諭吉佳作/men(ユキチカサクメン)の由来や歌詞と出身!ライブや音楽サイトは?





諭吉佳作/menaa(ユキチカサクメン)は、

スマホ1台で楽曲製作する静岡出身の中学生!

本名ではないので由来が気になるところですね。

音楽交流サイトで再生回数上位の

諭吉佳作/menさんのライブや配信する音楽サイト、

名前の由来や歌詞について調べてみました!

諭吉佳作/menの年齢や中学などのプロフィールは?

諭吉佳作/men

出典:未確認フェスティバル

名前:諭吉佳作/men(ユキチカサクメン)
生年月日:2003年7月19日
年齢:15歳
出身:静岡県
中学:不明

2003年生まれの諭吉佳作menさんは、

静岡県出身の15歳!

2019年の4月からは高校生になるのですが、

すでに音楽の才能が高く評価されており、

将来的にかなり有名になっていくのでは?

HHK「#ジューダイ歌う10代!音楽サイトからスター誕生!」

にも出演されていましたし、

すでに地元の静岡ではライブ活動をされています。

ちなみに静岡の浜松など西の方の出身のようですが、

詳しい情報は不明ですね。

諭吉佳作/menさんのブログを拝見すると

中学生が書いているとは

思えない大人びた文章・思考で日々思うことがつづられています。

アーティストとして繊細な感性が備わっていて、

物事を独特なとらえ方が出来る方だなぁと感じますし、

それを表現する才能があるんですよね。

高校はどこに進学するのかはわかりませんが、

2018年8月に東京・新木場STUDIO COAST

で開催された、10代限定の夏フェス

『未確認フェスティバル2018』で

ファイナリスト最年少にして審査員特別賞

受賞されるなど注目されていますので、

プロデビューも近いのかもしれませんね!

View this post on Instagram

未確認フェスティバルさん(@mikakuninfestival)がシェアした投稿

諭吉佳作/menの名前の由来は?

諭吉佳作/menさんの名前の由来は、

母親の名前「諭佳」を入力する時、

「諭吉佳作」と入力し

余分な部分を消していたこと、なんだとか。

面白いですね(笑)

実際に諭吉佳作という言葉があるわけではないのですが、

「諭吉佳作と入れて余分な部分を消して・・・」

という感覚がアーティストっぽい?感じもしますね。

諭吉佳作/menが音楽を始めた理由は?

諭吉佳作/menさんが音楽作りをはじめた

明確なきっかけというものは語られていませんが、

諭吉佳作/menさんはブログで、

周りの目というのを明確に意識した小学四年頃、

わたしは表現することを求めた。

芸術とか、そんな強いものではなかったが、

とにかく何か言いたかった

と綴っておられました。

小学生の時から、「表現する」ということに

興味をもったのでしょう。

小学生のときにこのような感覚をもっていらっしゃる

というからすでに生まれもった才能のような気がしますね。

そして少しづつ曲を作り始め、

本格的に曲作りを始めたのは2018年の

2月くらいからということで、

まだ1年ちょっとくらいの活動のようですが、

その音楽は高い評価を受けています。

諭吉佳作/menの楽曲や歌詞は?

ガレージバンド(Apple製の音楽制作アプリ)で

自分で制作しているという楽曲は、

荒削りな部分はありつつも、センスが抜群!

裏声の部分と

徐々にキーが上がっていくときの心地よい

のびやかな歌声は歌がうまいと単純に

表現するには言葉が足りないですね。

ライブでは

15歳という若さながら曲作りのセンス、

音の使いかたのセンス、歌のテクニック、

見せかたに至るまで、底知れぬ才能を感じせてくれる

諭吉佳作/menさん。

サカナクションの山口一郎に「将来性がある」

と言わせた楽曲はこちらです。

諭吉佳作/menのライブや音楽配信サイトは?

ストリーミングサイトEggsでは

年間アーティストランキングにて2位を獲得された

諭吉佳作menさんの楽曲はこちらのサイトから

配信されています。

■Eggs
https://eggs.mu/artist/kasaku_men/

■SoundCloud
http://m.soundcloud.com/yukichikasaku
オリジナル曲を投稿しています。

また、諭吉佳作/menさんのブログやTwitterはこちらです。

■ブログ
http://ykcksk-men.hatenablog.com 
長めの文を書いて投稿しています。

■Twitter
https://twitter.com/kasaku_men

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!