市川智章(ゆびろくろ陶芸家)の作品の通販や値段は?年齢や経歴も!【ぶらり途中下車の旅】






「ゆびろくろ陶芸家」の

市川智章(のりあき)さんが、

ぶらり途中下車の旅に出演!

小さなミニチュアサイズの陶器を作られている

作家さんです。

作品を通販購入できるのか、

年齢や経歴などのプロフィールについても

調べてみました!

【陶芸家】市川智章の年齢などのプロフィール

出典:Twitter

名前:市川智章(いちかわ のりあき)
生年:1973年
年齢:45歳or46歳(2019年5月現在)
出身:山梨県甲府市
職業:陶芸家
 

2019年5月現在で45歳または46歳の

市川智章さんは、山梨県甲府市出身で

現在は都内に工房を構え、

ミニチュア陶芸家として

活動されています。

どんな経歴の方なのでしょうか?

市川智章の経歴は?

市川智章さんは大学卒業後、

オーストラリアの小学校に

日本語教師として約1年間勤務した後に、

日本に帰国。

日本人学校などに

勤務されていたのかどうか定かではありませんが、

大学を卒業されてすぐに外国で

活動されているので、海外での生活や

教育に興味があったのでしょうか?

帰国後、アルバイトをしながら

アメリカ・カナダ・メキシコ・オーストラリア

と外国を放浪されています。

そして、

27歳のときに都内の制作会社に就職し、

主にカタログ等の紙媒体の

ディレクション業務に携わり始めています。

2004年、祖父の影響で陶芸を始めていますが、

会社の業務と並行し、

平日は会社員、週末は器作家として活動されています。

2014年ころからは、

陶芸の楽しさを伝えるために、出張陶芸教室

を開催するなど奔走する日々を送っているようです。

市川智章さんがミニチュアサイズの

陶器の製作を始めたの2017年頃。

スマホでコントロールする

手のひらサイズのろくろは「ゆびろくろ®」

と商標登録されており、

市川智章さん独自のろくろだそうです。

市川智章の「ゆびろくろ®」とは?

2018年11月に商標登録された

「ゆびろくろ®」は市川智章が自ら材料から

作り、スマホと連動しているろくろです。

こんな細かい作業もされているんですね!

平日は別のお仕事をされているとの

ことで、

ものつくりの才能がある方なのでしょうね!

組み立てられた「ゆびろくろ®」は、

スマホと連動し、

このように使われていました。

市川智章の作品は?

市川智章さんの作品が出来上がるまでは、

こちらの動画をご覧ください^^

外国の方なんかも良く見ている動画のようですね。

こうして作られた

ミニチュアサイズの陶器の完成形はこちら!

小さくても一輪指しができるなど、

機能面は大きいものと変わりなく、

ちゃんと使えるのかすごいですよね!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Noriaki Ichikawa@ミニチュア陶芸家さん(@noriaki_ichikawa)がシェアした投稿

出典:市川智章さんTwitter

市川智章の作品は通販購入できる?

こうした市川智章さんの

ミニチュアサイズの陶器は、

一つ\1000~くらいから通販できますし、

「ゆびろくろ®」は一か月\5,000で

レンタルもできるようですね。

市川智章さんの作品と「ゆびろくろ®」

のWEBショップはこちら

https://mamegama.thebase.in/

また、市川智章さんの陶芸教室も

時折開催されていて、5月12日に開催されるようです。

場所  :マス kuramae
電話番号:03-5809-1494
住所  :〒111-0055 東京都台東区三筋1-4-1 
都営浅草線蔵前駅エレベータ出入口 徒歩5分
12時~15時
会費\3,000

ゆびろくろを体験してみたい方はぜひ^^

市川智章さん陶芸教室の詳細

市川智章の工房の場所は?

市川智章さんは両国のあたりに

工房を構えているようです。

市川智章さんHP

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!