手島姫萌(てしまひめも)の猫庭の建設費や家族の父や母と姉弟は?里親になる方法も!





3年間で猫250匹を救った「てしま旅館」の

手島姫萌(てしまひめも)さんは、

小学生ながら猫の保護活動を行い、

その活動のために家族の父親と共に、

クラウドファンディングで資金を集めました。

てしま旅館の場所や手島姫萌さんの家族と

猫の保護活動で集まった募金額などについて

触れてみたいと思います。

手島姫萌の小学校や年齢などのプロフィール

手島姫萌

出典:てしま旅館HP

名前:手島姫萌(てしまひめも)
生年:2007年or2008年
年齢:11歳or12歳
出身:山口県山口市
てしま旅館の次女・猫庭館長

手島姫萌さんは、小学1年生のころに

ある捨て猫を拾ったことをきっかけに、

猫の保護活動を始めました。

今現在小学6年生になった手島姫萌さんが保護した

猫の数はなんと350匹以上!

その保護活動資金は家族の父親が経営する

「てしま旅館」の宿泊費の一部から捻出し、

手島姫萌さんの猫保護活動を知ったお客さんが

全国から宿泊しに来るので

売上げにも貢献しているのだとか!

猫の保護活動を通じて社会貢献をするという

素晴らしい体験ですね^^

そんな手島姫萌さんの将来の夢は

獣医さんになることだそうですよ^^

手島姫萌さんの猫の保護活動とは?

手島姫萌さんの猫の保護活動とは

どういった活動なのでしょうか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

猫庭日和 3月号 完成し 発売始まりました。 猫庭日和は猫庭の小さい写真集です。 館長日記から始まり 写真も館長が撮ったものが殆どなんです。いっこう画伯の絵も登場です。 (о´∀`о) 写真集の 売上一部は猫庭の猫ちゃん達のために使われています。 ##てしま旅館 #猫 #ねこ #ねこ部 #にゃんこ #にゃんすたぐらむ #子猫 #catstagram #kitty #保護猫 #猫庭 #neko_niwa #里親募集中 #里親募集中#黒猫#しろキジ猫#ねこじゃらし #三毛猫#さび猫#天才!志村動物園 #猫本

猫庭館長 手島 姫萌さん(@neko_niwa33)がシェアした投稿 –

手島姫萌が猫の保護活動をしたきっかけ

手島姫萌さんの猫好きは、小学1年生のとき、

近所に捨てられていた猫を

家に持ち帰ったことからはじまりました。

ところが、お父さんの英樹さんが大の猫嫌い。

家族の猛反対にあうものの、

「自分で面倒を見るなら」

という条件付きで猫を飼う許可をもらいました。

それからというもの、

「めのわ」と名付けられたこの猫に魅了され、

お父さんを含めた家族全員、

大の猫好きに^^

その一方で、山口県の猫の殺処分数が

とても多いという問題点も知るようになりました。

山口県の動物の殺処分は全国ワースト4位と

高い位置にあり、

猫に関して言えば、2900匹(平成27年度)もの

猫が殺処分されている現状。

『捨てられ、保健所に送られる猫を

なんとかしたい。』

お父さんと姫萌さんは、旅館の一部を改築し、

捨て猫を一時的に預かる

シェルター「猫庭」を作ることにしました。

猫シェルターで猫を保護しながら、

里親を探し、受け渡すという、

手島姫萌さんは、小学生ながら「館長」の大役を

務めることになりました。

手島姫萌さんの館長としての仕事は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

猫庭館長 手島 姫萌さん(@neko_niwa33)がシェアした投稿

手島姫萌さんは毎日大忙しです。

なんせ猫庭で預かっているすべての猫を、

お世話しなければなりません。

毎日のトイレや床掃除、餌やりはもちろんのこと、

学校が休みの日も爪切りやブラッシング、

猫のオモチャ作りと、館長の仕事に休みは無いんです。

生き物を飼うとはそういうこと。

責任がありますので、

自分の都合で休むわけにもいかないはいかない

ということを体験しているんですね。

猫庭にやってきたばかりの猫は、

捨て猫なので病気にかかっていたり、

ケガをしたり、体調を崩していることが

少なくありません。

手島姫萌さんは「猫のカルテ」を作り、

猫が餌を食べているか、便の状態や、

くしゃみ・目やにはどうか…、

健康状態を細かくカルテに書き込みます。

こうして姫萌さんは、すべての猫に名前をつけ、

性格や特徴もしっかり頭に入れていますので、

猫シェルターにやってきた里親希望の方にも

猫の性格や特徴を伝え、

とコミュニケーションを取りながら、

その人にあった猫を紹介しています。

里親が見つかったときは、猫の命が救われた、

いちばんうれしい瞬間でもありますが、

愛情をもって育ててきた猫が

いなくなってしまうのはとてもさみしいのだそうです。

手島姫萌さんの猫の保護活動費は?

