山口ゆいの身長や高校と家族は?スキーウエアや板のメーカーと成績も!【アルペン】



アルペンスキー選手山口ゆいさんの

高校や家族と身長などのプロフィールと、

スキーのウエアや板などの

メーカーについて調べてみました!

女子アルペンスキー大回転で世界の舞台で戦う

山口ゆいさんは、都会育ちで雪がない環境にも

関わらず好成績を収めてきています。

その努力の軌跡やこれまでの経歴などについても

お伝えします。

山口ゆいの年齢や出身と身長などのプロフィールは?

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿

名前  :山口ゆい(やまぐちゆい)
生年月日:1998年12月28日
年齢      :20歳
出身地 :東京都
活動拠点:北海道・長野
得意種目 : 大回転
競技  :アルペンスキー

生まれも育ちも東京都の山口ゆいさん。

雪山が身近にない中で、

幼少の頃からスキーを始め、

速さを競うアルペンスキーに魅力を感じて

中学生の頃にはすでに日本代表選手に!

スゴイ才能ですね~!

そのアルペンスキーの実力がありながら、

さらに美人アスリートですから人気がでるでしょうね!

そんな山口ゆい選手の身長ですが、

山口ゆい選手の成人式のインスタの中にヒントが!

ちびゆい成人おめでとう

ありがとう!20歳になっても“チビ“ゆいは変わらない笑笑

引用:山口ゆいさんInstagram

ということは、あまり大きくはないようです。

日本人女性の平均身長は158㎝くらいですから、

それくらいか、それよりも低いのかもしれませんね。

それでも全国制覇と言う成績を収めていますので、

身体能力が高いのでしょうね!

さて、

山口ゆい選手はどんな経歴でこれまで

歩んできたのでしょうか?

山口ゆいの中学や高校とスキー経歴は?

山口ゆい選手のご両親はスキーが好きで、

なんと2歳半から冬場は毎週末長野県の

野沢温泉スキー場へ通い、

滑りを教わっていたそうです。

幼稚園からは競技として取り組み、

小学校は学習院初等科に入学。

小学生時代に、KSC Jr.レーシングクラブに所属し、

長野県のよませ温泉スキー場にて練習を積んでいます。

ちなみに、

出場した小学校1、2年生の部でなんと優勝!

このころトリノ五輪に出場した皆川賢太郎選手に憧れ、

オリンピックに出ることが夢になりました。

その夢をかなえるべく、小学校4年生でオーストリアに

たった一人で海外遠征に!

行動力&ご両親の覚悟も凄すぎる!

いくらアルペンスキーはヨーロッパが本場で、

雪の質の良さやコースが充実しているといっても

小学生が一人で海外遠征とは信じられない度胸ですね!

山口ゆいの学習院女子中等科時代

もって生まれた才能や努力が実績に結び付き、

学習院女子中等科に進学後も

中学時代には全国大会を制覇し、

東京都優秀選手表彰制度スポーツ優秀選手に表彰され、

2年連続日本代表として世界大会に出場を果たします。

山口ゆいの学習院女子高等科時代

学習院女子高等科に内部進学後もさらに好成績を残し、

高校1年時に全日本ナショナルチーム、

アルペン競技タレント発掘・育成事業(toto)

