木下昌美の年齢や結婚と大学は?妖怪研究家の年収や本業と本の出版はある?





奈良の美人妖怪研究家として木下昌美さんが

沸騰ワード10に「街の変わり者」として出演!

木下昌美さんの年齢や大学、結婚されているのか、

また、妖怪研究家としての収入源や出版した

本などがあるか調べてみました!

木下昌美の年齢や大学などのプロフィール

木下昌美 妖怪研究家

出典:朝日新聞デジタル

名前:木下 昌美(きのした まさみ)
年齢:31歳 ※2019年5月時点
出身:福岡県
高校:福岡県立宗像高校
大学:
同志社女子大学日本語日本文学科卒業
奈良女子大学大学院卒業

妖怪研究家の木下昌美さんは

福岡県にある併設型の公立中高一貫高校の。

福岡県立宗像高校の出身です。

大半の生徒が地元の

「九州工業大学」「北九州市立大学」「福岡教育大学」

などの国公私立大学や短大に進学する中、

「妖怪の研究が出来るから」

という理由で、

同志社女子大学日本語日本文学科に進学されました。

お化けや説話文学における『鬼』を中心に

研究し、さらに、

奈良女子大学大学院大学院で妖怪研究に没頭されていたとのこと。

木下昌美の経歴は?

木下昌美 妖怪研究家

出典:朝日新聞デジタル

奈良女子大学大学院大学院修士課程修了後、

2012年に、奈良日日新聞社

記者として3年ほど勤務されました。

新聞社勤務とはさぞかし優秀だったのでは?

と思いますが、わずか3年で退職したんですね。

その理由については、

休みがなく給料も少ないから

というシンプルなもの。

奈良日日新聞社の月給は18~25万円くらいのようです。

新卒の給料としては平均的のようにも

思えますが、お休みが無くて給料が平均的なら

辞めたくなる気持ちもわかりますね。

そして、

妖怪好きが高じて新聞記者時代から

「大和妖怪めぐり」というブログを

書いていた木下昌美さんは、

ブログ読者からの依頼を受けて講演なども

行っていたそうで、

そうしたことがきっかけで新聞社退職後は、

奈良県の妖怪の伝承を紹介する電子新聞

「奈良妖怪新聞」を発行するなど、

妖怪文化研究家として本格的に活動を始めました。

やっぱり一つのことに特化した知識や技術は

生きていく強みですね^^

でも「妖怪」や「鬼」を職業にするとは

よっぽど興味があるのでしょう。

妖怪や鬼に興味をもったきっかけって何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

木下昌美はなぜ妖怪研究家になった?

木下昌美 妖怪研究家

出典:exsite news

妖怪に興味をもったきっかけについては、

インタビューでこのように答えています。

「子どもの頃から本を読むのが
とにかく大好きでした。

特に日本昔ばなしが好きで、
その中に登場するオバケの類に興味を持っていました。

もちろん水木しげるさんの作品も好きで、
中でも『のんのんばあとオレ』が愛読書です」

引用:excite.news

やっぱり水木しげる先生の作品は外せないんですね^^

木下昌美は妖怪の本を出版してる?

これまでに、200種類以上の妖怪を調べ、

1300年前の国宝に残る

「怪しすぎる鬼の妖怪」や

飛鳥時代の寺の

「雷さまの忘れ物」などの写真を撮ってきた

木下昌美さんの妖怪の写真集や本を

見てみたいと思い、調べてみました。

奈良妖怪新聞

妖怪文化研究家の木下昌美さんが

執筆する月刊電子新聞。

奈良県の古くから伝わる伝承を深く掘り下げ、

妖怪や逸話などについて解説されています。

また奈良妖怪新聞をまとめたものがこちら!

奈良妖怪新聞 総集編(参)

A4フルカラー、32ページで、

カマイタチ(野迫川村) や

貧乏神(室生村=現・宇陀市、曽爾村)

などについて書かれています。 

本の出版だけで生活できるほど

稼げるのかと思いきや、

他にもお仕事をされているんですね。

木下昌美は妖怪研究家で収入はどこから?

木下昌美さんは妖怪文化研究家として

先述の新聞発行のみならず、

主に関西方面での講演や

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kinoshita_Masamiさん(@masami_1010)がシェアした投稿

妖怪ツアーなどの仕事もあるそうです。

ゲゲゲの砂かけ婆、実は奈良出身? 「出た」所に行くと

また、

ニュースサイト「ロケットニュース24」や、

学研が運営するアニメ情報サイト「超!アニメディア」

「奈良の本」などの情報誌でもライターとして活動されています。

木下昌美の年収や本業は?

妖怪研究家として活動する他にも

ライターとしてもレギュラーを抱えている木下昌美さん。

本当に会社勤めはされていなくて、

「軸はモノを書いて売ること」だそうです。

そのため、

一日のスケジュールはかなり自由!

8:30     起床

9:00~20:00 仕事
アニメをかけながら仕事をする。
合間に昼ごはん(時間は毎日適当)
休憩時はコーヒーを飲んだり、漫画や本を読む

21:00~22:00 晩ご飯
24:00~    就寝

自分で休みを決めたり決めなかったり、

「何時までに○○に行く」といった制約もなく、

これでいて毎月ちゃんと収入があるのですから、

フリーのライターさんが羨ましい・・・。

とは言え、誰にも指示されずに時間の制約もない中で、

生活するだけの収入を得るのですから、

「やるときはきちんとやる」

といった意思の強さ、自分を律することが

出来る女性なのでしょうね^^

収入については、このようにインタビューで

答えていらっしゃいます。

毎月ある一定額は決まった収入があります。
ありがたいことに、講演も月に何本か入りますし。

足りない分は、ウェブメディアに記事を
売ったりして稼いでいます

会社員をしていた頃よりは稼いでいます。
ほんの数万円のプラスですが、
ひとりで暮らしていくには十分です

引用:exite.news

会社員時代のお給料が20万円くらいだったとしても、

月収は30万円くらいでしょうか。

ライターとして書けばお金を得ることができますので、

これ以上稼ぐのも木下昌美さん次第なのでしょう。

ただ、目標は

死ぬときに振り返って“面白い人生だったな”

と言えることとおっしゃって

いますので、

がむしゃらにお金を稼ぐような生き方はしないでしょうね。

スポンサーリンク

木下昌美は結婚してる?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kinoshita_Masamiさん(@masami_1010)がシェアした投稿

会社員をしていた頃よりは稼いでいます。
ほんの数万円のプラスですが、
ひとりで暮らしていくには十分です

引用:exite.news

先ほどの生活スケジュールや

上記の発言などから、

1人暮らしであり、おそらく結婚はされていないでしょう。

自由な時間があり、ゆっくりと眠ることが

今一番幸せだそうですよ^^

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!