大杉隼平の年収や大学と写真展の場所は?母親や兄弟と結婚した嫁とは?

スポンサーリンク

大杉漣さんの長男でカメラマンの

大杉隼平さんは、

有名カメラマンなので年収も気になるところですが、

父の大杉漣さんの地元・徳島で写真展を

開催されるということで注目されています。

大杉隼平さんにはパティシエの妹がいて、

母親は元劇団員。

大杉漣さんは2018年2月に急逝されているので、

大杉家では息子さんである大杉隼平さんが

大黒柱になっていることでしょう。

大杉隼平さんの年齢や大学などのプロフィール

大杉隼平

出典:大杉隼平Facebook

名前  :大杉隼平(おおすぎ しゅんぺい)
出身地 :東京
生年月日:1982年8月28日
年齢  :36歳大学  :ロンドン芸術大学
職業  :カメラマン

大杉漣さんの長男の大杉隼平さんは、

カメラマンとして活動しており、

大杉漣さんが急逝された際には、

当日東京から離れていたため最期を

看取ることはできず、

大杉隼平さんが新幹線で東京に来たときには

病院ではない場所で大杉漣さんの

ご遺体と面会したとのこと。

報道陣に対しては当時このようにコメントされています。

「父。大杉漣が他界しました。
あまりに突然の事でまだ信じられません。

最後に立ち会うこともできず、
ありがとうございます。
を伝えることもできませんでした」

出典:Yahoo!NEWS

非常に仲の良い親子で、

親友のような関係だったと大杉隼平さんは

後に語っています。

それゆえに、父の死後、自分が頑張らないと

いけないという思いと、

精神的支柱を失った寂しさで常に心が揺れていた

という大杉隼平さん。

喪失感を言葉でうまく表現できない分、

カメラマンとして、写真を撮ることで

昇華しようとしている面があるそうで、

徳島で写真展を開催するのも、

父・大杉漣さんが愛した地元であり、

父への感謝の気持ちを伝えるという想いもあります。

最期の言葉をかける間もなく、

突然失った最愛の父に、想いを伝えたい・・・・。

そんな大杉隼平さんの写真展が

徳島で開催されます。

今回の写真展では大杉漣さん手作りの額縁も

使われるそうですね。

大杉隼平写真展 wherever―揺れゆく時の中で
4月5日−7日
徳島あわぎんホール展示室1
4月13日−21日
クロマティックギャラリー(明治神宮前、原宿)

大杉隼平の経歴は?

大杉隼平さんは、

スポンサーリンク

日本写真芸術専門学校を中退後東南アジアへ。

2004年の22歳からロンドン芸術大学で

写真とアートを学び、

帰国後、アシスタントを経て、

2008年から株式会社ザッコ (ZACCO) に所属。

現在、雑誌、テレビ、広告、CDジャケット、

宣材写真、カタログなどで活動中です。

東日本大震災後、「Leaves Work」を立ち上げ、

全国で写真展を開催し、

東日本大震災後には、SNSなどを介し集まった

1年後の2012年3月11日の空画像を、

一つの写真として展示するプロジェクトを遂行。

岩手県、宮城県、福島県、茨城県に寄贈されています。

福島の子どもたちが避難先でつぶやいた

「空ってきれいだね。放射能を気にしなくていいんだよね。」

という言葉をきっかけに、

外で遊べない子どもたちに、思いっきり

空を見せてあげたいという思いから生まれたプロジェクトだったそうです。

openers

2012年に放送されたBSフジの番組

『ミ・ラ・イII』では、2004年に大地震と

津波を経験したスマトラ島の災害後の状況を

紹介するレポーター役も務められています。

また、

NPO法人「奄美大島自然体験学校」へ

義援金として展示会の売り上げを回し、

社会的貢献にも力を寄せているカメラマンです。

相葉雅紀さんが主演した「マイガール」では、

カメラマン役の相葉さんの監修もしており、

相葉さんは大杉隼平さんの父が大杉漣さん

だということを信じていなかったのですが、

「マイガール」最終回に友情出演で大杉漣さんが

出演した際に真実がわかり、驚いたといいます。

大杉隼平の年収は?

カメラマンとして社会貢献をされたり、

もちろん通常の雑誌、テレビ、広告、CDジャケット、

宣材写真、カタログなども手掛けている

売れっ子カメラマンであると予想します。

フリーカメラマンの年収が、およそ600万円

ともいわれていますので、

大杉隼平さんはそれ以上の収入がありそうです。

売れっ子じゃなかったら、

個展の売上げを寄付するなんてことはできないと思います。

大杉隼平さんの母親と兄弟は?

大杉隼平さんの母親というと、

大杉漣さんの奥様にあたりますね。

弘美さんという名前で、

大杉漣さんと、1982年に結婚。

できちゃった婚だったそうです。

もともと大杉漣さんと同じ劇団の研修生で芸能関係に

携わっていたといわれています。

大杉漣さんと同じ劇団で、

の苦労時代を誰よりも理解し、支え続けた

とても懐の広い方のようです。

そして、大杉隼平さんには妹がいらっしゃいます。

妹の大杉そらさんは、

渋谷の幡ヶ谷で、「Fritto」(フリット)という

イタリアンに勤めパティシエを目指していると、

2016年3に出演した「メレンゲの気持ち」という

番組で大杉漣さんが明かしています。

スイーツが大好きな大杉漣さんは娘のケーキを

よく食べておられたようですね^^

大杉隼平の結婚した嫁は?

大杉隼平さんは、2019年4月現在では36歳です。

結婚されているのか調べたところ、

秦子さんという名前の方とご結婚されているのだとか。

あくまでネット上での噂のようですので、

真偽のほどは不明ですが、

大杉漣さんと言い親子関係だったようですし、

同じように温かいご家庭を築いていらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサーリンク