ダフニnanoの口コミやクセ毛に効果は?使い方やミューズとの違いも!

スポンサーリンク
ダフニnano

ダフニnano(ナノ)を実際に使ってみた

口コミレビュー!

40代クセ毛うねりありでも素早くスタイリングが

できるのか、

また、

髪の痛まない使い方や、同じダフニシリーズの

ミューズやパワー、ブラックの違いを

比較しています。

ダフニnanoを使ってみたいけど、

実際の効果はどうなのか、

他シリーズと比べるとどうなのか、

参考にしてみてくださいね!

ダフニnano(ナノ)の口コミ

Instagramより

★挟むタイプのアイロンと違って髪を潰さず1本1本ふんわり仕上がるよ◎小型だからだいぶ短めな私の髪でも使いやすかった

★簡単に軽いうちまきが1分かからない位で出来ました

★朝のヘアスタイリングに
極力時間を使いたくない民としては
髪をとかしながらブロー&ツヤだしできるのがとってもありがたい

★1日中結んでた跡もなくなるほどの
ストレートに

QVCより

★今まで持っていたのは、多少チリチリしてましたが、これは、猫っ毛にも優しく、すごく気に入りました。

★ロングヘアーなのでダフニGOの方が私は使いやすい

★思うようにボリュームが出せないし、艶もくるくるドライヤーで最後に冷風を当てる方が出る気がする

★前髪がすぐ割れてしまうのが長年の悩みでした。それが何と、ワンストロークで見事に解決!しかも長時間キープでき、気になる後頭部のつむじ割れも数回の動きで直すことができました。

mina
小型なので使いやすいという声が多く、時短にもあるのでおおむね好評ですね!

楽天で口コミをもっと見る

ダフニnanoとは?

アメリカのヘアブランドDAFNI(ダフニ)の

ブラシアイロンが日本で発売されたのは2017年。

クセのある髪をブラッシングしただけで

ツヤ髪になる!と瞬く間に評判となり、

人気商品になりました。

スタイリングする際に

ストレートアイロンを使う人も多いかと思いますが、

髪をサラツヤにできるストレートアイロンと

ダフニのブラシアイロンの違いは、

髪をプレスしない」こと!


出典:DAFNI JAPAN

一般的なストレートアイロンは、

髪をプレスしながらひっぱるので、

楕円状に潰れてしまいます。

丁度きし麺みたいな形になってしまうんです。

変形した髪はしなやかな手触りを失い、

潰れた端から髪の中のタンパク質が流失して

髪が傷んでしまいます。

でも、

ダフニのブラシアイロンは、

髪をプレスしないので余分なダメージを

髪に与えず、自然なツヤ髪に仕上げます。


出典:DAFNI JAPAN

mina
じゃあ、プレートで挟まない、他のブラシアイロンでもいいんじゃないかな?

ダフニのブラシアイロンが

他のブラシヘアアイロンと比べてスゴイのが、

水分量を髪にキープさせて仕上げられる」こと!

一般的なヘアアイロンは、

髪を高温でスタイリングするので

髪を乾燥させてしまいますが、

ダフニにブラシアイロンは、

しなやかさを実現するために最適な

髪の水分量をキープしながらスタイリングができるんです!

mina
ヘアアイロンは髪が傷むから使うのを避けていたという人でも、使ってみたくなりますね!

ヘアサロンで仕上げてもらうと

サラサラとしたツヤ髪になりますが、

濡れた髪をブローして、

仕上げに最適な水分量まで全体を均一に乾かすという

美容師さんの沢山の技術と経験が詰まっています。

コレを一般の人は普通のヘアアイロンで

やろうとするとかなり難しい・・・。

時間がかかってしまい、

高温のヘアアイロンを長い時間、髪にあててしまって

髪が傷んでしまいます。

でも、

ダフニのブラシアイロンは、

美容師さんに近い技術を再現できるように

ブラシ部分の幅、配置を科学的に設計しています。

ブラシですくった髪がブラシ面に均一に広がり、

一定の熱が行きわたるよう設計されていますので

素人が使っても

自宅で簡単にツヤのあるストレートを実現できるんです!

