ホワイトールの成分を比較!シミを防ぎ美白になる効果的な飲み方は?



飲んでシミを薄くするホワイトールには、

美白に欠かせない成分が含まれています。

美白・美肌と言えば、ビタミンCが有名ですが、

ホワイトールには他にも美白成分が

含まれています。

成分それぞれについての効果や

他社製品との成分量を徹底調査しました!

ホワイトールの成分は?

シミ・そばかすに飲んで効く「ホワイトール」

どんな成分が含まれているのでしょうか?

商品パッケージから見てみましょう。

ホワイトールの成分

主に肌に効果的と言われる成分と分量

についての説明は以下の通り。

■アスコルビン酸  1000mg

アスコルビン酸は別名ビタミンCで、

皮膚や腱、骨や血管にある繊維成分(コラーゲン)

の生成にかかわっています。

また、シミの原因のメラニン色素をおさえたり、

体の抵抗力を高める効果も期待できます。

いわゆる抗酸化ビタミンであり、

体内では生成できない成分の一つです。

ちなみにハ〇〇オールCは500㎎と、

ハイチオールの半分です。

■L-システイン   240mg

L-システインはタンパク質を構成するアミノ酸の一つで、

特に肝臓の解毒作用や皮膚の代謝に関係しています。

皮膚の色素沈着をもたらすメラニン色素の生成を抑えるだけでなく、

体外への排出をうながす作用があり、

しみ、そばかす、日焼け、かぶれなどの対策としてビタミンC、

ビタミンB類などとともに用いられます。

L-システインは強力な抗酸化作用を有する

「グルタチオン」の細胞内濃度を高め、

肺や脳の機能向上、デトックス効果が期待されます。

また、グルタチオンの美白効果は有名で、

L-システインから作られるグルタチオンを

体内で効率的に利用するために、

ビタミンB2などを含むマルチビタミンを

同時に摂取するとその効果を最大限に享受することができます。

そして、

ホワイトールはビタミンBがしっかり配合されています。

ホワイトール

■リボフラビン   6mg

水溶性ビタミンのビタミンB2のことで、

糖質、たんぱく質、脂質の代謝、

エネルギー産生に関与する酸化還元酵素の

補酵素として働きます。

「発育のビタミン」ともいわれ、

発育促進に重要な役割を果たすほか、

皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関与しています。

■ピリドキシン塩酸塩  12mg

ビタミンB6は身体を作るために

必要なタンパク質を吸収するのを

助ける役割があります。

ビタミンB6が体内にあると

食事などから摂った良質なタンパク質が

しっかり吸収され、

健康な皮膚や粘膜、髪、歯などを作りながら

成長を促します。

以上のように、

ホワイトールのは以下のビタミンが

美白に効果的に作用しています。

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)
ビタミンB2(リボフラビン)
ビタミンC(アスコルビン酸)

上記は水溶性のビタミンなので、身体に貯めておくことができません。

これらは健康なお肌に欠かせない成分ですが、

食事から必要量を摂取するのは大変ですので、

ホワイトールでカラダに供給するのがお手軽ですね。

また、

ホワイトールには脂溶性の成分もあります。

コハク酸d-α-トコフェロール50mg

天然型ビタミンEの一種で脂溶性の抗酸化成分として、

医薬品、化粧品、食品に使用されています。

抗酸化作用があり、肌に悪影響を及ぼす

活性酸素を防ぎ、血行促進や肌荒れ改善効果により、

くすみ、くまなどを改善します。

ホワイトール公式サイトを見る

添加物

次にホワイトールに含まれる添加物についてお伝えします。

医薬品は主薬と医薬品添加物で作られています。

錠剤や顆粒にするうえでは添加物が必要です。

添加物は主薬を安定させたり、効力を発現させたり、

のみやすい製剤にするうえで必要な物質で、

主に以下の役割があります。

賦形剤:形を賦与する
結合剤:成分粒子を相互に結合させるために配合
崩壊剤:製剤が消化管内で崩壊するのを促進させるために配合

ホワイトールには以下の添加物が

含まれています。

●トウモロコシデンプン

トウモロコシから処理されて作られたデンプン。

でん粉は特に経口投与用の代表といえる

錠剤に対する添加剤の一つとして汎用されています。

●結晶セルロース

優れた賦形剤であり、粒子が絡み合い

容易に成型できることや、水分により容易に崩壊すること、

流動性がよいことから、

錠剤の結合剤、崩壊剤としても優れた機能を発揮。

医薬品以外に、乳化安定剤として化粧品、

乳製品などの食品、その他工業用にも広く用いられている

●クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na)

