ソニックオールの口コミ評判!sa2とsa4の違いやデメリット!ドルツと比較

大作商事のソニックオールは、

いつも使っている歯ブラシを差し込むだけで

音波振動ブラシとして使えるという

画期的なアタッチメント!

歯科医院でよく勧められるソニケアやプリニアなどの

音波振動ブラシとの違いや

使ってみ実際に歯垢の取れ方はどうか

レビューします。

ソニックオールの特徴

ソニックオールは、

愛用している歯ブラシを差し込むだけで、

微細な音波振動が出る音波振動ブラシなる

画期的なアタッチメントです。

その特徴は6つ!

 ソニックオールの6つの特徴
⓵市販の愛用歯ブラシが音波式電動ブラシになる
⓶替えブラシのコスパが安い
③子供用の歯ブラシにも使える
④音波が歯周ポケット内の歯垢に届き、除去できる
⑤短時間でブラッシングが出来る
⑥着色も付きにくくなる
 

⓵市販の愛用歯ブラシが音波式電動ブラシになる

人間の歯の形状、歯ぐきの状態は、

一人一人違っており、

だからこそたくさんの歯ブラシが開発・販売されています。

従来の音波式電動歯ブラシは、

そのメーカー専用のブラシしか付け替える

ことが出来ず、

自分にピッタリ合うとは限りません。

どんなに優れた音波振動歯ブラシでも、

毛先が正しく当たらないと除去効果は

得られないですよね。

ソニックオールの場合は、

歯ブラシの柄の太さが、縦横1.4cm以内であれば、

アタッチメントに付けて使うことができますから、

ほとんどの市販の歯ブラシを付け替えて使うことが

できます。

ですから、

市販の歯ブラシの中から自分に合ったものを

選び、さらに音波振動歯ブラシに変化させ、

より歯垢除去効果を高めることができます。

⓶替えブラシのコスパが安い

通常の音波式電動歯ブラシは

そのメーカー専用のブラシを付け替えるのですが、

普通の歯ブラシが200円程のところ、

400円~1,000円程するので、

替えブラシのコスパはやや高くなります。

ソニックオールの場合は、

市販の歯ブラシを使うことが出来るので

ランニングコストは安いですし、

身近なドラッグストアですぐに購入できる

手軽さもメリットですね。

③子供用の歯ブラシにも使える

子とも用の歯ブラシをセットして

使うことが出来るので、

お子さんの仕上げ磨きの際によりキレイに磨くことが

出来ますし、

自分である程度磨ける年齢(10歳頃)になれば、

お子さんが自分で使って磨くこともできるでしょう。

mina
家族で付け替えて使うのもいいですね!

④音波が歯周ポケット内の歯垢に届き、除去できる

音波振動ブラシが従来型の歯ブラシと比べて

優れているのは、

手磨きではできない圧倒的な細かい振動です。

約1㎜程の細かい動きで、

1分間に24,000回も振動するので、

毛先が触れることで汚れが落ちるとともに、

音波振動により細かい水流が発生し、

毛先が触れていない浅い歯周ポケット内部の

汚れを落とします。

⑤短時間でブラッシングが出来る

人の手ではできない細かい動きで

効率よく歯垢が取れるので、

短時間でブラッシングを終えることができます。

⑥着色も付きにくくなる

歯垢を上手に落とすことが出来ないと

歯の表面がザラザラした感じになるので、

コーヒーやお茶などに含まれる

ポリフェノールやタンニンが歯の表面に付きやすくなり、

着色が付きやすくなってしまいます。

音波電動歯ブラシの場合は、

歯垢をしっかりと落とすので

表面がツルツルになりやすく、

着色がしにくい歯になりますよ。

毎分24,000回の振動数ってスゴイの?

