寺脇加恵の年収やケータリング会社の売上げや料金は?結婚や子供はいる?





セブンルールに出演の寺脇加恵さんの

ケータリング会社「Globe Caravan」の

売上げや年収、

結婚した夫や子供がいるのかどうか

気になるところです。

元々はアパレル会社を経営していたという

寺脇加恵さんのトラブルがあった経歴などに

ついても調べてもました!

寺脇加恵の年齢や大学などのプロフィール

寺脇加恵

出典:mugendai

名前:寺脇加恵(てらわき かえ)
生年:1976年
年齢:43歳
出身:神奈川県
大学:上智大学法学部法律学科卒
職業:Globe Caravan代表

現在43歳の寺脇加恵さんは、

美人オーナーとして評判で、

ケータリング会社「Globe Caravan」の

代表取締役を務めていらっしゃいます。

大学は上智大学法学部法律学科を

卒業されており、

その在学中にアパレル会社を立ち上げた

という過去がある

バイタリティ溢れる女性です。

ケータリング会社を立ち上げるまでに

至った経歴はどうだったのでしょうか?

寺脇加恵の経歴は?

寺脇加恵さんが現在、ケータリング会社を

立ち上げて経営なさっているのは、

ご両親の影響も多いようです。

寺脇加恵の父親や母親について

寺脇加恵さんは税理士で空手の師範だった

と言う父親の影響で6歳~20歳まで空手を

続け、2段の腕前です!

厳格な父の教えの元に育った寺脇加恵さんは、

家庭の方針で小さい頃、家にTVがなく、

TVの代わりに本を読むように言われ、

1カ月に100冊くらい読んでいたそうで、

中学生になってから1カ月に2時間、

TV番組を録画して見ていいルールができたのだとか!

2時間で観られるものと言えば映画ということで、

洋画をよく観ていた寺脇加恵さん。

映画と英語に興味を持って中高校生時代は

英語劇の部活に入部されました。

映画で作り上げる世界観や、演劇で自分で

何かを表現するという喜びが

今現在の料理で世界観を作り、表現するという

ことにつながっているんですね!

また母親は無添加食材や無添加調理に

こだわっていたので、

寺脇加恵さんが今現在、

無添加調理にこだわるのも母親の影響もあるでしょう。

素材の旨味を活かした料理で育ったと思われ、

繊細な味覚をもっているのではないでしょうか?

小さいころの味覚は大人になっても変わらないといいます。

ケータリングの食に関して、

幼いころから培った味覚は多いに役立っていそうです。

寺脇加恵の上智大学時代

上智大学法学部に進学した寺脇加恵さんは、

学部で法学系、大学院で経済や商学系を専攻して、

父親の税理士の跡を継ぐよう言われていたのですが、

入学してみたら法律にあまり興味を持てない

ことに気づいたという。

一方、当時はITバブルの時代で、

GREEやメルカリといった会社を

立ち上げることになる友人たちが、

在学中に起業、ベンチャーを立ち上げたり、

インターンをやったりしていたことが

すごく楽しそうに見えたとのこと。

自分も何かやりたい思うようになった

寺脇加恵さんは、

オートクチュールを持つフランスメゾンの

ハイヴィンテージのみを扱うファッションや

家具、宝飾の輸入・修復・販売を

手掛ける事業を始められました。

そのきっかけは、

大学1年生の時のヨーロッパ旅行でみた、

パリの装飾美術館 モード・テキスタイル博物館で、

ディオールやシャネルが生きていた時代の

洋服などが展示を見たこと。

しかもそれがヨーロッパの街中で

売られていることを知り、

これまで興味がなかったファッションに興味を持ち、

また、

買ってきたハイヴィンテージの洋服が当時は

10倍ほどの内外価格差あったこともあり、

起業をしたそうです。

ただ、起業にあたっては、

資金面から日本での起業は難しかったので、

「米国のハワイ州とネバダ州では、

代表が住んでいなくても会社を設立できる」

という情報を仕入れ、

ハワイ州で会社を設立。

しかも当時は両親とは厳しすぎる

門限をめぐって対立し家出状態にあったので、

起業資金はすべて自分で用意したんだそうです!

会社を起業するには少なくとも数百万円は必要でしょう。

大学生が用意するにはかなり大変な金額です。

さらに外国で起業するという度胸は、

高校時代に留学した経験や、

得意の英語力があったからというのもあるでしょう。

大学3年生で起業したタイミングでは、

まだ一生の仕事にしようとは思っていなかった

のですが、

就職活動では、最終選考まで残ったものの

内定ぬは至らず、

起業したビジネスを続けるしか道がなくなったとのこと。

ご両親にはものすごく怒られたそうです。

寺脇加恵の横領事件とは?

最初に起業したアパレルの会社は、

客単価7万円、シーズン顧客単価30万−100万、

年商1億レベルの事業という大成功で軌道に乗っていたのですが、

ところが9年目のある日、寺脇加恵さんが

が商品を買い付けに行っている間に、

社員の1人が倉庫にあった品物をすべて売り払い、

自分自身の借金返済に充てるという

横領事件が発生!!

その被害額はなんと1500万円!!

普通なら警察に通報するところですが、

突き出したところで現金はかえって来ないと判断した

寺脇加恵さんは、

警察に突き出さない代わりに賃貸借契約に直して、

月々ちょっとずつ返済してもらうことに。

しかし最終的には逃げられてしまい、

3分の1しか返済されなかったとのこと。

そこで、今後は在庫を持たない事業、

飲食業を始めようと決心されます。

なぜアパレルから飲食業なのでしょうか?

寺脇加恵がケータリング会社を起業した理由

誰かを雇っての成立する事業ではなく、

自分が技術者になって、自分にしかない技術を

売るサービスをしようと考えた寺脇加恵さん。

技術は簡単に盗まれませんからね!