手島姫萌さんの猫シェルターは、

山口県の殺処分0を目標に掲げて

クラウドファンディングに挑戦し、

2016年6月に保護猫シェルター「猫庭館」として

てしま旅館の中庭を改装し、完成。

そこから徐々に保護が始まり、

半年で60匹の猫の命を繋ぐ事が出来、

そのうち34名の猫が里親へ渡りました。

1年で100匹の猫を保護することが

出来るペースになり、

ノウハウが備わったところで、

開設当初の倍の猫を保護できるように

猫庭シェルターを2段にする費用を

クラウドファンディングにて再び集めました。

目標金額が3,600,000円のところ、

支援者数256人で、

最終的には支援総額4,025,000円もの

資金が2017年6月に集まったそうです。

支援金は一人当たりの金額で、

¥3000~¥1,000,000の範囲で

募集されていますが、

中には一人で¥500,000もの寄付をされた方も

いたようです。

出典:てしま旅館HP

シェルターの追加により、てしま旅館に入った瞬間に

ロビーから待ち受ける景色は、

2階建てのガラスから、猫が「よく来たな〜」と

見下ろしている構図になり、

猫庭シェルターを2段にすることで、

お部屋からも猫を眺め、

癒される事が出来るとてもユニークな構造になりました。

手島姫萌さんら、家族の取り組みと、

その支援者のおかげで、猫庭が作られ、

処分数は大幅に減っています!!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hideki Teshima 手島英樹さん(@hidekin23)がシェアした投稿

手島姫萌さんの家族は?

出典:にゃっとクラブ

手島姫萌さんは4人家族です。

父親:手島英樹さん。

てしま旅館の館長で、お昼は空時間を通じて

デイサービスを行うなど、介護福祉士としても

20年のキャリアがあります。

旅館の経営と猫の保護を両立できるか、

不安はありましたが、

猫好きが全国から集まるようになり、

リピーターが増え、

その利益をえさ代、避妊・去勢の手術費に充てているそうです。

「猫と旅館は持ちつ持たれつ。まさに『猫の手を借りている』状態です」

とおっしゃっています。

母親:手島自実(よりみ)さん

「子どもたちも猫庭の活動を通じて

殺処分の現実を知り、

子どもなりに猫庭の意義を理解して、

命の大切さについて考えるようになったようです。

私たち家族は一人ひとりが

『大切な命を預かっている』という

責任の重さをしっかりと受け止め、

猫ちゃんたちの世話をしています」

と語る自実さん。

自身も女将の仕事をしつつ、

猫庭の掃除をしたり、猫のごはんを準備したりの毎日。

姉(長女):手島歌七多

猫庭での日々の想いや記録を留めた

毎月発行する『猫庭日和』という本の写真撮影

をスマホで行っています。

ちなみに次女の姫萌さんは、

一眼レフカメラで撮影しているんだとか!

清潔で快適な環境を保つため、

週に一度は大掃除をして、すみずみまでキレイにしています。

兄(長男):一閤(いっこう)さん

姉の歌七多さん曰く、

「猫庭の館長は姫萌で、母(女将)は総長、

私が番長。一閤は姫萌の代役として

館長の仕事をすることがあるけど、

接客にまだ慣れていないので見習いかな(笑)」

とのこと。

姫萌ちゃんは小学生、

一閤くんは中学生

歌七多さんは高校生。

学校の勉強もあり、遊びたい年頃でもありますが

テレビを見るより、ゲームやスマホをするより、

猫ちゃんたちが大事と言い、

家族一丸となって猫のお世話をし、

保護活動をされています。

命をつなげていくことや、

多数の猫ちゃんのお世話はラクではないはずです。

医療費の捻出も継続的に続いていきます。

そのため、餌代、医療費、去勢手術代などを

旅館の宿泊代の一部から捻出することは、

保護活動の継続の一つの手段として、

有効なことだと思います。

てしま旅館と猫庭館の場所は?

出典:ゆこゆこ

てしま旅館
〒754-1277 山口県山口市阿知須7418-8
0836-65-2248
HP:https://teshimaryokan.com/

 

昭和45(1970)年に建てられた大衆宿を、

京都の空間デザイナーの辻村久信氏が

リニューアル。

やわらかい光に包まれたモダンジャパニーズの空間。

出典:TABEE

 

猫庭の利用料金などについて

【宿泊・ディナーでご利用】
時間/17:00-18:00
夕食後30分程度(時間はご予約状況により異なります。)

【里親を希望する場合】
日曜譲渡会の際、ご来館ください。
譲渡会/毎週日曜日 12:00-14:00
※譲渡会の日程でご都合が合わない場合は、
お電話にてご相談下さい。

【ふれあい、見学希望のお客様】
日曜譲渡会の際、ご来館ください。
譲渡会/毎週日曜日 12:00-14:00
※ふれあい、見学希望の場合15分 200円の入館料を頂きます。
※里親希望の方が優先となりますので、来館状況により入館できない場合がございます。

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!