ソニックオールは、

毎分24,000回の音波振動を発生させます。

一般的に販売されている

音波振動ブラシの振動数はおよそ30,000回前後です。

振動数は多い方が歯垢除去率が上がると

言われていますが、

あまりに振動数が多いと歯茎を痛めてしまうので

毎分31,000回程が歯茎を傷めず、

尚且つ効率良く歯垢を除去できるようです。

有名どころの音波式電動歯ブラシの振動数を

比較してみました。

●フィリップス ソニッケアー  :毎分31,000回
●パナソニック ドルツ     :毎分31,000回
●パナソニック ポケットドルツ :毎分16,000回

パナソニックのHPを見てみると、

パナソニックの上位モデルの「ドルツ」は、

充電式で振動数が多く、パワーもあるため、

本体を歯に軽く押し当てて動かさないで磨きますが、

簡易モデルの「ポケットドルツ」の場合は、

乾電池式で振動数が少なく、パワーが弱めなので

通常の歯ブラシと同じようにゴシゴシと動かす

必要があるとのこと。

ソニックオールは毎分24,000回の振動数で

乾電池式なので

ドルツやソニケアに比べるとパワーが落ちる

可能性があり、

通常の歯ブラシの様に手を動かす必要がありそうです。

音波式電動歯ブラシのメリット

歯磨きは、どんな歯ブラシでも時間をかけて、

正しく磨くことが出来れば歯垢が落ちるのですが、

長い時間をかけてじっくりと、

しかも正しく磨くのって意外と難しいものです。

歯科医院で定期健診を受けた時に、

磨き残しの歯垢が全く無いなんて言うことは

ほとんどありませんから・・・。

しかし、音波振動ハブラシは手磨きではできない

細かい高速振動なので、歯と歯茎の境目あたりに

軽く当てるだけで、

しっかりと汚れを落とすことができます。

どんな不器用な人でも簡単に使えますし、

高速振動なので短時間で歯垢を落とすことができます。

また、

毛先が触れた部位の汚れを落とすだけでなく、

音波振動により細かい水流が発生し、

毛先が触れていない部分も汚れを落とします。

歯ブラシの周囲2㎜程までの汚れが

落ちるともいわれているので

歯茎の溝に溜まった歯垢除去効果も

期待できます。

ソニックオールの口コミ評判

ソニックオールを実際に使った人の口コミから

良い口コミと悪い口コミを

まとめたので参考にしてくださいね。

SNSでの口コミ

良い口コミ

この音波歯ブラシを使ってからは、歯科医に行って歯科衛生士の歯石掃除後にいつも「良く磨けてます」と言われるようになりました。

引用元:Yahoo!ショッピング

自分好みの歯ブラシをセットして使う事が出来るので大変気に入っています。パワーは劣るかも知れませんが、自分に合った歯ブラシをセット出来るので、いろんな歯ブラシを試してみる事が出来たり、コスト的にも良い

引用元:Yahoo!ショッピング

歯ブラシ固定バンドがしっかりしており締めつけがダイヤル式なのでとても扱いやすい

引用元:Yahoo!ショッピング

*良い口コミまとめ
◎体調や好みに合わせた歯ブラシが使えるのがいい
◎手を動かさなくても磨けていた
◎いろんな歯ブラシを試せるのがいい
◎磨き心地がいい
◎普通の音波電動歯ブラシより安い
◎手磨きより磨けている感じがする

悪い口コミ

私は普段、電動歯ブラシを使っているので、かなり物足りない感じ

引用元:Yahoo!ショッピング

難点は固定バンドが緩みます

引用元:Yahoo!ショッピング

音が少し大きいのと、本体が汚れやすいのでそこだけきをつけたらいいかなと思いました。

引用元:Yahoo!ショッピング

*悪い口コミまとめ
▼回転式の電動ブラシよりもの足りない
▼固定がゆるむ
▼本体に液だれしやすい

ソニックオールのデメリット

ソニックオールのデメリットは3つ!

