ブルガリア産クリーミーはちみつの最安値や口コミ!カナダ産とどっちがお得?



ショップチャンネルで人気の

「ブルガリア産クリーミーはちみつ」を

最安値で買う方法や口コミ、

またカナダ産のクリーミーはちみつとの

違いなどについて調べてみました!

市販のスーパーなどとは一味違う

はちみつをぜひご賞味ください!

ショップチャンネルで紹介!
ブルガリア産クリーミーはちみつの最安値は?

ショップチャンネルでは、

フードアナリストの大崎祥子さんがおすすめする

食品として、

久保養蜂園の

「ブルガリア産クリーミーはちみつ」

が紹介されています。

このはちみつを取り扱っているサイトを確認したところ、

全く同じ商品は、現時点で

ショップチャンネルにしかありませんでした。

ブルガリア産クリーミーはちみつを

販売している久保養蜂園のHPには、

■「カナダ産くりーみいはちみつ」

■「ニュージーランド産
オーガニックハニー(クリームタイプ)」

■「ブルガリア産オーガニックはちみつ」

などは販売されていましたが、

ブルガリア産クリーミーはちみつは、

見当たりませんでした。

ショップチャンネルで紹介されていた

ブルガリア産クリーミーはちみつは

ショップチャンネルのみで

購入できるようです。

ブルガリア産クリーミーはちみつの

詳細はこちら!

ショップチャンネル

ブルガリア産とカナダ産のはちみつの違いは?

「はちみつ」といえば、

メープルシロップでも有名なカナダ産が

高級なイメージがありますね。

中国産では、

抗生物質入りのはちみつが検出される

などのニュースもありましたが、

ブルガリア産のはちみつって

あんまり聞かないですよね。

それぞれの安全性や、

特徴などについて調べてみました。

カナダ産はちみつ

カナダでは広大で果てしなく続く大地や

澄みきった川と湖をはじめ、

養蜂にとって最適な環境に恵まれています。

カナダ産クローバーはちみつは、

クローバーから採蜜されたはちみつを、

火を加えず生の状態で輸入し瓶詰めしており、

一般的な“はちみつ”のイメージとは異なる、

とろ〜りとしたクリーミーな味わいをお楽しみいたただけます。

一般的なはちみつと比べて水分量が少なく、

濃密なのに後味が良いのも特徴です。

ブルガリア産はちみつ

ブルガリアも農薬の使用に厳しく、

安全性の高いはちみつです。

かつて、農業国であったブルガリアは、

昔から化学肥料を使ってこなかったため、

現在でも土壌が健康です。

そのため、厳しい検査を突破して

オーガニックとの認定を受けた養蜂家が多いそうです。

ショップチャンネルで紹介された

ブルガリア産クリーミーはちみつは、

西洋菩提樹(リンデン)を中心とした花から

採蜜されたはちみつを生の状態で輸入し、

余計な加熱をしないで瓶詰めしています。

一般的なはちみつに比べ、

濃密なのにさっぱりとした後味が楽しめます。

2017年のはちみつ輸入量に占める

ブルガリア産はちみつは0.2001%程度

(財務省貿易統計(輸入))と、

大変希少です。

なので普通のスーパーには置いていないので馴染みがないのですね!

ニュージーランド産はちみつ

ニュージーランドもハチミツ大国で、

ハチミツに対して厳しい規格があり、

抗生物質も使っていません。

ニュージーランドのはちみつは、

100%純ニュージーランド産!

『マヌカハニー』というニュージーランド

でしか作れないハチミツもあります。

ニュージーランド産のはちみつは、

クローバーの草原で採取され、

あっさりとしたコクのある味わいが特徴です。

選べる!クローバーハニーとクローバーハニーwithブルーベリー 250g × 2個セット ニュージーランド産クローバーはちみつとってもクリーミーな天然生はちみつ 蜂蜜 ハチミツ

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!