【魔女夜】おりょうりケトルちょいなべSK-M151と最新モデルを比較!





魔女に言われたい夜で紹介の

「おりょうりケトルちょいなべSK-M151と

最新モデルSK-M251との違いや

口コミを比較してみました。

機能の違いや価格を比較して

自宅で使う時にピッタリな方はどちらなのか、

参考にしてみてください!

おりょうりケトルちょいなべSK-M151の特徴

おりょうりケトルちょいなべSK-M151は、

「電気ケトル」と「お鍋」が合体した、新しい調理家電です。

どんなことができるのかというと、

煮込んだり蒸したり、水を使って作るお料理が得意

●湯沸かし     ●熱燗
●温かいドリンク  ●デザート
●蒸し料理     ●スープ・雑炊
●プチお鍋     ●麺類

また、できないお料理は、

高温調理が必要なものや水分を飛ばすものですね。

▲揚げ物  ▲炒め物

揚げ物や炒め物など、手が離せないものを

作りつつ、スープを作りたい時なんかは、

おりょうりケトルちょいなべがコンロ代わりになるので、

すべてのお料理が同時進行で作れますね!

さらに、

普段は電気ケトル単体として

毎日コーヒーや紅茶のお湯を沸かしつつ、

プチ鍋やチーズフォンデュでちょっとしたホームパーティも

可能です。

夜には熱燗にして晩酌ができますし、

疲れて簡単に食事を済ませたい時なら、

残った野菜をいれて簡単にスープが作れるので、

かなりマルチに活躍してくれます!

その他の便利な機能はこちら!

・ケトルの丸洗いが可能
・ロック付きの蓋
・マグネットプラグでコードをひっかけても倒れない
・空焚き・切り忘れ防止などの安全機能

 

mina
オシャレなフォルムなので

テーブルにそのまま置けるのもいいですね!

 おすすめしたい人
✅ 家電調理器をすっきりまとめたい
✅ 1~2人ですんでいる。大きなお鍋は必要ない
✅ スープや鍋料理が好き

おりょうりケトルちょいなべSK-M151とSK-M251との違い

シロカ株式会社から販売されている

おりょうりケトルちょいなべは2種類のモデルがあり、

SK-M251シリーズの方が最新モデルとなっています。

SK-M151(ブラック)/152(アイボリー)
SK-M251(ブラック)/252(アイボリー)

お手入れの方法や、基本的な性能は同じなのですが、

最新モデルのSK-M251には4つ新機能があります。

SK-M151とSK-M251との違い
①湯切り網が付いた
麺類をゆでた後にザルで湯切りをせずケトルで湯切りができる

②モード切替が可能になった
設定温度に達すると自動で保温に切り替わる「鍋モード」
設定温度に達すると、自動で加熱が終了する「ケトルモード」
ボタン一つで切り替えができる

③奥行きと高さが大きく、幅は小さくなった
奥行きが18mm大きく、高さが7mm高く、
幅が2mm小さくなった。
サイズ感には影響なし

④コードが50㎝長い
おりょうりケトルちょいなべは電源があればどこでも
使えるのが特徴なのでコードが長い方が
使いたい場所で使いやすいですね。

おりょうりケトルちょいなべSK-M151とSK-M251の口コミは?

SK-M151/M152の口コミ

★お湯もすぐに沸くし、1人鍋にはちょうどいいサイズ。

★洗うのもそのまま洗えとても使いやすい

★一人暮らしならこのケトルと、冷蔵庫とオーブンレンジがあれば生活していけそう

★思っていたよりも早く沸騰するし、ひとりからふたり分くらいまでなら丁度よいサイズ感です。

★60℃の設定ができるので、低温調理にも使えます。沸騰も早いので、レトルトを暖めるのにも便利。

★ひとり暮らしを始めた息子が、
使い勝手ふぁよく手放せない!と言ってました

★今までより格段に熱燗が楽しく便利になった

★火を使わないので、暑くなる時期に便利

★今までのケトルと違い沸騰しても、自動で止まりません。

★深さが足りないので均等に温めるのには向いてない

★購入して1ヶ月で底のテフロンの様な部分が2cm四方が剥がれました。

★体感でなのですが、温度が設定よりも低いような印象です

★60分たつと電源が勝手に切れ、長時間の調理は行えない
 

新モデルSK-M251/252の口コミ

★湯切りができることからパスタを茹でるのにとても便利です。
温度調整に加え保温もできるため、チーズフォンデュやスープカレーにも活躍してくれます。

★調理器具と食器を兼ねているので洗い物が少なくて楽

★使いやすく、丈夫な作りで満足です。

★前回のモデルで酷評されていた、剥がれる底の部分ですが、改善されたのか見た目と雰囲気がずいぶん違います

★思っていた以上に使い勝手が良く、オンライン飲み会の時に一人鍋をやりながら参加しているけど、結構ウケがいい

★ケトルに比べると湯沸かしが遅いと聞きましたが、遅いと感じませんでした。

★少し蓋が固いので、開けるのにコツがいる

★温度上昇速度は早くなく、1Lの100℃設定で10分くらいかかります。

おりょうりケトルちょいなべの最安値は楽天?Amazon

おりょうりケトルちょいなべを

販売しているサイトとその価格を調べてみました。

 SK-M151
税込み価格
SKM251
税込み価格
送料
ディノス楽天市場8,980円590円
楽天市場8,980円~
9,878円
12,980円無料
Yahoo!ショッピング8,980円~
9,878円
12,980円無料
Amazon8,869円~
9,880円
12,980円無料

最安値は執筆時の時点で、

AmazonのSK-M152アイボリーですね。

麺類を作ることが多くて湯切りができる方が

いい人は、最新モデルをおすすめしますが、

湯切りができなくても構わない人は

旧モデルでもいいと思います!

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!
SNSで話題の「飲む美白ケア」
マジックも落とせるシャワーヘッド ミラブルの効果とは?