代表選手に選抜。

順調に好成績を収めていた山口ゆい選手でしたが、

高校時代には二度も大きなケガを経験されたといいます。

2015年10月2日

しかし、ケガから復帰し、

2017年には、

全日本ジュニアスキー選手権大会で準優勝、

一般財団法人東京都スキー連盟

特別強化指定選手に認定されています。

山口ゆいの慶応大学時代

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿

このままプロスキーヤーになってもいいくらいの

成績を収めてきている山口ゆい選手ですが、

大学は、慶応義塾大学の法学部政治学科

進学されています。

スキーもスゴイのですが、学業にもしっかりと

取り組むとは、

先日のフィギュアスケート世界選手権で優勝した

医学部在籍のネイサン・チェン選手のようですね。

山口ゆい選手が、スキーだけに専念せずに、

勉学にも手を抜かずに取り組まれているのは、

この競技で勝つためには体力・精神両面を

鍛えなければならないという考えから、

あえて難関の高校に在籍し、

文武両道を突き詰めることで結果を残してきた

出典:GO BEYOND

とのことのようです。

スピードスケートの小平直奈緒選手は

スケートに打ち込みながらも一般入試で

国立の信州大学に進学し、教員免許を取得され、

英語はもちろん、オランダ語や韓国語も堪能ですし、

今話題のプロ野球の根尾昂選手も偏差値70超えで、

成績はオール5だったそうです。

個人的に思うのは、

勉強で結果を出すにはやはり目標を決めて

計画を立てて、

それに向かった最適な努力を続けること、

効率よく学習する必要があると思うのですが、

スポーツにおいても同じことが言えるわけで、

幼いころからこういった思考・習慣ができていると、

アスリートとしても大成していくのではないでしょうか?

大学に入学してからは、

慶応大学体育会スキー部に所属し、

練習を重ねていた山口ゆいさんですが、

大学でも大ケガをされ、

2018年シーズンは12月あたりからやっと

雪上トレーニングの許可が出たとのこと。

これで高校時代と合わせて3度の手術を

乗り越えてきたんですね・・・。

こんな痛々しいツイートもされていました。

アルペンスキーの滑降は時速80~120㎞、

と超高速ですし、

山口ゆい選手が得意とする大回転でもかなりの

スピードが要求されるスポーツなので、

ケガも大ケガになりやすいのでしょうね。

しかしながら、山口ゆい選手は、

度重なるケガにも、アルペンスキーに

挑戦し続けています。

私は「限界」「無理」という言葉が大嫌いです。

大嫌いだからこそ、「限界」「無理」と

思えることも乗り越えてきました。

出典:GO BEYOND

学習院女子高等学校から慶応義塾大学に

外部受験してスポーツと学業の両立という

厳しい環境に敢えて身を置き、

自らを追い込み、

ケガをしてもスキーをあきらめずにリハビリを

続けて競技に復帰する山口ゆい選手は、

自分に限界を作らずに乗り越えていける

メンタルがスゴイですね。

2019年2月で手術して約1年。

滑ることの喜び、周囲への感謝を忘れずに練習されているようです。

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿


山口ゆいの家族は?

山口ゆい選手の家族の情報については、

ご両親がスキー好きであることの他、兄弟が

いらっしゃるのかどうかはいまのところ不明です。

ただ、ご両親はかなり応援しているようで、

中にはこんなサポートも(笑)

ミライ☆モンスター出演時に何かしら情報が

あるかもしれませんので、わかり次第追記します!

これまでの経歴から、小学校から高校までは

■私立の学習院初等科~学習院女子高等科

■大学も慶応義塾大学

■小学生時代に海外遠征

■東京から長野のスキークラブに通う。
(ちなみに所属していたJr.レーシングクラブ
の年間会員の会員費は¥123,600)

などを考えると、

学費ととクラブチーム会費はかなりかかるで

しょうから、実家はどちらかと言うと、

裕福な家庭であることが予想されますね。

山口ゆいのスキー板やウエアのメーカーは?

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿

■スキー板:ATOMIC SKI

■ウエア:Descente ALLTERRAIN

■ストック:SWIX

■ゴーグル:SHRED

またTシャツやニット帽、バッグなどはchampionを愛用されているようです。

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿

チャンピオン CPFU ウィメンズ Tシャツ CWNS322-672 Champion トレーニングウェア

View this post on Instagram

yui yamaguchiさん(@y.yski181)がシェアした投稿

そして、ゲレンデの強い紫外線からお肌を守るために、

こちらの日焼け止めを愛用されるとともに、

サポートも受けているようです。

汗で流れ落ちず、

日焼け止めを使った時の皮膚の息苦しい感じが少ない

と評判です。

皮膚科研究所で製造されており、

肌にもすごく優しいのが嬉しいですね^^

山口ゆい選手のSNSはこちら

Instagram:https://www.instagram.com/y.yski181/
Facebook:https://www.facebook.com/yui.yamaguchi.754
Twitter:https://twitter.com/i_am_yy181

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!