山田アリサ【ひんぎゃの塩】を通販でお得に購入!値段や口コミを調査!



セブンルール出演の山田アリサさんが

伊豆諸島の東京都青ヶ島でつくる

「ひんぎゃの塩」は大粒で甘みがあると評判です!

山田アリサさんが作るひんぎゃの塩は

相当な苦労を経て作られているそうですが、

楽天や公式サイトなどではどこがお得に購入

できるのか調べてみました!

山田アリサの【ひんぎゃの塩】安く買えるお店は?

山田アリサさんが作るお塩は、

「青ヶ島の極上塩【ひんぎゃの塩】」です。

通販サイトでは以下のお店でお取り扱いがあります。

●楽天      200g×2:2,116円 

●鈴木三河屋   200g:979円   

●Amazon    50g:不明     

●ミトクオン   200g:979円   

●日本おいしいもの通販 1㎏: 4,320円

すごく人気があるようで、

残念なことに、どのサイトも売り切れで、

2か月待ちくらいだそうです!

【只今、お届けに2か月前後お時間を頂いております】【1セットまでメール便OK】青ヶ島の極上塩 「ひんぎゃの塩」(200g×2)

ただ、

店舗ではもしかしたらすぐに購入できるかもしれません。

お電話でお問い合わせの上行ってみる価値がありそうですね^^

・伊豆諸島・小笠原諸島のアンテナショップ「東京愛らんど」
・美酒の三河屋(八王子)
・エン座(石神井公園)
・リマ池尻大橋店、リマ新宿店
・青ヶ島屋(西新宿)
・伊豆高原ビール海の前のカフェレストラン(伊東)

山田アリサの【ひんぎゃの塩】の塩とは?

ひんぎゃの塩は、

東京から約360km離れた、有人の島、

伊豆諸島最南端に位置する「青ヶ島」で

作られています。

桃太郎の「鬼ヶ島」は、この青ヶ島だという

伝説があり、

青ヶ島は日本一小さな自治体です。

 
世界でも珍しい二重式火山があり、

その内輪山である、丸山の周辺では、

今でも地中から蒸気が噴き出しています。

 
火山の蒸気が吹き出ている噴気孔のことを

「ひんぎゃ」と呼びます

その蒸気の熱を利用して1か月かけてじっくり

平釜で結晶化させたのが、『ひんぎゃの塩』です。

天然の無添加自然海水塩である

ひんぎゃの塩は、

世の中に数多ある、いわゆる「美味しい塩」の中でも、

非常に味わいに深みのある日本屈指の塩だと評判です!

成分の特徴としてはカルシウム分が特に多く

塩化ナトリウム分は約91%です。

塩化ナトリウム以外のミネラル分が少ないと、

角が立ったいわゆる精製塩のような味になるのですが、

多すぎてもしょっぱさが足りなくなります。

その点、ひんぎゃの塩は、

とてもバランスが取れているんですね!

大事なのはやはり「バランス」ということですね。

このひんぎゃの塩は、

まろやかさ、奥深い旨味はもちろんですが、

本当の「甘み」をしっかりと感じられると評判です。

食材に少量振りかけるだけで、

魚やお肉などの味わいを何倍も敏感に味わえます。

一般の塩とは比較にならないほどということなので、

いつもの食材が美味しく食べられますね!

山田アリサの【ひんぎゃの塩】の評判は?

■リピです。
安心の美味しさをありがとうございます

■巷に出回っているものを疑ってしまうくらいの代物です。
苦みは少し強いけど、これがまたいい感じです。

■この塩は何にでも合い、物凄く美味しい塩で、
何度もリピートしているので、お友達にもプレゼントと思い購入。
こちらのショップもとても迅速に対応して頂き助かりました。

■アトピー体質の旦那に、にがりローションを
手作りしようと質のよさそうな
にがりを探してましたら、このお店を見つけました。

旦那のアトピーはかなり改善されました。

旦那のお気に入りです。
もうじきなくなるのでリピします。
今度はまとめ買いします。

■塩にこんなに旨みがあるとは思いませんでした。
お出汁にひんぎゃの塩を入れ薄口醤油を
少し入れるだけでとても美味しい、深い味が出ます。
おいしーーーいです。
野菜サラダにオリーブオイルとひんぎゃの
塩を少しふりかけるのも素敵です。

