中山愛理がセクハラされた所属事務所の上司や戦隊ショー運営者は誰?

スポンサーリンク

「シアターGロッソ」で公演する

戦隊ヒーローショーに出演していた

中山愛理(えり)がセクハラ被害に遭っていたことを

告発!

運営者側が対応に追われるなどし、

中山愛理さんは、セクハラ・パワハラが

業界内で横行していることを示唆し、炎上しています。

中山愛理がセクハラ&パワハラ被害!内容は?

「余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ」と強く言われる
 

 

中山愛理が勇気ある告発!年齢や経歴は?

中山愛理

出典:Twitter

名前:中山愛理(なかやま えり)
生年:7月13日生まれ
年齢:桐朋短大演劇専攻46期
職業:元戦隊ショーのお姉さん
エリオオフィス⇒東映株式会社正規代理店⇒フリー

中山愛理さんの年齢ですが、

桐朋短大演劇専攻46期の卒業公演が2013年の3月です。

高校卒業後に、短大に普通に入学して

卒業されているとすれば、

2019年6月では26歳くらいでしょう。

2015年から2017年までは

エリオオフィスという事務所に所属していたようですが、

2017年12月で退社し、

東映株式会社正規代理店に所属していたようです。

中山愛理がセクハラ被害を受けた会社は
有限会社テクニカルアクターズクラブ?

そして2019年4月までは、

有限会社テクニカルアクターズクラブのサイトに中山愛理さんの

名前が載っており、

今現在サイト内では所属タレントの名前は掲載されておりませんが、

キャッシュ消えていません。

今回、中山愛理さんのTwitterでの被害告発を受けて、

戦隊ショーを制作する

・東京ドーム(本社・東京都文京区)

・東映エージエンシー(本社・東京都中央区)

などは2019年6月24日、それぞれの公式サイト上で

文書を発表。中山愛理さんや関係各社に対し

「ご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、

心よりお詫び申し上げます」と謝罪しています。

調べてみると、

東映エージエンシーは有限会社テクニカルアクターズクラブと

取引があったとのこと

セクハラ被害の内容をみたところ、

一緒に出演していた同僚というよりか、

上司であり、仕事を割り振り出来る立場にあったということですよね。

【東映エージエンシー】は、

東映作品の企画製作・広告枠買付けが主な業務で、

作品によってはプロデューサーに

東映エージエンシーの人物が名を連ねており、

制作側とスポンサー側の橋渡しを担っているそうです。

【有限会社テクニカルアクターズクラブ】は実際にスタッフや

出演者を派遣・出演させていたようです。

どちらかの会社の事務所の人間が

セクハラ&パワハラを行っていたと考えられますが、

中山愛理さんが【東映株式会社正規代理店】に

所属していたとのことでしたら、

こちらの会社の上司の可能性も高そうですね。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!