中里之宏(なかざとゆきひろ)の扇沢駅のレーズン販売の売上げや年収は?





【超舌!トーク匠】でしゃべりの匠として

紹介された販売員の中里之宏さん。

扇沢駅(おうぎざわえき)

という場所でお土産のレーズンを

販売されているのですが、

中里之宏さんその人自身が有名なんだとか!

どんな経歴の人なのか

調べてみました!

中里之宏さんの年齢や出身高校は?

中里之宏

出典:SPA!

名前:中里之宏(なかざとゆきひろ)
生年:1972年
年齢:46歳
出身:大阪府

中里之宏さんは大阪府生まれの現在46歳。

中学卒業後、料理人を中心に複数の職を経験したのち、

2004年に関電アメニックスに入社しされています。

中里之宏さんは高卒ではなく、中卒なんですね!

そして扇沢駅に配属された中里さんは、当初、

調理員として働いていたそうです。

しかし、販売部を手伝うことにより、

中里之宏さんが店に立つと商品がいつもより

売れたんだそうです。

そして上司に調理よりも販売に向いていると言われ、

未経験の販売に異動になりました。

中里之宏さんが人気の理由は?

元来、話し好きの中里之宏さんは、

販売の仕事もすぐ楽しくなり、

新たな販売のアイデアも自ら提案。

バスの発車前、お客さんが列に並び始める際には、

と駅の売店や並んでるお客さんが退屈になることに

目を向けて、

レストランのワゴンを借りて移動販売を始めました。

しかも売店の店員なのに駅員の服で

販売を行うことで、興味をもってもらえるとのこと。

「『一歩前にお願いします』と駅員風に案内しつつ、『お弁当いかがですか?』と話しかけるとみなさん笑うんです。それで上司に『お客さんの退屈しのぎにもなるから』と駅員の服装での販売を提案しました。最初は帽子しか貸りられず、服は似たものを自分で揃えて着ていました」

出典:SPA!

誰に言われるのでもなく、

お客様に喜んでもらえると考えて

自ら行動するとは素晴らしいですね!

しかも、

自作で外国語対応の虎の巻を作り、

中国語・タイ語など4ヶ国語でも対応を行っているというから

見習いたいものです^^

そうした努力で中里さんの販売は駅の名物になり、

いつの間にか「黒部のきみまろ」とも

呼ばれるようになり、

中には中里之宏さんに会いにくるファンもいるんだとか!

2018 7 1 扇沢駅名物販売員 中里さん

一般の人なのに面白いと評判で、

さらにはその人気から、

中里之宏さんのキャラクターグッズも作られています!

田舎の駅を盛り上げたという功績から、

中里之宏さんは、

契約社員から正社員に昇格されています。

中卒の学歴で正社員になるのは

異例のことなんだそうですよ!

どれだけ商品が売れても給料は同じという

中里之宏さんの仕事のモチベーションで重視しているのは、

お金ではありません。

僕も、『会社の利益を上げよう』と思って販売はしていません。『お客さんに笑ってもらえればいい』と思って仕事をしています。でもお客さんも義理堅くて、『笑わせてもらったから買うよ』という方も多いんです」

出典:SPA!

お客様を喜ばせることを第一に考えているんですね!

その結果、売上があがり、評価されたということで、

仕事の原点というか、理想的な働き方だと思いましたね~。

今では出世してしまうと中里之宏さんに

会えなくなるので、困るという方もいるそうなので、

もし、出世のお話があっても断りそうです^^

中里之宏の給料や年収は?

関電アメニックスの売店の期間雇用の求人は

14万~15万の間くらいで、

2018年度の新入社員の月給は

195,000円/月(大学卒)    
170,000円/月(短大・専門卒) でした。

また、転職サイトのアンケートによると、

平均年収は、475万円とのこと。

ですので、

中里之宏さんの年収もこのくらいも可能性がありそうです。

中里之宏に会える場所や売上げは?

中里之宏さんは、

長野県大町市の立山黒部アルペンルートの

玄関口・扇沢駅の売店で勤務されています。

関電アメニックスくろよん観光事業部扇沢売店
〒398-0001
長野県大町市平2117
TEL:0261-22-3614
FAX:0261-22-3614
URL: 扇沢駅 扇沢売店のホームページを見る
駐車場:有(無料350台、有料350台)
 

一番人気が、大町黒豚を使った「黒豚めし」。

お弁当は一日1000個も売れたことがあります!

黒豚めしは一つ1000円ですので、

これだけでも10万円の売上げですね!

さらに、

中里之宏さんがイチ押しの商品が、「巨峰のレーズン」。

一日1000kg以上を売る日もあるそうです。

こちらは量り売りのようで、

グラム単位の値段は不明でしたが、

1000㎏を売っているのですから、

スゴイですよね^^

ちなみに販売しているのはアルペンとは関係のない、

チリ産とのことです(笑)

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!