とはいえ、

お金を頂くほどの料理の腕前ではないので、

料理で集客するのではなく、

集客するところに切り込んでいく作戦に!

アパレル業界の海外の自由度が高い&素敵な

レセプションにも出席したことがある寺脇さんは、

国内のパーティーは出てくる料理のレベルも

自由度も低いと感じており、

そこに目を付けた寺脇加恵さんは、

ファッションやメディア業界の人脈を活かし、

レセプション時のケータリング案内を告知。

すると、手がける料理の幅広さや、

空間演出までひとりで請け負うスタイルが

口コミで人気となり、

今では年間100件以上の依頼があるとのこと!

化学調味料や加工食品を一切使わない

オーガニックな料理は評判を呼び、

大使館との食育イベントから社会人陸上選手の

海外合宿帯同シェフまで、仕事の幅もスゴイです!

このような料理や栄養の知識は、

すべて本からの独学で、

幼いころから読書に親しんできた寺脇加恵さんでしたから、

本から情報を得るということに長けていたのでしょう。

実際に会場で料理を並べたり運ぶのは

外注スタッフに手伝ってもらうこともありますが、

150人くらいなら全て一人で調理するのだそうです。

普通の女性なら体力的に厳しいところですが、

15年ほどの空手歴のおかげで体力面や精神面でも

かなり丈夫のようで、心配無用のようです。

頼もしいですね!

さらに、

一般財団法人International Women’s Club JAPAN

を立ち上げ、

各国の大使かシェフか大使夫人と子どもたちと

みんなでその国の代表的なお料理を作って

食卓を囲むという企画を立て、

子どもたちは事前にその国について調べ、

大使館の皆さんの前で発表する事業も展開。

もう9年も続けており、

小さいうちから、いろいろな国の人々と

身近に接する環境を作り、

子供たちに国際性や多様性を伝えるという活動もされています。

大使館シェフのいない小国の

大使公邸料理人なども務めているというからスゴイですね!

現在、のべ70カ国以上の大使館と

イベントを開催している寺脇加恵さんですが、

なぜ世界各国の料理が作れるのかというと、

アパレル事業で買い付けに行く際、

もともと食に興味があったので、

食材やスパイスを買い、

その国の有名なシェフの本を買って帰り、

実際に作ってみることが好きだったからなのです。

様々な国々の

食事をリアルに食べた舌の記憶があるため、

本があれば再現は可能」なんだそうです!

ここでも幼いころ無添加調理で養った

繊細な味覚や読書好きということが役立っているんですね!

寺脇加恵のケータリング会社の売上げや年収は?

寺脇さんのケータリングの客は

アパレル以外にも外資系企業の

ケータリング案件も多く、リピーターが多いのが特徴です。

外資系企業は新たな取引先の口座を開くのが

煩雑なため、担当者はなるべく毎回同じところに

発注したいという要望があるそうですね。

そして、寺脇加恵さんのケータリングは、

お料理からセッティング、テーブルコーディネートまで、

全部まとめてできるので、

発注する側にとっては1社に発注できるので、

担当者の負担も軽減、さらに質も高いとなれば、

評判もあがりますよね!

そんな寺脇加恵さんの会社

「Globe Caravan」では、

平均して年100件、1回あたり150名分のケータリングを提供。

1週間に10件以上、忙しいときは月50件もの案件を

手掛けるそうです。

料金は、【Globe Caravan HP】によると、

お見積の項目としては、

フィンガーフード  
2000円〜おひとり様あたりの量と食材のクオリティにより

フィンガーフード&ビュッフェ 
4000円〜おひとり様あたりの量と食材のクオリティにより

着席コース  
6000円〜

ドリンク    
1杯600円〜杯数換算、フリーフロー2000円〜

スタッフ人件費  
3000円/h .ミニマム4時間稼働〜(立食でゲスト20名に1名が目安。見積設定時の搬入〜搬出時で計算)

企画費用     
イベント趣旨に合わせたプランニングを行います。  
 
装飾費用     
会場装飾についてご予算に合わせてご提案をお作りします。

ミニマムオーダー 
お料理&ドリンク分で20万円〜
(お見積項目の他、別途、機材費、消耗品費、デリバリー費、外税)

*ドリンクを持ち込みの場合、お見積の価格設定、メニューのご提案内容が異なります。

出典:http://www.globecaravan.com/

平均して年100件、1回あたり150名分の

ケータリングの注文なので、

2000円〜のフィンガーフードの注文でも、

1回30万円で1年間では3千万円の売上げがありそうです。

さらにメニューは他にもありますし、

企画・装飾費用もあるので

年商は5千万円くらいはあるかもしれませんね。

寺脇加恵の年収は?

代表取締役である寺脇加恵さんの

年収ですが、外注でスタッフを確保することもりますが、

基本的には一人で事業展開されていますので、

人件費はかからないと思われます。

年商やそのまま年収にはなり得ませんが、

食材費な光熱費などを差し引いて、

1000万円くらいはあるかもしれませんね。

2019年5月現在、大変忙しく、

7月3週目まで予約がいっぱいだそうです。

新規のご予約は7月の4週目以降で

ご用意できる状態なので、大変人気なんですね!

寺脇加恵は結婚した旦那や子供はいる?

現在大変忙しくされている寺脇加恵さんですが、

いろいろ調べたところ、

結婚されているという確実な情報はないものの、

「週末はパートナーと料理をつくることが楽しみ」

とインタビューにて回答されていました。

彼氏なのか旦那様なのか定かではありませんが、

お相手の方がいらっしゃるということでしょう。

またお子さんについても公表はありませんが、

お子さん向けのイベントを開催されていますし、

子供好きなのではないでしょうか?

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!