タテオ(天空の森オーナー)のリゾート宿の場所と建設費!泊まったセレブは?





タテオさん(田島健夫)は奇跡のリゾート

天空の森オーナー!

「激レアさんを連れてきた」では、

自力で”10年かけて100万本もの竹を切り、

世界中のセレブが訪れる奇跡のリゾートを

作った”破天荒な天才経営者。

として紹介されています。

田島健夫さんの経歴とともに、

天空の森の建設費や宿泊した

セレブ・芸能人についても調べてみました!

田島健夫の年齢や大学などのプロフィール

出典:一休

名前:田島健夫(たじま たてお)
生年:1945年
年齢:74歳
出身:鹿児島県牧園町妙見温泉の湯治旅館
大学:東洋大学
職業:雅叙苑観光社長
「天空の森」「忘れの里 雅叙苑」「湯治場たじま本館」オーナー。

1945年:鹿児島県霧島市の湯治宿の次男として誕生
1967年:鹿児島市内の金融機関に就職するも退社
1970年:旅館「雅叙苑」を創業。
1975年:古民家を移築し「忘れの里雅叙苑」の営業開始
1993年:山を買い取り開墾 「天空の森」の計画を開始
2004年:天空の森」が完成

田島健夫の経歴は?

1945年、鹿児島県牧園町妙見温泉の

母が営む湯治旅館に生まれた田島健夫さんは、

東洋大学を1968年に卒業。

銀行務めたものの、銀行員には向いていないと思い、

すぐにに辞めたそうです。

そして、

1960年代後半、北九州屈指の観光地だった

鹿児島県霧島市には、

ブームとなった新婚旅行で訪れる夫婦が殺到。

田島健夫さんははこれを商機と捉え、

母親が経営する湯治場の近くに、

木造2階建ての旅館「雅叙苑」を開業しました。

しかし、客は全く来なかったといい、

お箸も作ることが出来ず、

竹を切ってお箸としてお客様に使ってもらったといいます。

そんな頃に仕方なく受け入れたのが、

近くの発電所の工事に来ていた作業員。

田島健夫さんは宿を1泊3食付きで3500円

という激安宿へと変えました。

すると、いつしか宿では

「女はいないか!」「お酌をしろ」という

無謀な要求が飛び交うようになり、

果てはストリップの出張サービスが

行われる宿になっていったそうです。

田島健夫さんの母が営んでいた旅館とは

かけ離れた理想とは違う宿の姿に、

田島健夫さんは、

「求められるサービスは、客によって変わる」

と痛感。

そして、悩み考えた末に、

田島健夫さんは理想の旅館の姿を実現しようと決意。

特別な観光名所もない場所ですが、

都会に行った若者たちもいつかきっと

戻ってくる日があると信じ、

そのために語り継ぎたくなる故郷を作ろうと、

移築をしようと考えた田島健夫さん。

そこで、

「都会にない、故郷のような風景を

客は味わいに来るのではないか」という思いを

形にした新たな宿で、

南九州の風景が再現された宿を目指し、

方針を180度転換させました。

朽ち果てようとしていた茅葺きの古民家を

次々に移築し、

全く新しいコンセプトの宿

「忘れの里・雅叙苑」をオープンさせ、

人気旅館を作り上げていきます。

1978年には日本で極めて速いタイミングで

客室に露店風呂を設置。

高級旅館でみられる

客室の露天風呂をリビングルームで包んだ

「お風呂リビング」を考案し、

日本の従来ある旅館に姿を革新的に変えていきました。

出典:雅叙苑

天空の森をつくった理由は?

ここまででも旅館の経営者として

十分に成功されている田島健夫さんですが、

「リゾートとは人間性回復産業である」を信条に、

「人が絶対にマネできないものを創造しよう」

と「天空の森」を開業しました。

土地を探すだけで7、8年もの歳月を費やし、

空港に近いことや温泉があることから

買収を決めましたが、

当時100人くらいの地権者を自ら説得して回りました。

そして1992年(平成4年)、

3万坪の山を購入したオーナー田島健夫さんが、

自らチェーンソーを手に100万本もの竹を

1本1本切り倒し、

木々を伐採・植林しながら道を造り、

水道を引き、電気を通して温泉も確保!!

もちろん地域の人々にも支えられながら、

自分たちの手で一から造り上げました。

出典:天空の森HP

田島健夫の【天空の森】の場所は?

