新元号を書いた人は内閣府官房人事課辞令係の誰?平成は河東純一が墨書に!






スポンサーリンク

内閣府官房人事課辞令係の政府職員が

新元号を揮毫(きごう)し、

菅義偉官房長官が墨書を掲げる形式を採用する

ことが決定されています。

平成では、書家の河東純一氏が書いたのですが、

今現在は退官されており、

埼玉県にて書道教室を主宰されています。

内閣府官房人事課辞令係とは?

新元号の発表は、

4月1日午前11時30分菅官房長官から

発表されることが決定しています。

今回の発表方法に関する質問には、

墨書を官房長官が掲げる形式を採用する方針とのこと。

出典:NEW ポストセブン

この墨書を書いた人物は、

内閣府官房人事課辞令係という公務員なんです!

通常の国家試験を経てのお仕事ではなく、

主な仕事が

官記、位記、辞令、表彰状など、「字を書く」

専門の国家公務員として採用されます。

官記とは具体的には、

親任官:内閣総理大臣・最高裁判所長官

認証官:国務大臣・最高裁判所判事・特命全権大使

などの任命書の作成ですが、これには

天皇陛下自らもご署名し、任命式は宮中にて行われる

大変厳格なもの。

官記、辞令には古来より定められた書式があり、

その中で調和のとれた辞令を作製するのは、

中々大変なことなのだといいます。

ですので基本的には、デスクワークが基本で

書道の先生などが任官されます。

河東純一氏の経歴は?

出典:notesontypography

名前:河東 純一(かとう じゅんいち)
生年:1946年
出身: 茨城県
高校:大東文化大学第一高等学校
大学:大東文化大学文学部卒業
趣味:写真撮影、釣り
職業:書家
所属:朝聞書会、東方書道院、東京書道会

大東文化大学第一高等学校在学中に書家を志し、

毎晩100枚近く書き続けるなど修練を重ねた

河東純一氏は、

昭和49年12月総理府に採用され、

以来大臣官房人事課辞令係を担当

就職後、帰宅してもまた筆を持って練習されていたそうです。

1980年(昭和55年)に前任者が退官したことから、

後任の辞令専門官に就任

2007年(平成19年)3月31日付で

定年退官までの30数年間に、

約20万枚以上の官記や位記、辞令書などを揮毫され、

1989年(昭和64年)1月7日の改元に際しては、

当時の総理大臣官邸の記者会見場で、

内閣官房長官小渕恵三が掲げた

『平成』の揮毫も担当されました。

田中角栄氏から小泉純一郎氏まで17人の代筆をされ、

自分の名より首相の名の方を数多く書いたというから、

大変なお仕事ですね!

また、国立公文書館の館名も河東純一氏によるもので、

退官後は埼玉県川越市の自宅で書道教室を主宰され、

河東純一氏の書はさまざまな

場面で用いられているようです。

河東純一が元号を書いたのはパイプ椅子?

河東純一氏が新元号の準備を命じられたのは前年秋で、

テレビカメラに墨書で示すということで、

額が用意されたそうです。

そして半紙に書くのとは勝手が違い、

墨の乗りがまるで違うため、

職場にあった奉書紙という和紙を使って

自宅で何度も「明治」「大正」「昭和」と練習されたそうです。

そしていざ発表の日!!

発表まであと40分というところで、

小さなメモを渡され、

作業台の山積みの書類をどかした場所に、

パイプいすが置かれて書いたそうです。

座ると台が少し高く、ひじが上がるこの状態で

4枚を書き、そのうちの4枚目の墨も乾かぬうちに、

運ばれていきました。

河東純一氏は決して環境が整った場所ではないところで、

『平成』の文字をかいたんですね!

今回の新元号ではどんな舞台裏があるのでしょうね!

新元号を書いた現在の内閣府官房人事課辞令係は?

報道では政府職員の書家が

新元号を揮毫(きごう)すると発表がありました。

ですので現在の内閣府官房人事課辞令係は

誰なのか気になるところです・・・・・。

が、情報が見つからず( ;∀;)

でも発表の時には記者団からの質問があると

思いますので、今後のニュースを待ちたいと思います。

まさかまさかの河東純一氏が再び新元号の

筆を執るなんてことも・・・?

期待してしまいます。

菅義偉官房長官が墨書を掲げる理由とは?

報道では、

前回の「平成」改元時を踏襲し、

菅義偉官房長官が発表する。

とされていますが、

そもそも「平成」の改元時、内閣官房長官だった

小渕恵三氏が発表したのはなぜだったのでしょうか?

調べてみると、当時の首相を務めていた

竹下登氏が、親族にこう言っていたそうです。

『本音では自分がやりたかった。でも、

《改元については官房長官だった小渕さんが

あまりに熱心に取り組んでいたから》』

「俺は後世に名前が残るが、小渕は顔が残る」

出典:Yahoo news

「手柄は他人に」というのが

竹下総理のモットーのようですね^^

後に孫でタレントのDAIGOさんが、

あの色紙を持って「うたばん」にテレビ出演した

ことがありましたが、

これ。家にあったらマズくないか?と家族で話し合い、

本物は国立公文書館に保存され、

コピーがDAIGOさんの実家にあるようですね。

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


スポンサーリンク

フォローする

error: Content is protected !!