吉田昌平(からくりTV)の高校や大学は東大?出演料と近藤美颯との関係!



さんまのからくりTVに「平成の寅さん」

と呼ばれ、恋に生きた吉田昌平くん。

高校や東大に進学できたのかどうか、

またさんまのからくりTV出演時のギャラについて

調べてみました!

吉田昌平くんは平成の寅さん!恋に生きたおバカキャラ!

吉田昌平

出典:YouTube

名前  :吉田 昌平
読み方 :よしだ しょうへい
生年月日:1998年生
年齢  :21歳

さんまのからくりTVは、1992年4月より、

30分番組でスタート。

途中から「さんまのSUPERからくりTV」に

名称変更をしています。

1998年2月1日には番組最高視聴率27・0%

を記録した人気番組です!

TBSアナウンサー安住さんが世間に認知された

番組としても有名ですね^^

吉田昌平君は、2003年~2004年にかけて、

さんまのからくりテレビの中のコーナー、

「棟梁のお悩みエリート塾」に、

何度も出演していました。


このころの吉田昌平君は、

幼稚園児で、女の子好き。

動画を最後まで見なくとも、

これが幼稚園児か?

と言うくらいの”たらし”ぶり。

でもでも、人に興味を持てるというのは

いいことだと思いますね^^

男の子のお友達はいたんでしょうかね?

吉田昌平と近藤美颯の関係は?

吉田昌平くんは女の子なら(顔は選ぶ)

何でも褒めるプレイボーイ。

大人顔負けのセクシーガール近藤美颯ちゃんと

出会うとメロメロに。

ですが、他の女の子やお友達のお母さんにも

うつつを抜かす昌平君に

美颯ちゃんが怒ってしまいます。

3分50秒くらいからのやりとりが

面白可愛いです^^

幼稚園児でもこんなやり取りができるんですね~!!

大人と一緒に恋愛ドラマでも観ていたのでしょうか?

美颯ちゃんが通うバレエ教室では、

美颯ちゃんがいるのにもかかわらず、

他の女の子にデレデレする昌平君。

美颯ちゃんの事を「はるかちゃん」と、

他の女の子の名前と間違えてしまうという大失態!

二人は、

美颯ちゃんからお別れのビデオレターが来て、

二人の恋は終了したのでした。

その後2013年にスペシャル番組で

再開した二人。高校2年生になっていました。

美颯ちゃんはダンスを習っていて、

ダンサー5人の中の一人として登場!

吉田昌平君はその中から見事に

近藤美颯ちゃんが誰なのかを当てていました!

そしてこの時にスタッフに美颯ちゃんに

会ってみたいかと聞かれ、

素直に会ってみたいと答えていた昌平君。

そして当時の昌平くんかた美颯ちゃんへの

ラブレターが読み上げられています。

『美はやちゃんへ。こんにちは、
おげんきですか。

このあいだは美はやちゃんのこと1番
すきといわなかったけど、
あれはちがいます。

ぼくは美はやちゃんのことが1番すきです。
ぼくはおとなになったら、
なかむらしゅんすけみたいにかっこよく
なるとおもうので、けっこんしてください。

よしだ美はやになってください。
そしたらいっぱいチューできま
すね。

ぼくは、パイロットになって美はやちゃんを
1番前にのせてあげます。昌平より。

引用:https://ameblo.jp/30003-love/entry-11542454117.html

この時は美颯ちゃんには彼氏がおらず、

アドレスをして番組はおわりました。

それにしても幼稚園児でこの文章力は

なかなかスゴイですよね^^

吉田昌平の高校や大学は?

その後、2013年のさんまのSUPERからくりTVに

出演した吉田昌平君。

高校2年生になった吉田昌平くんは、

都内の国立大学の附属の高校に通っていました。

この高校は、

2013年に68名の東大合格者を排出した

超進学校で、全国トップ5に入っているそうです。

調べたところ、東京学芸大学附属高等学校ではないかと

思われます。偏差値77で、

脳科学者の茂木健一郎さん、

日テレの森圭介アナやオリラジの中田敦彦さんも

こちらの高校の出身でした。

さらに、

東大の理一に入りたいと話していました。

その後、

5月5日放送のからくりTV内で、

国立大学の医学部に入学したとのことでした。

子供の頃の会話の切り返しからして、

幼児離れしていましたので、地頭がいいのでしょうね!

吉田昌平くんの出演料は?

平成の名物番組

【さんまのスーパーからくりTV】に出演していたころの

出演料はどのくらいだったのでしょうね!

子役のギャラは

バラエティは、1本5~10万円
某教育番組は、1撮影1万円~1万5千円

が相場とのこと。

吉田昌平くんは子役として演技していたという

訳ではないので、通常の子役とはギャラが違うでしょう。

かなり視聴率を稼いでいたので

ギャラも弾んでいたかもしれませんね。

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!