✅ 長く使っていると固定が緩くなって外れるようになる

✅ 歯ブラシをつたい、水分が本体に付いてしまう

✅ 充電式に比べるとパワーは弱め

どんな歯ブラシにも適応するように固定

できるのが強みではありますが、

本体と替えブラシが同一メーカーの

のものと比べると、

どうしても固定部分が弱いので、

繰り返し使う内に、固定は緩みやすく、

壊れてきます。

また、

使っている時に歯ブラシに付いた水分が

柄を伝って本体の方に流れやすい構造なので、

家族で共用できることはできますが、

拭きとって洗ったりするのが面倒かもしれません。

家族で使うなら、使う人の人数分、

用意した方が衛生的かもしれませんね。

ソニックオールのSA2とSA4の違い

ソニックオールで検索すると、

・SAー4

・SAー2

と表示されてきます。

販売元である大作商事のHPを見ると、

SAー2旧モデルのようで、製造中止となっており、

SAー4は最新モデルですね。

ロゴの位置や滑り止めグリップなどの

デザインが少し変わっているのと、

SAー4の方が15g程軽くなっているようです。

【SAー2】59g           【SAー4】44g

使い方や振動数は同じで、

本体を開けて、市販の歯ブラシを差し込み、

お好みの高さにセットするだけです。

 SAー2SAー4
サイズ高さ125mm、幅(最大)40mm、奥行24mm高さ125mm、幅(最大)40mm、
奥行24mm
重さ約59g(電池含まず)約44g(電池含まず)
電池寿命約5時間
(例:1日2分×2回=約75日)
約5時間
(例:1日2分×2回=約70日)
振動数約24,000回/分約24,000回/分

ソニックオールと他の音波ブラシのコスパを比較

市販の歯ブラシを差し込むと

音波ブラシになるなら、もう高い音波ブラシを

買う必要はないのでしょうか?

歯科医院ではソニケアやプリニアといった

音波ブラシを勧められることが多いですが、

本体価格が2万円程するので高い上、

約3か月毎の替えのブラシも2~3千円程するので

ランニングコストもバカになりません。

自分の歯を守るための出費とは言え、

年間にすると中々の金額になりますよね。

ところが、

ソニックオールなら初期投資こそ約4千円程ですが、

その後は市販の歯ブラシが使えるので

1か月毎に交換しても200円程とコスパが抜群です。

ソニックオールと歯科医院でオススメされやすい音波ブラシと比較

ここでは、歯科医院でオススメされやすい

ソニケアやプリニア、ドルツとソニックオールの

スペックを比較してみました。

 

大作商事
ソニックオール

パナソニックドルツ
スタンダードモデル
EW-DA46-H

フィリップス
ソニッケアー 3100
HX3671/23

ジーシー
プリニアスマイル

充電方式単4アルカリ乾電池1本
1日2分×2回で70日間使用可
充電式
約1時間のフル充電で約90分使用 
充電式
1日2分×2回で14日使用可
充電式
音波振動約24,000回/分約31,000回/分 約31,000回/分約31,000回/分
替えブラシ
種類
市販の歯ブラシ使用・極細毛ブラシ
(コンパクト)
・クリーン&ホワイトブラシ 
・クリーンプラス
ブラスヘッド
・マルチフィットブラシ
・密集極細毛ブラシ
・ワンタフトブラシ

替えブラシ
価格
200円前後2本で1,200円
1本あたり600円 
3本で3,198円
1本あたり1,066円
2本で836円
1本あたり418円
サイズ高さ125×幅40×奥行24㎜ 高さ235×幅28×奥行33㎜高さ238×奥行25×幅26㎜幅27×奥行30×高さ216㎜(ブラシ含む)
重量44g103g 96g約90g
モード設定なしノーマルモード
ソフトモード
ガムケアモード 
設定なし
※他シリーズではあり
Clean
Normal
S-soft
加圧防止
センサー
◎ 
税込定価3,980円23,100円 5,709円9,086円

ソニックオールを買える店舗は?最安値は楽天やAmazonか?

 税込価格送料
日テレ7ショップ楽天市場3,980円無料
楽天市場3,520円無料
Yahoo!ショピング3,520円無料
Amazon3,233円無料
大作商事公式サイト3,980円無料

ディノス通販やノンストップ でも紹介された、 ウォーターピックコードレスセレクトを 使ってみたリアルな口コミを調査! 歯石や...

フォローする

error: Content is protected !!
ハイパワー脱毛器オーパスビューティー03体験レビュー!
ハイパワー脱毛器オーパスビューティー03体験レビュー!