高梨智樹のドローン撮影料金や年収と高校は?レースの賞金や機種価格も!



ドローン空撮のプロ、高梨智樹さんの

ドローン撮影依頼料金や年収と使用機材や、

高梨智樹さんが出場した

ドローンレースについて調べてみました!

一般的にドローンを飛ばせない場所でも、

飛行させることができる国内で唯一の許可も、

国土交通省から取得したという高梨智樹さんは、

空撮依頼が絶えないのだとか!

高橋智樹さんの年齢や出身などのプロフィール

出典:情熱大陸HP

名前:高梨智樹(たかなし ともき)
生年:1998年
年齢:20歳
出身:神奈川県生まれ
趣味:無線・踏切を見に行くこと

高梨智樹さんは、幼いころから身体が弱く、

ディスレクシアという識字障害を抱えているため

自宅に引きこもりがちだったそうです。

そのため、高梨智樹さんは、

小学校中学校時代の当時の自分を

「友達は少ない方だしスクールカースト最下層だった」

と振り返っています。

ディスレクシアとは?

ディスレクシアとは、

知的にはまったく問題ないにもかかわらず、

「読み書き」に対して、

不自由さを抱えていることで、

トム・クルーズや

スティーブン・スピルバーグが

カミングアウトしたことでも

話題となった学習障害です。

一見何も障害が無いように見えるので、

周囲の人は気が付きにくいんですね。

高梨智樹の経歴は?

読み書きが苦手だったことから

徐々に引きこもり傾向にあった

高梨智樹さんのことを心配者した父親は、

ラジコンヘリコプターを

高梨智樹さんに勧めました。

ラジコンを飛ばすには外に出なければならないから

なのでしょうね。

外の空気に触れることだけでも気分は違うでしょう。

さらに、中学時代に

動画サイトにアップされていた

ドローンの迫力映像に衝撃を受けて

「楽しそうだ、やってみよう」

と思ったのだそうです。

今から6年くらい前は、

現在のような完成品の販売はなく、

インターネットなどで調べて

パーツを一つひとつ取り寄せて組み上げたというから

スゴイですよね!

人とかかわるのも苦手な高梨智樹さんですが、

意を決して16歳で

国際ドローンレース「World Drone Prix In Dubai」

の日本選考会に初出場し、

レース歴わずか半年で国内大会に優勝して

日本代表に!

この選考会は一般的なドローンレースとは

異なり、

各パイロットがフライトをした際の

ドローン視点の映像やその他アピール映像などを

本部・ドバイに提出し、選考を受ける形式で、

タイムアタック制ではないそうです。

つまりドローンの操縦や撮影技術がかなり

重要視されるということでしょう。

わずか半年の経験で優勝してしまうとは

才能が溢れていますね!

ちなみに、

世界各地で行われる選考会を勝ち抜いた

32チームが招待される

国際ドローンレース「World Drone Prix In Dubai」

の本大会の賞金総額は、

100万ドル(約1億2000万円)とのこと。

さらに、

2018年には韓国での世界大会

「DRONE SPORTS CHAMPIONSHIP 2018」

にも出場するなど国際大会も含め、

数々の実績を持っています!

その詳細はこちら!

【2016年】

2月  World Drone Prix in Dubai日本選考会 優勝
3月  World Drone Prix in Dubai(ドバイ) 出場
6月  JDRA ハワイ大会予選 in仙台      出場
12月 JDRA 四国大会 in 徳島       準優勝
12月 JDRA 四国大会 目視部門 in 徳島  優勝

【2017年】
2月 JDRA チャンピオンシップ      決勝進出
3月 JDL ISHIGAKI Drone Race in 石垣島  出場
3月 Drone Impact Challenge(幕張)    優勝
7月 Make Faire 西安 in中国       準優勝

【2018年】
3月 JDRA 林間レース            3位
5月 JDL 福岡大会             3位

出典:出典:http://w-up.co.jp/drone.php

その技術力を見込まれ、

テレビ局や名だたる企業、災害時には行政など、

さまざまな団体から空撮依頼が絶えないというから、

スゴイ技術なんですね!

高梨智樹の高校は?

高梨智樹さんは、「DO-IT Japan」という、

障害や病気のある子どもたち、若者たちが

オンライン教材や

パソコンによる読み上げ機能、代筆などを使い、

学ぶプログラムに参加しています。

自分自身や障害についての理解を深め、

周囲に自らのニーズを適切に説明する力や

配慮を得ていく方法を身につけることが出来るんだそう。

ここは高校ではないので、

こういったプログラムに参加しながら、

ディスレクシアに理解のある高校で

授業を受けていたのかもしれませんね。

勉強熱心な高梨智樹さんは、

大学進学も視野に入れていたようですが、

父親の助言を受けて、

起業をして視野を広げてから大学に入学をしても

良いのではないか?

