田中美奈(ウエイトリフティング)の身長体重と高校は?練習方法がスゴイ!



ミライ☆モンスター出演の田中美奈さんは、

ウエイトリフティングを始めて2年弱で

高校日本一に輝くとともに、

ピアノや書道の腕前も素晴らしく妥協しない

スーパー女子高生です!

そんな田中美奈さんの身長や体重と

ウエイトリフティングの成績について

まとめています!

田中美奈の高校や年齢などのプロフィール

田中美奈ウエイトリフティング

出典:四国NEWS

名前:田中美奈(たなか みな)
生年:2001年or2002年
年齢:17歳or18歳
中学:香川県立香川第一中学校
高校: 香川県立香川中央高等学校 
競技:ウエイトリフティング

田中美奈さんは香川中央高校の3年生で、

ウエイトリフティング部に所属。

1991年創部でこれまでに5人もの選手が

日本一に輝いた実績がある強豪校です。

現在、ウエイトリフティングで高校日本一に

輝いた実績を誇る田中美奈さんですが、

元々は、

小学校・中学校までは柔道で鍛えていたようです。

中学校1年生では香川県大会で優勝!

高校入学後にウエイトリフティング部の顧問であり、

クラス担任だった

大塚一樹先生に誘われて

ウェイトリフティングを始めたとのこと。

高校でウエイトリフティング部があるところは

珍しく、当時、実はそれほど柔道が好きではなかった

田中美奈さんは、

他のスポーツをするチャンスと思ったのだそうです。

田中美奈の身長や体重は?

田中美奈選手の身長や体重は今現在、

公表されていないようですが、

ミライ☆モンスターの中で紹介されるかもしれません。

画像で見る限り、柔道をされていたということで、

かなり体格に恵まれていますね!

ウエイトリフティングでは71キロ級で

エントリーしており、

体重は70.75㎏くらいのようです。

身長は、他の女子選手と比べて

特別大きいようには見えませんね。

(画像左端)

出典:ksb5ch

出典:ksb5ch

後方の左から4番目が田中美奈選手です。

ミライモンスターの中で、

身長157.5㎝と公表されましたね!

田中美奈のウエイトリフティングの成績は?

高校に入学後からウエイトリフティングを

始めた田中美奈さんは、競技歴2年弱ですが、

すでに全国1位を3度も経験しています!

【2018年】
・第33回全国高等学校競技選抜大会69キロ級 3位
・全国高等学校女子ウエイトリフティング競技選手権大会 69キロ級 3位
・四国高校選手権 69キロ級 1位
全国選抜大会  69キロ級 1位

【2019年】
第34回全国高等学校競技選抜大会 71キロ級 1位
・四国高校選手権 71キロ級 1位
全国選抜大会 71キロ級 1位
・第79回全日本ウエイトリフティング選手権4位

そして2019年5月の

全日本選手権で高校生初優勝を目指し、

スナッチ87㎏、クリーン&ジャーク111㎏ 合計198㎏で4位でした!

高校生の中では断トツでトップですし、

社会人と大学生の中でこの成績はスゴイですね!

出典:四国新聞

さらに、2019年の6月に行われた四国高校選手権では、

スナッチ90kg、ジャーク112kgで

両方自己ベストを更新すると共に、

日本高校新記録を樹立!!

元々強かった脚力に加え、

冬場には上半身も鍛えたことで安定感が増したという

田中美奈選手。

まだ高校生ですし、伸びしろがあるので、

東京五輪以降のオリンピックが楽しみですね!

そんな田中美奈選手ですが、

ウエイトリフティングで好成績を残しているのは、

意外な習い事で培われた精神力でした!

田中美奈がウエイトリフティングで強い理由は書道&ピアノ?

ウエイトリフティングというパワー勝負の世界で

好成績を残す田中美奈選手ですが、

実は書道やピアノを幼少のころから、

今現在にいたるまで続けているとのこと。

習い事を10年も続けるというだけでも

田中美奈選手の真面目さがわかりますね。

書道は、中学校の時に、

JA共済連会長賞・銅賞 、

高円宮杯で奨励賞も受賞されています!

ウエイトリフティングで腕を酷使し、

辛い日もありますが、必ず練習するんだそうです!

出典:social.ja-kyosai.or.jp/data/28.pdf 

さらにピアノも週1回はレッスンに通い、

スラスラと弾けるので、

スゴイです!

ウエイトリフティング、書道、ピアノ、

そのどれに対しても手を抜くことなく、

練習に励んでいるんですね!

このように習い事に妥協しない姿勢が

普段のウエイトリフティングの練習にも

活かされているようで、

40分もバーベルを上げ続けるという

過酷な練習の中、

軽くしようと思えばいくらでもできるなか、

田中美奈選手は、自分が決めた目標の重さで

バーベルを持ち上げる練習を必ず達成するように

しているんです!

さらに、顧問の先生の個人に合わせたフォームについての

アドバイスをメモに書き込み、研究しています。

この姿勢は大会でも活かされているでしょうね!

バーベルを持ち上げるのは、

技術やパワーも必要でしょうが、

精神力も絶対に必要だと思うんです。

普段の練習から、

「今日はこのくらいでいいか」

みたいな妥協をしていたら、大会でも

ふと弱い心が出て、結果を出せないと思うんですよね。

田中美奈選手は書道やピアノを通じて、

物事に集中して取り組む、

妥協せずにコツコツと自分の最大限の力を常に発揮できるよう

努力することが身についているのでしょう。

教えてできることではないですから、

素晴らしいですね^^

御両親の教育方針などにも興味があります。

向上心のある田中美奈選手は、

自分の出来ていないところを冷静に分析していて、

「まだひじのきまりが悪いところがある。

結果を残せるよう、たくさん練習していく」

と、次の課題を見つけています。

素人目にはバーベルを持ち上げたと思っても、

審判にしっかりと認められなければ結果につながらないので、

練習が必要なんですね。

体格に恵まれ、

真面目に練習に取り組める田中美奈選手ですから、

近いうちに全日本選手権でも優勝するかもしれませんね^^

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!