田島健夫さんが経営する「天空の森」は、

鹿児島空港からタクシーで20分、

人口7400人の過疎地、

鹿児島県霧島市の牧園地区にあります。

360度見渡せる里山では四季折々の植物が

出迎え、

テラスにある露天風呂からは霧島山の美しい

景色が一望できます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TENKUさん(@tenkunomori)がシェアした投稿

料理には、食材の90%以上を自給自足で、

自家菜園で採れた無農薬野菜や、

放し飼いで育てる薩摩地鶏を使用。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TENKUさん(@tenkunomori)がシェアした投稿

そして、天空の森は、

東京ドーム13個分の敷地に、5部屋しかありません。

隣の宿泊客の気配さえしないという広さで

温泉に浸かり、出てはまた湯に浸かることが出来るので、

二度三度と繰り返しているうち、

服を身につける理由が見当たらなくなるそうです。

だからここでは「裸」が正装。

お客様の社会的立場や役割など、

肩書きも全て下ろしてピュアな

自分に戻ることができるんですね。

その部屋は、なんと1泊20万円!

5棟の内2棟は日帰り専用ヴィラで「野遊び」も体験できます。

残り3棟は宿泊専用だそうです。

「天空の森」に来るお客様は、

一流のモノは大抵体験されたという

裕福な方が多いそうですが、

「天空の森」に来ると、

お金があることが果たして幸せなのだろうか?

という問いに直面し、

豊かさとは決して“豪華である”ことではない

と気付かされるといいます。

出典:天空の森HP

天空の森
所在地 :鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4230
創業  :1970年
運営施設:田島本館 忘れの里雅叙苑 天空の森
従業員数:約40人

0995-76-0777
受付時間9:00-22:00
年中無休
HP:https://tenkunomori.net/

田島健夫の【天空の森】料金は?

出典:天空の森

宿泊料金(1名あたり)は

5つのお部屋(ヴィラ) で若干違うようです。

【天空】
¥250,000〜(1泊2日)2名1室
¥190,000〜 3名以上

【茜さす丘】
¥200,000〜(1泊2日)2名1室
¥150,000〜 3名以上

【霖雨の森】
¥150,000〜(1泊2日)2名1室
¥120,000〜3名以上

【お子様料金】
0〜5歳                    :無料
6歳〜12歳(小学生)    :¥50,000
13歳以上                 :大人料金

日帰り料金は、

4時間:¥30,000
6時間:¥40,000

【お子様料金】
0〜5歳       :無料
6歳〜12歳(小学生):大人料金の50%
13歳以上      :大人料金

田島健夫の【天空の森】建設費は?

出典:天空の森

18万坪の敷地を使ったリゾート地の

建設にはどのくらいの金額がかかったのでしょうか?

天空の森がある、

鹿児島県霧島市牧園町宿窪田の

土地価格相場は、今現在で

0.9 万円/㎡、2.9 万円/坪

天空の森は約600,000㎡、18万坪なので、

土地価格は、

522,000円~540,000円くらいかもしれません。

またビジネスホテルの建設費の相場は、

現在、一室あたり、600万ぐらいとのこと。

天空の森はビジネスホテルではないですし、

ヴィラのすぐ隣には厨房があったりと、

1000万円くらいはかかっているかもしれません。

それが5つあるのですから、

やはりそれなりに金額がかかっていますね。

【天空の森】に宿泊したセレブや芸能人は?

非日常の空間の天空の森に宿泊したセレブ、芸能人には、

医師の友利新さん、

芸能人では、

山下達郎さん、長渕剛さん、アンジャッシュ渡部さん 

堀江貴文さん 

などがいます。

また、

忌野清志郎さんは年に1回ライブを

開催されていてかなりお気に入りの場所だったとか!

また、田島健夫さんの次女が女将を務めている

「忘れの里 雅叙苑」にも

B’zの稲葉さんや木村拓哉さん、黒木ひとみさんなど、

多くの芸能人が訪れているようですね!

芸能人はプライベートがあって無いようなもの・・・。

1人一山くらいのレベルで空間を満喫できる

このような場所ならば、

落ち着いてせるでしょうね^^

人間の原点を見つめ、素になれる場所なら

セレブは高級リゾートに喜んでいくでしょう^^

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!