脱毛器ケノンの口コミやダブルエピスキンボーテよりお得な理由は?

スポンサーリンク

人気家庭用脱毛器のケノンの口コミや、

ダブルエピスキンボーテとの違いやお得な理由について

調べてみました!

家庭で気軽に脱毛できる家庭用脱毛器選びの

参考にしてみてください^^

ケノンとダブルエピスキンボーテ【税込価格の比較】

■ケノン    
69,800円(メーカー希望価格98,000円)

■ダブルエピスキンボーテ
¥48,600(2019年7月12日以降は91,800円)

価格は圧倒的にダブルエピスキンボーテのほうが安いですね!

でもキャンペーン中以外では価格は同じ9万円台です。

元々が同じ価格なら、安い方がお得なのでは?

と思いますが、調べてみると、

ランニングコストが違うんです!

ケノンとダブルエピスキンボーテ【ランニングコスト】

家庭用の光脱毛ではカートリッジの交換が必要になります。

ダブルエピ 8640円で20万発の照射可能
ケノン   5600円で300万発の照射可能

ケノンのほうが交換用カートリッジが安いうえに、

300万発の照射が可能!

しかも消費電力がダブルエピは40wに対してケノンは600w。

ケノンの方がパワーがあり、余力があるので

壊れにくく、脱毛効果も高いということですね!

300万発の照射が可能なケノンは家族でつかえますし、

そして何より、ケノンは安心の日本製です!

ケノンの口コミは?

■効果は、思った以上にありました。二、三回目からの抑毛効果がすごい。脇の手入れを気にする頻度が減ったのが分かりやすい。毛穴のぶつぶつが減ってうれしい。照射のコツは、保冷剤の大きなものを使い、照射直後の部分と次に打つ部分を同時に冷やし、リズムよく打つと短時間で済む。また、保冷剤は凍らせたものを少し解凍して、中心がまだ凍った状態をキープしながら肌に当て、数秒でキンキンに冷やす。保冷剤を持つ手はオーブン用耐熱ゴム手着用(手の冷え防止&保冷剤の持ちを良くする為)。
自己責任の悪い実験もしてみました。片手を冷却せずレベル10で照射したところ、うっすらですが全体的に板チョコ状に赤くなり日焼けのようになって、数日間ほてり、一ミリ以下の小さな瘡蓋が全体的に少し出ました。きっちり冷やした腕の方は全くトラブルなく完了。

■まず一回目の照射で肌は強い方ですが最初なのでとりあえずレベル6で照射しました。熱さは感じず肌のトラブルもなく、2週間後にはだいぶ薄くなってました。もっと早く効果を出したく2回目でレベル10で冷やして気を付けながら照射したところ2週間後かなりツルツルになりました。特にエステで3年やってもなかなか変化の出なかったヒザがこの2回で一気になくなったのにはビックリです。効果を早く感じられて、毛穴も目立たなく肌がすべすべになります!ちょうど美顔器もほしかったので兼用できるのもいいです。

■高い商品です。
でも、毛深くて悩む人は買うべきです!
私ももっと若い時に買っておけばよかったと思ってます。

■これまで他社の光美容器を使っていました。腕と脚にはそこそこ効果が出たものの、ワキにはほとんど効かなかったため、思い切ってケノンに乗り換えました。

■以前、除毛後すぐ剛毛が生えてきていたのに1週間たってもほぼ生えてこない!いろんな方法を試していたけど、もっと早く使っていれば良かった。

■効果はレベルを何しようか初めは悩みました。説明書には詳しく書いてないので、レベル1→5→7→10と場所を変えてやりました。ワキを10でやりましたが次の日から実感!全然生えてこないです!前なら剃った次の日はまた、ポツポツでそれを抜いてましたがポツポツがありません!
たった一回で効果実感するとは思いませんでした。
ただ、エステなど行ったことない私にはもう少し説明書でレベルの効果書いていただければ嬉しいです

スポンサーリンク
error: Content is protected !!