脱毛器ケノンの口コミやダブルエピスキンボーテよりお得な理由は?



人気家庭用脱毛器のケノンの口コミや、

ダブルエピスキンボーテとの違いやお得な理由について

調べてみました!

家庭で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器選びの

参考にしてみてください^^

ケノンとダブルエピスキンボーテ【税込価格の比較】

■ケノン    
69,800円
※カートリッジ込み
(メーカー希望価格98,000円)

■ダブルエピスキンボーテ
※2019年9月12日までの価格
※カートリッジ込み

43,092円
(メーカー希望価格91,800円)

価格は圧倒的にダブルエピスキンボーテのほうが安いですね!

ダブルエピスキンボーテの方が安いし、お得なのでは?

と思いますが、調べてみると、

ランニングコストや脱毛パワー&効果が全然違うんです!

ケノンとダブルエピスキンボーテ
【カートリッジ価格と効果】

家庭用脱毛器には、

「カートリッジ式」と「本体一体型」があります。

ケノンやダブルエピスキンボーテは、

「カートリッジ式」なので、

カートリッジを交換すれば長く使い続けられるのが特長です。

脱毛器本体と照射機が一体型の脱毛器では、

照射し切ると、本体ごと買い直す必要がありますが、

その分本体価格は抑えめ。

それでも本体ごと買い替えるよりは、

カートリッジを交換する方がお安くなりますね。

そして、

ケノンとダブルエピスキンボーテの

カートリッジ価格や照射性能の比較がこちら。

ダブルエピスキンボーテ
カートリッジの価格&照射回数
■ボディカートリッジ(11,000円) 
レベル1:20万発
■シェーバーカートリッジ(単品4,000円)
■剛毛カートリッジ(単品8,000円)
■美肌カートリッジ(単品8,000円)

消費電力  40W
出力レベル 5段階
照射範囲  不明(前作の1.3倍)

ケノン

カートリッジの価格&照射回数(レベル1の場合)
■スーパープレミアム     :300万発
※2019年4月27日以降のケノン購入者のみ
入手できる特別カートリッジで価格不明
■エクストララージ(単品9,800円):20万発
■ストロング(単品9,800円)   :8万5千発
■ラージ(単品7,700円)     :20万発
■美顔(単品6,800円)      :20万発

消費電力   600W
出力レベル  10段階
照射範囲   4.5~9.25

カートリッジの価格はそれほど

大きく変わりませんね。

それぞれ標準装備でメインのカートリッジは

付属してきますが、

ケノンは、300万発の照射が可能な

「スーパープレミアム」カートリッジが付属!

ということは、

カートリッジの交換回数が少なく、

たくさんの場所に長く使えるということです!

しかも消費電力がダブルエピは40wに対してケノンは600w。

ケノンの方がパワーがあり、余力があるので

壊れにくく、脱毛効果も高いということですね!

300万発の照射が可能なケノンは家族で使えます。

そして何より、ケノンは安心の日本製です!

脱毛器ケノンの性能をもっと詳しく見る

全身脱毛にかかる回数は?

ダブルエピスキンボーテは20万発、

ケノンは300万発も光脱毛照射が可能です。

実際、全身脱毛するのにはどのくらいの回数が必要なのでしょうか?

個人の毛量や太さなどにもよるところが

大きいので、一概に

「○○回で全身ツルツル!」

というのは言えないでしょう。

ケノン公式サイトによれば

全身主要部位を1周脱毛するのに700発必要と

記載があります。

とすれば、毛が薄くなるまで何度も使えるということですね。

照射回数が多いケノンの方が、

長年にわたり

使い続けることが出来るということです。

ケノンの口コミは?

