清水寅(つよし)が寅ちゃんねぎを作った理由や経歴!真のネギの通販購入は?





「所さんお届けモノです!」では、

山形県天竜市で寅ちゃんねぎ「真のねぎ」

を栽培する初代葱師の清水寅さんが出演!

元々は農家ではなかった清水寅さんですが、

一から農業について学び、

大人気の寅ちゃんねぎの栽培に成功!

その経歴やねぎ作りにかける熱意などが凄いんです!

清水寅さんの年齢や家族などのプロフィール

清水寅

出典:Instagram

【氏名】清水 寅(しみず つよし)
【生年】1980年生まれ 
【年齢】38歳or39歳
【家族構成】妻・長女・次女
【出身】長崎県

清水寅さんは、ネギ作りのエキスパートとして

自ら「初代葱師」を名乗っています。

清水寅さんのインスタからは、

ネギ愛が溢れていますね~。

背中にネギを背負うのは、

清水寅さんの寅ちゃんねぎの定番の

パフォーマンスのようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

やっぱ葱似合うわ! #世界で一番葱が似合うやつ #初代葱師 #ねぎびとカンパニー

初代葱師さん(@negibito)がシェアした投稿 –

でもこれって、普通のネギではこんなに

背中から頭を突き抜けて行かないのでは?

寅ちゃんねぎが太く、緑の葉の部分が多くて

立派なネギだからこそ

インスタ映えするんですよ~!!

清水寅さんの経歴が凄い!

長崎県出身の清水寅さんは、

長崎に支店のあった金融会社の地元で就職し、

転勤先の北海道では営業成績日本一に!

その手腕を見込まれ、東京本社へ異動。

なんと20代でゴルフ場やホテルなどの

7つの関連会社の社長を務めたという

経歴があります!

20代で7つの会社の社長を務めたとは

スゴイですね!

大成功を納めていた清水寅さんですが、

なぜ、経験されたことのない農業にわざわざ

足を踏み入れたのでしょうか?

それには清水寅さんのポジティブな

思考が関係ありそうです。

清水寅さんはなぜ農業を?

清水寅さんが、

農家へ転身することになったきっかけは、

年末年始の集まりでJAに勤める親戚から

『農業界を元気づけるために、農家やんないか?』

と誘われたから。

だそうです。

普通だったら、すでに7つの会社の社長を

任されていたのですから、

農業をやろうとはなかなか思わないですよね。

ファームの社長として経営するだけではなく、

一から作物を育てるのは、

専門的な知識や技術が必要ですから、

ものすごく勉強しなければなりません。

いくら親戚に頼まれたからといって、

これまで積み上げたキャリアを捨てて

挑むのは勇気がいることですよね。

しかし、清水寅さんは、

これまでの職歴のなかで、

負債のあった会社の経営を立て直してきた

という実績があったので、

農業でも出来るだろうという自信があったのだそうです。

1年後には妻と共に移住を決め、

何もわからないまま農業の道へ進むことにした

清水寅さんは、

どの作物がいいかと策を練り、

“3年で日本一になる”という目標に

一番近づけそうだと算段したねぎ栽培に決めました。

清水寅さんがネギを栽培するのはなぜ?

清水寅さんが、「3年で日本一になる」と

決めた時、

まず、山形で有名なさくらんぼや

ラ・フランスでは勝負にならないと思ったそうです。

もうすでにその味にこだわって

作っている方がたくさんいるので

3年では日本一にはなれないと踏んだのですね。

そこで、刻んで食べられて

味で評価がされにくいもの、

ということで、

ネギを選んだそうです。

ネギってのは”味”が分かりづらい。
私たちはわかるが、素人では品種までは特定できない。

市場評価の対象は”形”なのだ。
味で勝負したならば、何十年もかかるだろう。

しかし、私が作るネギは太く、アリシンという物質が多く、熱するとすごく甘い。
ここは想定外だった。
情熱がある作物は美味しくなるものです。

引用:寅ちゃんブログ

ねぎは作り上げてから、

畑に置いておける時間が長い、

など、

他にも細々とした理由はあるようです。

最初は農業の素人ですので、

ねぎ栽培技術者に弟子入りし、

ノートと鉛筆を持って先生の畑に向かい、

毎日100個を超える質問をする日々。

朝から晩まで作物と向き合って、

家族よりもネギと会話する時間の方が長かったのだとか!

日々トライ&エラーを繰り返し、

とにかくアイデアを出し続けて、

1年で他の人の10年分くらい試したのだそうです。

「3年で日本一」という目標のもと、

日々の努力で経験を積み、

新規就農2年目にネギの栽培面積が

新規就農者最短として日本一に!

また2015年には糖度19.5度、

2017年には糖度21.6度の葱を創りあげ、

ネギの出荷量は年間5万ケースを超えるという

偉業を達成されています!

「所さんお届けモノです!」では、 寅ちゃんねぎの中でも 約1万5000本に1本しか収穫できない、 山形県天竜市の幻の“真のネギ”を紹介...

清水寅さんのネギの通販購入方法は?

清水寅さんの寅ちゃんねぎは、

ねぎびとカンパニー公式サイトから

購入することが出来ます。

ねぎびとカンパニー公式オンラインショップ

寅ちゃんねぎの通販

●販売数
1日限定10箱まで
●内容量
1箱あたり10本入り 【送料全国一律500円】1箱3,000円(税別)
公式オンラインショップ
 
 

真のネギの通販

●販売数 1日限定10箱まで
●内容量 1箱あたり 8本~10本入り 
1箱10,000円(税別)
公式オンラインショップ

また、寅ちゃんねぎをつかった

餃子が大変人気となっています!

寅ちゃんねぎの甘みがつまった

餡が他の餃子とは一味違うと評判です!

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!