田中亜弓の年齢や大学と経歴は?ペットの里保護施設を作る理由や里親の費用は?



坂上どうぶつ王国で岩手県にある世界一の

動物保護施設、ペットの里代表の田中亜弓さんが

出演されています。

ペットの里では保護された動物の里親のことを、

里人というのですが、

里人になる方法や施設を作ろうと思った

田中亜弓さんの経歴について調べてみました。

田中亜弓さんの年齢や出身などのプロフィールは?

Twitterより出典

名前  :田中亜弓(たなかあゆみ)
生年月日:1971年1月1日
年齢  :47歳
出身  :福井県三方郡
高校  :福井県立美方高校
大学  :國學院大學
職業  :一般社団法人日本元気丸 理事
:一般財団法人ペットの里代表理事

現在47歳の田中亜弓さん。

出身は福井県ですが、今現在は岩手県で

世界最大の規模の動物保護施設ペットの里の

代表理事を務めていらっしゃいます。

田中亜弓さんはエリートの道を捨てて、

ペットの里を建設されたと坂上動物王国では

紹介されていますね。

ご実家は神社ということで、

福井県三方郡の神社を調べたところ、

彌美神社の住所が、

【福井県三方郡美浜町宮代7字森下2】で、

宮司さんが

【田中雅実】という同じ姓でした。

お写真を拝見する限り、

年齢的にお父様なのかな?と思います。

高校は地元の進学校の福井県立美方高校で、

大学は國學院大學に進学されている田中亜弓さん。

ご実家の神社のお手伝いや宮司ではなく、

違う職業についたようです。

どのような経歴の方なのでしょうか?

田中亜弓さんの経歴は?

田中亜弓さんは、大学卒業後、

広告代理店、IT企業等で営業に従事されていました。

その後、

「何かおもしろいことをやりたい」

という思いで、

経営者団体「日本元気丸」の創業時理事として

立ち上げから参加。

子供の頃からの夢の実現に向けて、

12万坪の土地を購入し世界最大級施設

2014年3月11日、一般財団法人

「ペットの里」を設立。

20年以上住み慣れた東京を離れ、

ペットと共に生きることを決意され、

岩手県に移住されています。

ペットの里を作った理由は?

保健所などで保護されている動物たちの多くは、

引き取り手が見つからない場合、

多くは殺処分される現状です。

全国の保健所などで2017年度に殺処分された

犬と猫の数は4万3227匹

近年の動物愛護団体の活動により減少傾向になるものの、

まだまだ多いんですね。

行き場を失った動物たちをなんとか救いたい。

殺処分なんてない世の中にしたい、

という田中亜弓さんの幼いころからの強い想い・・・。

その命を守る事を目的として田中亜弓さんが代表となり、

立ち上げたのがこの「ペットの里」です。

田中亜弓さんは、

人の勝手で捨てられてしまう犬やネコを保護し、

もう一度人と動物が一緒に幸せになることを目標に

ペットの里をつくられました。

ペットの里は、

ベルリンの動物保護施設(ティアハイム)の約2倍の12万坪という敷地面積を誇り、世界最大級のペット関連施設です。本施設は、一般社団法人ペットの里が、全国各地で活動しているシェルターの方々と連携し、東京オリンピックまでに殺処分ゼロを目指す『ZERO JAPAN(ゼロジャパン)プロジェクト』を象徴する施設となります。

出典:PRTIMES

2020年までに犬8000頭、猫4万5000匹の保護を

目標とし、

高齢者や子どもが気軽に動物と触れ合える場を提供するほか、

社会的弱者の雇用を促進にも貢献していくのだそう。

田中亜弓のペットの里の場所はどこ?

ペットの里は岩手県にあります。

詳しい場所はこちらです^^

ペットの里

所在地:〒020-0682岩手県滝沢市鵜飼臨安102番地

お車の場合:東北自動車道 盛岡I.Cより15km 約15分
秋田・雫石方面直進、小岩井方面へ右折 小岩井農場通過後右折約5分

滝沢I.Cより約7.5km 約15分
岩手山方面直進、岩手山神社を左折後雫石方面直進、バス停留所を左折

電車の場合:盛岡駅→小岩井駅 田沢湖線(下り)約11分

ペットの里で里親になる方法や費用はかかる?

ペットの里では会員制度を設けており、

会員として田中亜弓さんのこの活動を支える方を

ペットの里の住人「里人(さとびと)」と呼んでいます。

ペットの里の里人になるとできること

月々1口1,000円からの会費納入で里人になれます。

里人になると、

①約5000坪ドッグランをいつでも無料で使える。

②健康上の理由でどうしても飼えなくなった
ペットの新たな里親探しを委託できる。

ペットの新たな里親は高齢者にお願いすることも多いようです。

これは、

少子高齢化の現在において、元気な高齢者の方々が

いかに活躍してくださるかが大きな課題と考えた時、

ペットを家族に迎えることで、

病院通いが犬の散歩に替わり、

一人で過ごす時間が少なくなり、

認知症や要介護状態の軽減となるのではないか?

という高齢者への社会的参加と健康への観点からなのだそうです。

こういった観点から高齢者に里親をという考えが

素晴らしいアイデアですね。

里親になるための条件や費用は?

その里親になるための条件ですが、

その動物の生涯にわたっての飼い主になるので

慎重な手順が踏まれています。

譲渡費用として治療費および諸費用で、

一律1万円かかることと、里人会員になること

(会費:月額1,000~) がまず前提です。

手順としては、

①譲渡基準の確認
ペットの里が定める譲渡基準に則してヒアリング。

②代表 田中亜弓さんとの面談
(譲渡をお断りさせていただく場合も。)

③譲渡前講習の実施
国の定める資料に基づき、
20分程度の講習会を受ける。

④トライアルの開始
2週間の目安にトライアルとして共に生活。

⑤訪問 → 誓約書へのサインおよび支払
トライアル終了時にスタッフがお宅へ訪問し、
ご家族の様子ならびに譲渡動物の飼育状況など確認。
双方相違がなければ、誓約書の内容を確認し署名。

詳しくはこちら!

里親になるには

また会員にならなくとも、活動を支援するために、

物資の支援や寄付金の募金もできます。

田中亜弓さんの活動をみて支援してみたいという方は、

こちらのHPを見てみてくださいね^^

ペットの里HP

ペットの里 寄付について

ドッグランの一般開放は土日のみですが、

見学は平日も随時受け付けています。

(開所時間は11時~17時)

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!