と思い、2017年18歳の時に、

市内戸室の自宅前を事務所とし、

父と二人三脚でドローンの空撮や

映像編集などを行う会社『スカイジョブ』

立ち上げています。

高梨智樹さんの頑張りはもちろんですが、

息子の苦手な分野を補える環境を整え、

得意な分野を伸ばすようにサポートする

父親も素晴らしいですね^^

今の目標は、

「会社はトップシェアを目指し、

レースでは世界で戦えるように。

他の人ができないことを進んでやっていきたい」

のだそうですよ!

もう引きこもりではありませんね!

むしろ未来に向けて希望をもち、

やりがいに満ちているのではないでしょうか?

高梨智樹のドローンの機種や値段は?

高梨智樹さんの会社、

スカイジョブが使用するドローン(使用機材)は

こちらです。

■DJI INSPIRE 2 \336,800円〜

出典:スカイジョブHP

【飛行スペック】
●全長 対角線:605mm ※プロペラを含む
●フライト時重量 4.0kg (バッテリーを含む)
●最大飛行時間 約27分
●動作環境温度 -20℃~+40

操縦者が移動しても移動先を
ホームポイントとして更新するという高性能!
緊急着陸時の帰還地点を常に安全に確保します。

■Mavic Pro \194,000円〜

出典:スカイジョブHP

●全長 対角線:340mm
●重量 0.74kg
●最大飛行時間 約27分
●動作環境温度 0℃~+40℃

高度な技術が搭載されたDJI史上
最もコンパクトな最先端の
4Kカメラで業務用空撮が可能

さすがプロ仕様ですから、

値段も我が家にあるおもちゃもようなドローンとは

違いますね^^

今はかなりコンパクトなドローンも出てきていて、

手のひらサイズで気軽に遊べるものもあるんですね!

高梨智樹のドローン撮影依頼料金は?

高梨智樹さんにお仕事を依頼すると、

撮影料はどのくらいなのでしょうか?

スカイジョブHPに料金が掲載されています。

基本料金(5時間まで)
撮影料金(撮影機材一式使用料、操縦オペレーター、飛行安全要員人件費を含む)
※撮影機体:INSPIRE 2(4Kビデオ対応、静止画16メガピクセル)
¥168,000

カメラオペレーター 兼 撮影アシスタント人件費 (5時間まで)
¥27,000

合計¥195,000

オプション
映像の編集:¥80,000〜(税別)
webページ作成:¥100,000〜(税別)

3日以上の連続撮影では5000円引きになるようですね。

ドローンの撮影を依頼するとき、

依頼者が価格以外に重視したいのは、

やはり品質でしょうから、価格に見合った映像を

撮ることはなかなかのプレッシャーではないでしょうか?

高梨智樹はドローンパイロットで年収は?

 

ドローンパイロットの平均年収は、

ドローンの専門サイトによると、次のようになっています。

・測量技術者:350万〜600万円
・太陽光発電所保守要員:300万~550万円
・ドローンスクール技術指導員・講師:276万~450万円

ドローン操縦士の年収は、
平均して300万~530万円、
月収ベースではおおむね20~30万円という割合です。

出典:ドローンスクールナビ

年収一億円のドローンパイロット、

請川博一氏などもいらっしゃいるようですが、

平均的なサラリーマンと同じくらいか、

やや厳しいお給料のこともあるようです。

高梨智樹さんは、

メディア向けに空撮業務を行い、

一般的にはドローンを飛ばせない場所でも

一部を除き飛行可能とされる

特別な許可を国土交通省から取得しており、

災害時には行政からの依頼で

災害状況を把握するための映像撮影なども行っていますし、

「異才発掘プロジェクト ROCKET」

というイベントにて講師も務めるなど

ドローンレースの枠に収まらない活動を

されています。

ですので平均的なドローンパイロットよりも

年収は多いかもしれませんね。

かつては、ドローンレースチーム「JAPRADAR」と

スポンサー契約をされていたようですが、

2018年8月で契約解除されています。

 

大会で規定外のことをされたようですが、

どんなことだったのかは不明です。

ドローンパイロットとしてトップ技術をもっていますし、

これからさらに発展する分野でもありますので、

また新たなスポンサーがつくかもしれませんね^^

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!