山城り子の身長や体重は?高校や中学のなぎなたの成績や進路も調査!

スポンサーリンク

ミライ☆モンスターに出演の山城り子さんは

沖縄県首里高校なぎなた部主将で、

全国大会で高成績を残してきた選手です!

山城り子さんの身長や体重となぎなたの成績や、

今後の進路について

調べてみました!

山城り子の中学や高校などのプロフィール

出典:琉球朝日放送

名前:山城り子(やましろ りこ)
生年:2001年
学年:高校3年生
中学:那覇市立首里中学校
高校:那覇県立沖縄首里高校
所属:なぎなた部

山城り子さんは、現在高校3年生。

ミライ☆モンスターでは、

主将になり新体制で挑む初めての全国大会に密着していました。

山城り子さんの中学については

公式に発表はされていないものの、

通学中の高校からすると、

那覇市立首里中学校であると思われます。

中学校時代は、

久茂地なぎなたクラブに所属されていたようです。

久茂地なぎなたクラブのモットーは

「真っ向勝負」。

真っ直ぐ相手に立ち向かうと同時に

自分自身にも向き合うという意味だそうです。

カッコイイですね!

高校は、那覇県立首里高校で、なぎなた部の主将です。

創部37年の歴史を誇る首里高校なぎなた部は、

伝統ある強豪校なんです!

首里高校が強豪である理由

●練習への集中力がスゴイ!

首里高等学校では4つの部活が武道場を

使用している事もあり、なぎなた部の練習時間は

あまり長くないそうです。

平日の練習時間は1時間半や2時間程。

時間を無駄にしないよう、

防具を身につけるスピードや練習メニュー間の

移動も素早く、部員達の動きには無駄がない!

練習時間が短いので、ダラダラする事もなく、

集中して取り組めていることが強みなんですね!

これは勉強や社会人として働くようになっても

活かせそうですね!

●挑戦者の気持ちを忘れない

2017年の高校総体で初優勝を飾り、

連覇が期待されていた2018年はベスト16で

悔しさを経験。

なぎなた部では挑戦者として、

向上心を持って稽古に取り組めるよう、

目標をノートに書いて常に意識しています。

また、

毎日各自で部日誌をつけており、その内容は、

起きた時間や練習メニュー、反省点などだそうです。

日々の練習の振り返りをして明日につなげる。

常に向上心を持ち続けるためには有効ですね^^

なぎなたのルールとは?

なぎなたには2部門あります。

●伝統的な技の型を行う「演技競技」

正確に動けているかだけでなく、姿勢や服装、

見る人に感動を与えたかなども見られています。

●面・小手・胴・脛を打突する「試合競技」

3本勝負で行われて、2本を先取したら勝ちです。

剣道だと面・胴・小手・突きの4つですが、

なぎなたの場合は「すね」も有効なポイントと認められます。

剣道と似ていますが、

剣道の竹刀と比べてなぎなたは長く、

2メートル10センチ~2メートル25センチほどあります。

スポンサーリンク

この長さ故に、「力いっぱい振る」と

遠心力がうまく使えず、

素早い立ち回りができなくなるそうです。

長さを活かした遠心力をうまく使えることが

重要なので、筋力はそれほどいらないのだとか。

ですので、女子にも向いているようですね^^

また、

なぎなたは右に構えたり左に構えたりと持ち替えにより

左右対称に動けるので技が豊富なのだそうです。

詳しくはこちら!

山城り子の身長や体重は?

この画像は、山城り子さんが高校2年生の3月、

第14回全国高校選抜大会で団体優勝した時のもので、

山城り子さんは、左から3番目です。

      ⇓

出典:琉球新報

他の選手の身長も不明ですが、

この中では平均よりやや高い印象ですね。

日本の17歳の女子の平均身長は、

158㎝くらいですので、

山城り子選手の身長は160㎝くらいと予想します。

とすると、体重の平均が53㎏くらいなので、

山城り子さんの体重もそのくらいかと

思いましたが、

画像を拝見すると、ウエストが細い!

50㎏はなさそうな感じがしますね^^

山城り子のなぎなたの成績は?

山城り子さんは、

2015年7月、中学2年生の時、

第23回全国中学生なぎなた大会で3位

2016年第33回若獅子旗なぎなた大会では

優勝を飾っています!

中学生までは演技競技で出場されていました。

高校では試合競技にて出場し始めます。

2017年高校1年生の

第13回全国高校選抜大会では

個人戦の全国大会2位 に輝いています。

この時は首里高校の先輩の安次嶺選手に敗れています。

とても強い先輩だったようです。

その時の動画がこちら!

2018年の2年生では全国高校団体戦に於いて全国制覇

決勝は山城り子選手が1本勝ちし、

予選から全6戦で敗者を出さないという

首里高校の強さが際立った大会でした!

この時の大会では、

「いつもだったら気が焦ってしまう自分がいたが

そこを我慢して冷静に相手に向かって

集中していこうという気持ちで挑んだ」

という山城り子選手。

日頃の練習の成果が発揮された模様です^^

そして、同じく2年生時の2019年3月、

第14回全国高校選抜大会の女子団体(3人制)において、

3年ぶり2度目の優勝!!

これだけ強かったら、今後の進路では

やはりなぎなたを続けていくのかどうかも

気になるところですよね。

山城り子の高校卒業後の進路は?

山城り子さんが主将なる前に、

大黒柱としてチームを支えた先輩の安次嶺心さんは、

なぎなた部のある、鹿屋体育大学に通っています。

全国で唯一の国立の体育大学だそうです。

また同じく首里高校出身のなぎなた部の先輩、

上地星菜さんの鹿屋体育大学に通っていて、

全日本学生なぎなた選手権大会で

3連覇している強豪だそうですね。

山城り子さんが高校卒業後もなぎなたを

続けるのかどうかはいまのところ

明らかにはなっておりませんが、

大学に進学されるとしたら、

鹿屋体育大学の可能性が高そうですね。

スポンサーリンク