ディンプレックスオイルフリーヒーターB04の口コミや電気代の比較【いいものプレミアム】





ノンストップいいものプレミアムで紹介の

「ディンプレックスオイルヒーターB04」

を実際に使ってみた口コミや電気代について、

他の型番やオイルヒーターとの違いをまとめてみました。

静かで空気が汚れず乾燥しにくい

ディンプレックスのオイルフリーヒーターは、

お肌やのどに優しく、

お子様やペットがいる家庭にピッタリですよ!

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04の口コミは?

運転音や温かさ

★寝室で使っています。
乾燥しないし静か、おかげで心地良く寝られます。
電気代は気になるところですが満足しています!

★基本的には静かです。
加熱状況の切換時にカチッ!となりますが、気になる程ではありません。

★オイルヒーターと比べかなり暖かくなります。
上部からは温風が感じられ本体も熱くなります。
触ってすぐ火傷するぐらいではないですが場所によっては結構熱いです。

★築2年未満木造6畳で使用 窓側設置
部屋全体がほんわか暖まります。
寒さを感じない、余計な暖かさがない感じです。

★心地よい暖かさ

★14畳の部屋に置いていますが効いてます。
MAX運転では無く一番小さなモード、
22度設定、風なしでじんわり暖か

★設定温度24℃で半袖短パンで良いくらい(笑)
リビング、キッチン全部暖かく身体の芯が温まってる感じです。

★リビングダイニング12畳+四畳半で使用。
ただやはり床の暖まりが悪いのでホットカーペットと併用するようになりました。

★デロンギのオイルヒーターよりも
暖かくなるのは早いかと思います。

★エアコンや床暖の様に部屋中暖かに…とはなりませんが、
オイルヒーターのじわーっと暖かくなる感じが部屋を包んでくれます。

★直に暖かいというより部屋全体がふんわりするような、穏やかな暖かさ。
何よりエアコンをつけている時の乾燥や埃の舞い上がりなどがないのが良いです。

mina
お部屋が乾燥しない暖房は、のどやお肌に優しいのがいいですね。送風しない暖房なのでエアコンの風が苦手な人や、のどが弱い人におすすめです。

操作や使い方について

★操作はとても簡単
オンタイマーがあるといいですね

★タッチパネルディスプレイをうっかり割りそうでちょっと怖い

★本体も従来のオイルヒーターよりも大分軽いので、
移動するのも楽

mina
オイルヒーターは商品にもよりますが、10㎏~16㎏程と重いので、ヒーターを移動して使うことが多い場合は、
オイルフリーの方が使い勝手がよさそうですね。

電気代は?

★電気代が結構掛かります

★部屋が広くなればなるほど電気代はかかるとは思います。
ただ、一度室温がが固定されるぐらい暖まれば
電力量を調整してくれるので、
ワット数固定のヒーターを付けっぱなしにしてるよりは安くなります。

★目標温度を設定するタイプのため節電のほうには有利だと思います

mina
オイルフリーヒーターは、電気の力で空気を温めるので、電気代が気になるところです。

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04とオイルヒーターを比較!

従来のオイルヒーターと、

ディンプレックスのオイルフリーヒーターの

電気代の比較をしてみました。

その前に、

オイルフリーヒーターとオイルヒーターの違いはこちら。

【オイルヒーター】
オイルを加熱
内部のオイルをヒーターであたため、全体に対流させる仕組み。
あたたまったオイルが対流で上昇し、全体の温度を上げていきます。

【オイルフリーヒーター】
空気を加熱
下部から取り込まれた冷たい空気が下段ヒーターであたためられ、
上昇しながら中・上段でさらに加熱。
暖気が上部から放出されます。

ここでは、代表的な8~10畳用の

オイルフリーヒーターと

オイルヒーターを比較してみます。マルチダイナミックヒーター
MDHU12-BK

 【ディンプレックス】
オイルフリーヒーター
B04
【デロンギ】
マルチダイナミックヒーター
MDHU12-BK
【デロンギ】
オイルヒーター
HJ0812
仕組みオイルフリーオイルフリーオイルヒーター
サイズH62.9×W41.3×D28.1H66.5×W44.0×D27.5H64×W42×D26
重量9kg 10kg 12㎏
消費電力400W
800W
1200W

300W
600W
900W
1200W

500W
700W
1200W
電気代
(/1時間)

10.59円~31.78円
一定の温度をキープする
「インテリジェントモード」あり

7.94~31.78円
設定した温度よりも控えめに
運転する「ECOボタン」あり
13.24円~31.78円

タイマーOFFタイマー(1時間毎)ON/スリープ/OFFの予約を
24時間自由に設定できる
5分刻みで運転の
ON/OFFを予約できる
速暖性     ◎
オイルヒーターと比べ
速暖性を約25%UP。
スイッチを入れてから、
約20分で部屋がポカポカ
      ◎
室温が20℃に達するまで25分。
従来ヒーターの2倍のスピードで
温める
     △
快適な暖かさになるまで、
運転開始から
30分~1時間程度かかる
定価37,800円76,780円23,930円

