射板を設置。

ヒーターの熱を集中させて効率よく暖めるから、

熱が当たっている部分はなんと

400Wなのに、

1000Wヒーターに相当する暖かさと言われています。

★ボタン1つで自動首振り!
 

反射板で熱を一か所に集めてしまうと、

じりじりと熱くなりすぎてしまいますが、

「首振り角度機能」

「上下運動」

が出来るのでまんべんなく温めることが出来ます。

切り忘れ防止【安心オフタイマー】

1時間、2時間、4時間の手動OFFタイマーが

搭載されていることや、

1時間後に自動で電源が切れるので、

うっかりの切り忘れを防止します。

また、

間違えて倒してしまっても転倒を感知し、

自動電源オフしてくれるなどの

安全機能もしっかり搭載されています。

他にも、消費電力が

400W/200Wと2段階ですぐに

切り替えられるのは簡単でいいですね^^

ディノスのプラスマイナスゼロリフレクトヒーターとコアビームの違いは?

ノンストップいいものプレミアムで

紹介されたディノスの

プラスマイナスゼロリフレクトヒーターに

非常に似た商品のヒーターがあります。

スリーアップ株式会社から販売されている

「人感センサー付リフレクトヒーター コアビーム 」

です。

見た目はモノすごく似ているのですが、

性能はどうなのでしょうか?

表にしてまとめてみました。

 ±0プラスマイナスゼロ
【リフレクトヒーター】

  

スリーアップ
【人感センサー付
リフレクトヒーターコアビーム 】

カラーライトグレー・ブラウン
ピンク・レッド
ホワイト・レッド・ブラウン
サイズ幅24×奥行18.4×高さ30㎝幅24×奥行20×高さ29.6cm
重量2.3㎏2.2㎏
消費電力強/400W、弱/200W強/400W、弱/200W
1時間当たりの電気代約10.8円(強/400W使用時)約10.8円(強/400W使用時)
コード長さ1.8m1.5m
首振り角度左右90°(自動)
上向26°(手動)
左右60°(自動)
上下15°(手動)
機能 強/弱(2段階切替)
自動首振り
手動オフタイマー(1h2h4h)
自動オフタイマー1時間

人感センサー(自動運転)
強/弱(2段階切替)
自動首振り
手動オフタイマー(1h2h4h)
自動オフタイマー8時間

通常価格14,300円18,480円
平均価格14,300円8,610円~10,780円

大きな違いは、

●人感センサーの有無

●首振りの角度

●自動オフタイマー   ですね。

スリーアップの

人感センサー付リフレクトヒーターコアビーム では、

人感センサー感知範囲が

上下40°、左右60°(2m)となっていますので、

この範囲にいない時には自動で電源がOFFになりますね。

安全かつ電気代の節約になりそうです。

人感センサー付きなので、

メーカー希望価格は18,480円と高めの設定ですが、

8000円代~1万円ほどの価格で販売されています。

また首振りの角度では、

プラスマイナスゼロのリフレクトヒーター

の方が範囲が広いので

より広範囲を温められます。

またプラスマイナスゼロでは、

自動オフタイマーが1時間と短めです。

ヒーターの使い過ぎ防止をより意識した

作りになっています。

デザインは個人的には、プラスマイナスゼロの

リフレクトヒーターの方がデザインが好みですね^^

コアビームについて詳しくはこちら!

楽天でプラスマイナスリフレクトヒーターを詳しく見る

Amazonでプラスマイナスリフレクトヒーターを詳しく見る

楽天で詳しく見る

Amazonで詳しく見る

送料無料の最安値!TBSショッピング楽天市場

女神のマルシェで紹介された 省エネスポットヒーターコアビームは 人感センサー付きだから、 電気代の節約やスイッチの消し忘れの 心...
忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!
SNSで話題の「飲む美白ケア」
マジックも落とせるシャワーヘッド ミラブルの効果とは?