■この塩は、おにぎりで食べたら、子供たちが、よく食べます。

■このにがり、すごいです。
マグネシウム含有量もいいし、火にかけて
煮詰める一般的な方法と違い火山の地熱で
ゆっくり海水を飛ばすのでミネラル分もたくさん残るんですって。
ではとんでもなく高い値段?と思ったらごく良心的。
楽天中探しましたが、内容的にもコスト的にも、
私はこれがベストだと思いました。


【只今、お届けに2か月前後お時間を頂いております】【1セットまでメール便OK】青ヶ島の極上塩 「ひんぎゃの塩」(200g×2)

【ひんぎゃの塩】塩職人山田アリサのプロフィール

山田アリサひんぎゃの塩

出典:テレビドガッチ

名前  :山田 アリサ(やまだありさ)
生年月日:1962年
年齢      :57歳(2019年8月1日現在)
出身地   :東京都青ヶ島
家族      :娘1人

青ヶ島にて生まれ、青ヶ島という過酷な

大自然の中で成長された山田アリサさん。

島全員が知り合いといった環境を

実は窮屈に感じていたそうです。

小さい頃はランプ生活で、食べ物はほぼ自給自足。

そんな環境の中、山田アリサさんが目を輝かせたものは、

島の大人たちが作った芝居。

「いつかプロの舞台に立ちたい」と思い、

20歳の時、難関を突破し「文学座」の養成所へ入所。

倍率は180倍と言う難関だそうですから、

相当な実力があったんでしょうね!

そしてその後、劇作家・井上ひさしさんが

立ち上げた「こまつ座」に入団。

しかし10年経ってもチャンスをものに出来ず、

33歳の時に母親の体調のこともあり、

役者を辞めることに。

その後、両親の死にも直面し、

青ヶ島に帰ることになったようです。

山田アリサが役者から塩職人になった理由は?

山田アリサさんは元々役者志望でしたが、

今現在は塩職人です!

男性が1日で辞めてしまったという役場が始めた製塩所で、

釜場で働く人の求人募集があり、

「男が1日で辞める仕事って、どんなものなんだろう」

そう思った山田アリサさんは、

興味本位で応募してみたそうです。

50度位の部屋に入って、
色々な作業をするんですが、
一番つらいのは釜を洗う作業です。

釜にこびりついた塩をコテだけを使って
ゴシゴシこそげ落とすように洗うんですが、
暑い部屋なのでかなり苦しいんです。

山田アリサさんは、自分が体調を崩すと、

塩が出来上がらないので、

釜場で作業するのは1回に20分以内と決めているんだとか。

それほど過酷な労働を、もう16年も続けていらっしゃいます。

離婚されて、シングルマザーなので

自分が稼ぐしかないからというのも、

過酷な仕事を続けている理由なのですが、

やはり、生まれ故郷の青ヶ島のが好きで、

ここの空気の中に亡くなった両親を感じることが出来るので、

この島で働きたいという想いが強いのだそうです。

地熱蒸気で作っている世界で唯一の貴重な塩は、

山田アリサさんの努力と故郷への愛着から

出来上がっているんですね!

【只今、お届けに2か月前後お時間を頂いております】【1セットまでメール便OK】青ヶ島の極上塩 「ひんぎゃの塩」(200g×2)

また、こちらも「坂上・指原のつぶれない店」

で紹介された有名な

田野屋塩二郎のお塩です!

高知県田野町で屋号「田野屋塩二郎」の塩職人、 佐藤京二郎さんが作る1kg100万円の塩。 通販やお取り寄せはありません。 ...

【 4個までメール便可 送料216円】二代目・土佐の塩丸(白丸)荒粒(ソルティーブ)完全天日海塩/食塩/高知/黒潮町/天然塩/国産塩/プチギフト/和食/テレビ/ふるさと/幻の塩/田野屋塩二郎の師匠【とささとプロジェクト】

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!