 ダフニのブラシアイロンの特徴

✅一般的なヘアアイロンの様に、プレートで挟まないので
髪が潰れず、痛みにくい。

✅プレートで挟まないので操作が簡単で、
毛先が変な方向に曲がったりせず、自然な仕上がりになりやすい

✅乾いた髪に使うので、朝起きて寝癖を直すのに、
すぐ使えて即スタイリングが完成して時短になる

✅美容師さんのブロー技術に近づけるブラシ設計で、
誰が使っても水分量を保ったツヤ髪ストレートになる。

ダフニnanoはクセ毛に効果あり?

ダフニnanoをminaが実際に使ってみた感想を

簡単にまとめました。

【minaの髪質】
・どちらかというと硬め
・うねりの出やすいクセ毛
・湿気があると広がりやすい
・いつもクルクルドライヤーを使用
mina
ドライヤーを使わないと、うねりがでやすく、特に右側のうねりは何度もドライヤーを通さないとクセが取れません。

そして、

実際に使ってみた感想はこちら!

ダフニnanoのメリット

〇一度クシを通すだけでうねりがストレートになる。

〇仕上がりが自然なストレートで真っすぐ過ぎない。

〇髪が傷まず自然なツヤが出る。

〇後頭部にボリュームが出しやすい。

〇かなり時短になる。

ダフニnanoのデメリット

▼高温なので気を抜くと熱い時はある。

▼濡れている髪には使えない

ダフニnanoのデメリット

ダフニnanoは、他のダフニに比べると

細いので毛量が多いロングヘアの方には不向きですね。

もちろん、

実際には使えることは使えますが、

ダフニnanoは一回に髪をすくって

スタイリングできる量が少ないので

時間がかかってしまいますし、

ブラシの幅が狭いので、

スタイリングもやりにくいです。

ロングヘアの方の場合は、ブラシの幅が広い

「ダフニpower」、「ダフニblack」がいいでしょう。

ダフニnanoの髪が傷まない効果的な使い方

ダフニnanoの実際の使い方はこちら!

 ダフニnanoの使い方
①電源ボタンをON
②電源ボタンが赤点滅(約50秒)した後、緑ランプに変わったら使い始める
③適量の毛束を手に取り(5㎝幅くらい)、髪の内側の根本からダフニーを通す
※毛束は頭皮に対して垂直に持ち上げると根本から入れやすくなる
④髪の表面側を根本から毛先に向かってダフニを通す
※毛先を片方の手で握り、しっかりと引っ張りテンションをかけながら通す

ダフニのブラシアイロンは、

一般的なヘアアイロンに比べると

水分量を保ちやすいとはいえ、

高温のブラシをあてるので、

やはり痛まないようにケアをしてあげた方がいいです。

ダフニnanoで髪の痛みを最小限にするために

必要なことは4つ!

✅ 髪は完全に乾かす
✅ 温度が上がりきってから使い始める
✅ 摩擦を減らす
✅ スタイリング剤を使う

髪は高温にさらされると

「タンパク変性」が起こり、髪のたんぱく質が

固まってしまい、髪内部の成分や水分が流出して

痛んでしまいます。

このタンパク変性は

髪が濡れていると起こりやすく

約60℃くらいから始まってしまうのだとか!

ですから、濡れた髪にダフニnanoのブラシアイロンを

あててしまうと

あっという間に髪が傷んで元に戻らなくなってしまいます。

ダフニnanoを使う際には、

必ず髪が乾いた状態で使うようにしましょう。

mina
逆に言うと、
朝にわざわざ髪を濡らしてクセを直す必要が無いということですね!

そして、

ダフニnanoの温度が上がりきる前に

使ってしまうと、

スタイリング力が弱まり、

何度もブラシで髪に摩擦力をかけてしまうことになります。

そうすると、

熱にさらされる時間が結局長くなってしまうので、

設定温度まで上がり切ってから使いましょう。

その方が短時間でキレイに仕上がりますよ!