■効果は、思った以上にありました。二、三回目からの抑毛効果がすごい。脇の手入れを気にする頻度が減ったのが分かりやすい。毛穴のぶつぶつが減ってうれしい。照射のコツは、保冷剤の大きなものを使い、照射直後の部分と次に打つ部分を同時に冷やし、リズムよく打つと短時間で済む。また、保冷剤は凍らせたものを少し解凍して、中心がまだ凍った状態をキープしながら肌に当て、数秒でキンキンに冷やす。保冷剤を持つ手はオーブン用耐熱ゴム手着用(手の冷え防止&保冷剤の持ちを良くする為)。
自己責任の悪い実験もしてみました。片手を冷却せずレベル10で照射したところ、うっすらですが全体的に板チョコ状に赤くなり日焼けのようになって、数日間ほてり、一ミリ以下の小さな瘡蓋が全体的に少し出ました。きっちり冷やした腕の方は全くトラブルなく完了。

■まず一回目の照射で肌は強い方ですが最初なのでとりあえずレベル6で照射しました。熱さは感じず肌のトラブルもなく、2週間後にはだいぶ薄くなってました。もっと早く効果を出したく2回目でレベル10で冷やして気を付けながら照射したところ2週間後かなりツルツルになりました。特にエステで3年やってもなかなか変化の出なかったヒザがこの2回で一気になくなったのにはビックリです。効果を早く感じられて、毛穴も目立たなく肌がすべすべになります!ちょうど美顔器もほしかったので兼用できるのもいいです。

■高い商品です。
でも、毛深くて悩む人は買うべきです!
私ももっと若い時に買っておけばよかったと思ってます。

■これまで他社の光美容器を使っていました。腕と脚にはそこそこ効果が出たものの、ワキにはほとんど効かなかったため、思い切ってケノンに乗り換えました。

■以前、除毛後すぐ剛毛が生えてきていたのに1週間たってもほぼ生えてこない!いろんな方法を試していたけど、もっと早く使っていれば良かった。

■効果はレベルを何しようか初めは悩みました。説明書には詳しく書いてないので、レベル1→5→7→10と場所を変えてやりました。ワキを10でやりましたが次の日から実感!全然生えてこないです!前なら剃った次の日はまた、ポツポツでそれを抜いてましたがポツポツがありません!
たった一回で効果実感するとは思いませんでした。
ただ、エステなど行ったことない私にはもう少し説明書でレベルの効果書いていただければ嬉しいです

ケノンの公式サイトにはこの他にも

多くの口コミが寄せられています。

ケノン公式サイトを見る

ダブルエピスキンボーテの口コミは

最新だからこそ少ないのですが、

口コミが少ないと本当に効果があるのか、

不安ですよね。

その点、ケノンは口コミが多く、

それだけ多くの愛用者がいるということですね。

医療脱毛やエステ脱毛では、

専門の先生やエステシャンが脱毛してくれる

安心感はありますが、

予約を取ってその場所に行かなければなりません

小さなお子様がいるママは中々自由に外出できませんし、

男性でひげが気になる方はエステなどは

行きにくいでしょう。

家庭用の脱毛器は何と言っても

いつでも好きな時に自分で行えるのがメリット。

店舗で脱毛した後に、後から生えてきた

少しの薄くなったムダ毛に

わざわざ店舗に行かなくても、

家庭で脱毛できるのは重宝しますね^^

ケノン公式サイトを見る

ケノンとエステ脱毛と医療脱毛料金比較

ダブルエピスキンボーテに比べると、

ケノンは脱毛器としては、

高い部類に入ると思います。

しかし、

エステサロンや医療脱毛に比べれば、

その差はかなりありますね。

ケノン ダブルエピ
スキンボーテ
医療脱毛 エステ脱毛
全身

2週間に1回推奨
約1年間

不明 5~6回
約1年間

15~18回
2年~4年間

VIO Vラインまで
IOラインは自己責任
自己責任
税込み価格 69,800円 43,092円 268,000円 252,000円

そして、

医療脱毛なら永久的だし、効果は高いのでは?

と思っていたのですが、

永久脱毛という明確な定義は無いんです。

現状として、簡単に言うと永久脱毛とは、

『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』

ということなんです。

医療脱毛や脱毛専門エステなどは、

その減耗率が家庭用よりも高いということで、

完全なる脱毛とは言い切らないんですね。

家庭用脱毛器としては、高価なケノンですが、

エステサロンなどに比べれば、格安ですし、

すべすべになったという口コミも多数あります。

エステサロンや医療脱毛をする前に、

ケノンで脱毛効果が感じられれば、

最小費用で済みますね^^

ケノン公式サイトを見る

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!