【大分県東光寺】石像500体はなぜ?助言の体験談や都市伝説の口コミ!

スポンサーリンク

世界の何だコレ!?ミステリーの

都市伝説スポットは、

大分県にある東光寺というお寺です。

山奥の寺に石像500体がズラリと並び、

ありがたい助言が頂けるとの噂ですが、

その体験談や口コミをまとめてみました。

【世界の何だコレ!?ミステリー】
石像500体が並ぶお寺の場所は?

6月12日放送の

【世界の何だコレ!?ミステリー】で

都市伝説スポットにお泊まり調査したのは、

大分県の東光寺です。

場所はこちら!

大分県東光寺

出典:日本観光振興協会

東光寺
場所  :〒872-0032宇佐市大字江須賀
(柳ヶ浦高等学校北側)
TEL   :0978-38-3830
交通  :JR柳ヶ浦駅より南へ車で5分
拝観料:100円
その他駐車場、トイレ有り、見学自由

  

大分県の宇佐市江須賀にある東光寺は、

521体の羅漢石仏で知られる寺で、

本山は耶馬渓の羅漢寺です。

東光寺に521体も石像がある理由は?いつからあるの?

東光寺は貞治元年(1362年)の室町時代に

臨済宗として開山し、

戦国時代を経て寺跡だけになっていたのを

17世紀半ばに再興されたと伝えられています。

その後、

曹洞宗に改宗し現在に至っている寺院です。

大分県東光寺

出典:宇佐市HP

東光寺にある521体の石像は、

「五百羅漢」と呼ばれ、

安政6年(1859年)江戸時代に、

15代住職「道琳」が

干害に苦しむ農民を救いたいと、

当時著名だった日出の石工に制作を

依頼したことが始まりで、

明治15年( 1883年)までの

24年間に渡って521体もの羅漢像を彫り上げたそう。

石仏の一つ一つの顔が違うので

自分にそっくりな顔をした羅漢像に

出会えるとの口コミもありますね。

五百羅漢の「羅漢」は阿羅漢とよばれ、

「供養を受けるほどに素晴らしい聖者」といった

意味で、

元々はサンスクリット語でした。

直訳すると「煩悩を殺した者」。

羅漢さんはお釈迦様の弟子で、

仏教の修行の最高段階に達した「人」です。

仏教の教えを究めて悟りを得た

最高の仏教者なのだそうです。

江戸時代の中頃以降では、

「死者に会える」という信仰も広がり、

非常に市民に愛されてきた石像のようですね。

五百体の羅漢像の中に、

自分の身近な人にそっくりの顔に出会うことから

「亡き親、子供、いとしい人に会いたくば、

五百羅漢にこもれ」

と云われるようになったそうです。

出典:安道礼の世界

喜怒哀楽の表情をした五百羅漢は

拝観料100円では安いくらいに

楽しいと評判です。

また、

本堂の裏には珍しい仏足石もあり、

五百羅漢と共に宇佐市の

有形民俗文化財に指定されています。

東大寺の仏足石を模して造られたもので、

長さは一尺六寸あり全国的にも数少ない

貴重なものです。

自分の顔に似ている石像を探すのが

楽しそうですね。お近くの方はぜひ^^

スポンサーリンク

東光寺の石像からありがたい助言?体験談や口コミは?

世界の何だコレ!?ミステリーの

都市伝説スポットにお泊まり調査での

都市伝説は、

「大分県のとあるお寺には500体以上の

石像があるそうで、どれか1体が

“自分の顔”と似ているものがあり、

それが語りかけ、助言をしてくれる」

という都市伝説でした。

このような体験をされた方はいるのか

気になったので調べてみました^^

いろんな喜怒哀楽の表情をされた五百羅漢がたくさんあります。古くからある素晴らしいお寺です。

ずらっと並んだ羅漢像に圧巻!どれも表情が違ってひとつひとつ見ると時間が足りないくらい!(笑)

東光寺は、地元でもとても人気のお寺で、いつもたくさんの方がこられています。自然豊かな場所にありますよ

東光寺は昔から地元の人々に親しまれてきたお寺です。穏やかで静かな雰囲気に、リフレッシュできました。おすすめです。

五百羅漢は見応えがありました。それぞれ表情の違う仏様を一つ一つ見ていくだけでも心が癒やされる気がします。

とても歴史のあるお寺だそうです。五百羅漢の1つ1つのお顔を眺めていると、穏やかな気持になれました。おすすめです。

江戸時代に建てられたお寺だそうですがとっても綺麗で趣のあるお寺でした。

境内に祀られている、五百羅漢さんが圧巻です。521体の一体一体、表情やオーラがまるで違う。一人の人間が一生のうちに表す すべての表情なんだそうです。悪いことがあれば良いこともあるさ、苦あれば楽あり。と教えられた、気持ちが優しくなれるお寺です。

残念ながら、

「ありがたい助言」を聞いた!という

体験談や口コミはありませんでした^^

しかし、拝観した方は、癒されるとか

面白いなどの感想が多く、

一度は足を運んでみたいスポットですね^^

スポンサーリンク
error: Content is protected !!