中村歩(グレープカンパニー社長)の年収や経営方針は?人脈作りの極意とは?



有吉ジャポンに出演した

グレープカンパニーの歩ちゃんこと

中村歩社長の経歴や年収、

そして所属タレントから好かれ、

広い人脈作りで大事にしていることなどに

ついて調べてみました。

グレープカンパニーとは?

株式会社グレープカンパニーは、

東京都品川区に本社を置く芸能プロダクション。

2010年7月設立し、

サンドウィッチマン、永野、カミナリ等、

お笑い芸人が中心に所属する芸能事務所ですが、

2019年2月1日より俳優の高橋英樹さんと、

フリーアナウンサーの高橋真麻が所属することが

発表されて話題になりました。

中村歩社長は、

 当時フラットファイヴという他の事務所に

所属していたサンドウィッチマンが、

マネージャーを引き連れて中村歩社長のところに

『社長になってください』と

言いにきたのが始まりで、所属することが決まったそうです。

その後、

フラットファイヴに所属していた

ほとんどの芸人もグレープカンパニーへ移籍。

営業窓口は、業務提携関係にある松竹芸能が行っているようですね。

今現在は、

芸人35組、構成作家6人、マジシャン1人、

シンガーソングライター1人が所属されています。

中村歩社長とは?

名前:中村歩
出身:東京

中村歩社長は18歳でイベント会社を立ち上げて、

芸能界でお仕事をされてきたそうで、

その間に自然と業界内の知り合いが多くなったそうです。

社長になった今でも、

週7で飲みに行ったりしており、

芸人が多く参加する飲み会でも、

芸人に負けないくらいのギャグをやったり、

踊ったりしてその場を盛り上げたりするのだとか(笑)

Facebookに若い頃と思われる画像がありましたが、

もともと芸人さん志望だったのでしょうか?

中村歩夢

出典:中村歩フェイスブック

中村歩社長は、

■ちょっと売れてきたな、とか売れそうだなと

思った若手を進んで番組に出すようにしていること。

■そもそも面白くないやつは事務所に入れない。

■面白くなければクビを切ることも。
そうやって追い詰めることで芸人たちにネタを考えさせているそうです。

そんな中村歩社長の座右の銘は

『敵をつくらない』こと。

悪口を言わない、他の人が嫌がることもする

どんな人相手でも自分から拒絶したりせずに、

誘われたらどこにでも顔を出すようにすることで、

自然と人脈が広がっていき、

そこから仕事の話がもらえたりするんだそうです。

社会人として敵を作らないって大事ですね!

でもどこにでも顔を出すってものすごい大変だと思います。

そんな中村歩社長は、

飲み会の延長で、

レオナルド・ディカプリオと

ジェームズ・キャメロン監督と

遊んだことがあるとか!

映画『タイタニック』が公開され、

来日した際に、六本木のクラブに連れていき、

1時間くらいで200~300万円くらい使ったそうです。

どんな遊びだ・・・・(笑)

そんな誰からも好かれる中村歩社長は、

現在ではサンドウィッチマンや永野などが所属する

お笑い事務所・グレープカンパニーを含めた

4つの会社を経営しています!

中村歩社長の年収は?

今現在4つの会社を経営している中村歩社長。

ギャラの取り分はタレント6:事務所4とのこと。

サンドウィッチマンの年収は8000万円以上ともいわれていますので、

中村歩夢社長も中々の年収なのではないでしょうか?

グレープカンパニーの中村歩社長が イチオシのヤンキー芸人斎藤サトルの 身長や素顔と本名についてと、 家族の父親について調べています...

有吉ジャポンで中村歩社長がイチオシと紹介した
芸人、斉藤サトルの記事はこちら!

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!