また、

ヘアアイロン用のスタイリング剤をつけると

髪を熱から守ることもできますが、

髪を伸ばす、クセ付けをする効果は弱まります。

クセ付けをしっかりしたい場合は、

スタイリング剤無しでダフニnanoを使い、

そのあとで髪型をキープするスタイリング剤を使いましょう。

ダフニnanoとミューズ、パワー、ブラックの違いを比較

ダフニのスタイリングドライヤーは

種類がいくつかあるので

違いをまとめてみました。

基本的なスタイリング機能は同じですが、

幅やブラシ部分に違いがありますよ。

 ブラシ特徴サイズ/重さ/コード設定温度消費電力定価
ダフニnano
ショート/
ミディアム用
W33×D44xH233㎜
約275g
コード1.9m
185℃30〜32W22,000
ダフニmuse
ショート/
ミディアム用
(全国の取り
扱いサロン及
び一部直営店
での限定品)
W30xD43xH280㎜
約325g
コード2m
185℃30W19,800
ダフニpower
ミディアム/
ロング

W56×D53×H260㎜
約370g
コード2.4m

185℃42~45W22,900
ダフニblack
ミディアム/
ロング
W75×D50×H260㎜
約400g
コード2.4m
185℃45W35,200
ダフニgo
ミディアム/ショートW60×D50×H250㎜
約350g
1.9m
185℃45W20,900

出典:DAFNI JAPAN

DAFNI nano(ダフニ ナノ)

ダフニのブラシアイロンの中でも

小型でショート~ミディアムヘアの方が

使いやすいです。

幅が狭いので根元の立ち上げ、

後頭部のボリュームアップなどがしやすいですね。

ダフニnano独自のセーフティーチップの

配置と高さが髪をしっかりキャッチして、

前髪、顔まわりの細かい髪の毛のスタイリングがしやすいです。

DAFNI muse(ダフニ ミューズ)

ダフニnanoととてもよく似ていますが、

ミューズの方が少し細くなっています。

髪のキャッチ力はダフニnanoと同程度で

短い髪も簡単にスタイリングができます。

本体の先端の持ち手となるスペースが

nanoや他のダフニのブラシアイロンに比べて

長くなっているので、

手を添えて髪の巻き付けがよりスムーズにできます。

前髪にクセが津曲出やすい人におすすめ!

DAFNI power(ダフニ パワー)

ダフニpowerは、表面積やピン数が多く、

より時短で効率的にストレートケアが可能です。

広い面で、ツヤとまとまりのあるヘアスタイルを

素早く簡単に作ることができますし、

ストレートだけでなく、ワンカールアレンジや

トップのボリュームアップも簡単です。

DAFNI black (ダフニ ブラック)

ダフニブラックは最も幅が広く、

一度に毛束をしっかりすくい、

適度なテンションでスタイリングができます。

ただ、日本での販売数が少なく、

購入が困難な状態となっています。

DAFNI go(ダフニ ゴー)

特殊なカーブがあるのはblackと同じですが、

blackよりも小回りが利く為、ストレートに加えて

アレンジスタイルを作ることも可能です。

ミディアム・ショートの方、前髪ブロー、

内巻・外ハネのアレンジをしたい方にはダフニgoがおすすめです。

お出かけ先にも手軽に持ち運べますよ。

ダフニnanoはこんな人におすすめ!

ダフニのブラシアイロンは5種類ありますが、

ダフニnanoはこのような人におすすめです!

 ダフニnanoはこんな人におすすめ!
☆ 通常のヘアアイロンがうまくできない
☆ 朝起きてすぐに髪をスタイリングしたい
☆ ショートまたはミディアムの長さ
☆ ボリュームが気になるので根元から髪を立ち上げたい
☆ 前髪のクセが強い

ダフニのブラシアイロンは、

通常のヘアアイロンに比べると、

髪が傷みにくいブラシ配置になっているので、

ヘアアイロンを使ってみたいけれど

髪のダメージが心配な人にもおすすめ!

時短でサラツヤ髪にするならダフニnanoがおすすめです!

ダフニnanoを詳しく見る

魔女夜で紹介のブラシ型ヘアアイロン ダフニgoを実際に使ってみた口コミや 最安値で買う方法、 髪を傷めない使い方について まとめ...
スポンサーリンク

フォローする

error: Content is protected !!
家庭用【脱毛ラボ】のVIO脱毛の体験レビュー!
家庭用【脱毛ラボ】のVIO脱毛体験レビュー!