医薬品が効果を発揮するためには、

薬効成分が溶け出して身体に吸収されなければなりません。

この薬効成分の溶け出しを助けるのが崩壊剤で、

クロスCMC-Naは、身体の中に入ると、

ちょうど良い場所で崩壊剤が錠剤の内側から膨らみ、

バラバラに崩壊するように混ぜられています。

●メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

賦形剤(ふけいざい)として

形を「錠剤」に固めるために用いるのが主な目的の成分。

●ステアリン酸マグネシウム

滑沢剤で、粉末や顆粒の流動性を改善し、

圧縮成形時に滑りを良くし、粉末の付着を防ぐとともに、

錠剤表面に光沢を与える。

●ヒプロメロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)

HPMCは食品添加物として

美観を維持する目的で使用されていることが多く、

医薬品添加物として利用されており、基材や結合剤として使用。

●酸化チタン

錠剤コーティングに用いられる酸化チタンは、

白色の着色剤として幅広く使用されています。

酸化チタンは、錠剤に輝度や白色度または

隠蔽性を与えるための、非常に優れた原料であり、

食品、医薬品、化粧品の分野において、

様々な用途に使用されてきた長い歴史があります。

●マクロゴール

錠剤の表面平滑剤やコーティング剤、

あるいは結合剤としても使用されています。

以上のように、身体の中に取り込むために、

必要な物だけが添加物をとして配合されているんですね。

ホワイトール公式サイトを見る

ホワイトールと他社製品との成分比較!

ホワイトール ホワイトルマン ミルセリンホワイト
ビタミンC 1000㎎ 1200㎎ 1000㎎
L-システイン 240㎎ 240㎎
ビタミンB₂ 6㎎ 10㎎ 6㎎
ビタミンB₆ 12㎎ 12㎎
ビタミンE 50㎎ 100㎎ 50㎎
服用回数 1日2回 1日2回 1日3回
初回限定価格 1,890円 1,900円 なし
2回目以降 4,890円 5,980円 2,200円
特徴 美白クリーム付 定期コースが
全額返金保証付き
毎月・2か月・3か月
定期コースが選べる

ホワイトールと同じように、

医薬品でシミに効果のある製品を比べてみました。

何といってもコスパが良いのは、

「ミルセリン®ホワイト」です。

成分がホワイトールと同じでありながら、

定期コースなら1箱あたり2,200円で購入出来ます。

その代わり初回限定価格はないことと、

5,400円未満では送料がかかること、

服用が1日3回飲む必要があります。

ホワイトルマンは、

定期コースでの購入は30日間全額返金保証が

ついているのが特徴です。

L-システインが含まれていませんが、

ビタミンEがホワイトールの倍含有され、

抗酸化作用があります。

ホワイトールは、美白クリームの

スーパーイレーザーが2か月分も

ついてくるのが特徴です。

購入すれば3000円以上はする商品が

付いてくるので初回限定で購入しないのは

損でしょう。

また、成分もバランス良く配合されており、

1日2回飲むだけなのが手軽と好評です。

ホワイトール公式サイトを見る

ホワイトールの効果的な飲み方とは?

公式HPによると、ホワイトールは、

15歳以上  :一回3錠【朝・晩の2回】1日6錠まで
7~15歳未満 :一回1錠【朝・晩の2回】1日2錠まで
※7歳未満は服用できません

となっていますね。

成分表では、一日の摂取量として

ビタミンC(アスコルビン酸) 1000㎎

L-システイン       240㎎  

が含まれているとされています。

とすると、一回あたり、

ビタミンC(アスコルビン酸) 500㎎
L-システイン       120㎎  

の服用量になりますね。

ビタミンCは腸で吸収できる量に上限があり、

ビタミンCの吸収量は1回の摂取量が

200mgを超えたあたりから急速に低下します。

たくさん摂取しても吸収されなければ

意味がないんです。

とすれば、ビタミンCが一回500㎎は多すぎなのでは?

と思った方も多いでしょう。

しかし、

1日2回服用の薬は1日3回服用のものと比べて

1回分に含まれる量が多い代わりに、

少しずつ長い時間をかけて溶けるように

作られているのです。

ですので、

ホワイトールは1日2回の服用でもしっかりと効果があると、

医薬品として認められているんです!

日中は専業主婦であっても、キャリアウーマンであっても

何かと忙しい人がほとんどです。

飲む回数が少ないのは続けやすいですよね^^

ホワイトール公式サイトを見る

雑誌で話題の医薬品「ホワイトール」の 美白効果や口コミについて、 最安値でお得に買う方法やドラッグストアで 購入できるのかお伝えし...

ホワイトールの口コミはこちら!

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!