8~10畳に対応するスペックのものでは、

電気代に大きな違いはありませんね。

そして、

オイルフリーヒーターや

オイルヒーターと同じように

送風しない暖房の電気ストーブの電気代は

強モードで32円ほどといわれていますから、

オイルフリーヒーターやオイルヒーターの

1時間当たりの電気代は電気ストーブの「強」運転とあまり変わりません。

mina
でも、
オイルヒーターやオイルフリーヒーターの電気代が高くなるイメージがあるけど・・。どうしてだろう?

オイルヒーターやオイルフリーヒーターの

電気代が高くつく感じがするのは、

電気ストーブと違って、

お部屋全体を温めるために、

使用時間が長くなるからでしょう。

電気ストーブでお部屋全体を温めることは

出来ないですもんね。

オイルフリーヒーターは使い方次第で電気代がかかりにくい

お部屋全体を温めながら節電をするためには、

一度強モードで一気にお部屋を暖め、

その後は弱モードでキープしたり、

タイマーをうまく使うのがコツでしょう。

オイルヒーターの場合は、

オイルを温める余熱に20~30分ほどかかり、

それから部屋を温めるので、

お部屋全体が暖まるまでに

1時間くらいかかってしまいます。

すると電気代がどうしても

高くなってしまいますね。

その点、

オイルフリーヒーターの場合は、

直接空気を暖めるので、暖まるまでの時間も短く、

室温をキープする能力も高いため、

電気代はあまりかからないといわれています。

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04のメリットは?

ディンプレックスオイルフリーヒーターB04は、

ディンプレックスのオイルフリーヒーター

B01~B06の6つの中の代表的なモデルです。

B04~B06は操作がダイヤルではなく、

タッチパネルで感覚的に使えるので

より簡単になっています。

また、

一定の温度をキープする「インテリジェントモード」があり、

室温を一定にコントロールし、

無駄な電力消費を防ぐ、省エネ運転ができます。

mina

室温を自動に一定にコントロールできれば

無駄な電力を使わなくて済みますね!

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04のデメリットは?

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04を

実際に使ってみた人の口コミからデメリットをまとめてみました。

★タッチパネルの反応が良すぎる。

★コードと逆にタッチパネルがあった方が良かったかなと思う。

mina
タッチパネルの反応が悪いよりはいいと思いますが、良すぎるのも操作しにくいのかも。
コードと逆の面にタッチパネルがあった方が確に操作はしやすいですね。

★延長コードが使えない

ディンプレックスのオイルフリーヒーターに限らず、

電気暖房器は、おおよそ1,000W以上と容量が大きい為、

コンセントが熱をもち、

変形したり緩むなどの故障の原因になります。

延長コードや分岐ソケット、テーブルタップなどを使うと、

気づかずにコンセントの容量をオーバーしていたり、

コンセントに埃がたまるなど、

異常過熱や火災の心配があり大変危険

mina

コードの長さをあらかじめ考えて

設置した方がいいですね!

ちなみに、

ディンプレックスオイルフリーB04のコード長は、

1.7mで、上位モデルよりも長いです。

★シリーズ中で唯一オンタイマーがない

ディンプレックスオイルフリーヒーター

全6種類のなかで、B04機種のみが、

唯一オンタイマーがありません。

帰宅時や起床時にあらかじめお部屋を暖めることができないのは

不便かも。

でも、

エアコンなどの他の暖房器具ををタイマーセットしておいて温め、

帰宅してからオイルフリーヒーターに切り替えるのもアリですね。

オンタイマーがあるディンプレックスは、

B01、B02、B03、B05、B06です。

詳しくはこちら!

ディンプレックスオイルフリーヒーターB04の最安値は楽天?Amazon?

ディンプレックス オイルフリーヒーターB04を

販売しているサイトとその価格を調べてみました。

 税込み価格送料
ディノス楽天市場25,800円1,500円
楽天市場30,402円~無料
Yahoo!ショッピング38,280円無料
Amazon29,800円無料
バーグマン(ディンプレックス公式日本代理店)37,800円2,200円
ビッグカメラ33,100円無料

2万円台で買えるのが

Amazonとディノス楽天市場ですね!

公式サイトでは、定価37,800円で販売されているので

送料込みでも27,300円で買える

ディノス楽天市場で買わないと損かもしれませんね。

12/7(月)までキャンペーン価格25800円(税込)
※12/8(火)以降は37800円(税込)での販売になります。

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!
SNSで話題の「飲む美白ケア」
マジックも落とせるシャワーヘッド ミラブルの効果とは?