無農薬野菜は虫が苦手な家庭菜園初心者でも作れる?ポイントは土!






こんにちは!今回は

「無農薬野菜は虫な苦手な家庭菜園初心者でも作れるのか?」

というテーマでお伝えします。

市販のスーパーの野菜は農薬がついているから、

体に良くなさそう・・・。それならば、

思い切って家庭菜園で無農薬野菜を作ろうと

考えている方もいるようですね。

でも農薬を一切使わないとなると、

害虫がたくさん湧いてきちんと育てられないのでは?

管理が難しそうと感じる方も多いでしょう。

虫が苦手な方にとっては、野菜の葉についた

大量の虫は卒倒しそうになるくらいですので、

なるべく見たくないですよね・・・・。

虫が苦手な管理人ですが、無農薬野菜を作るために

したポイントをまとめてみました!

無農薬野菜のメリットやデメリットは?

家族のために無農薬野菜を作ってあげたい!

と家庭菜園を始めた当初に思っていました。

特に次男はアレルギー体質だったので、

食に関することに敏感になっていたこともありましたし、

そして、

無農薬で育った野菜を味わってみたかったんです。

農薬を使わないで作るのはさぞかし苦労があると思っていたので、

それならば、その苦労をしてまでも作るメリットは何か?

ということで調べてみました。

無農薬野菜のメリット

無農薬野菜のメリットで一番大きいのは、

やはり安心・安全であることでしょう。

通常の作物はJAや、農薬製造会社の指導の下、

野菜を病害虫から守るために農薬が散布されています。

虫=生物が寄り付かない・死んでしまう「薬」

が付いた野菜を口に入れるってよく考えたら勇気がいることというか、

体に影響がないのか、心配になるのも当然ですよね。

我が家でも、農薬の基準値を下回っていると分かっていても、

少なからずそういった不安はありました。

無農薬野菜はそういった農薬を使わないで

育てるので、自然な食べ物で安心です。

また、栄養が豊富で美味しいといった

メリットも大きいです。

農薬を使わずに育てる無農薬野菜は、

自分の力で成長しようする力が強く、

丈夫になるために養分をしっかり蓄えようとします。

その栄養価を調べると、農薬を使った野菜よりも

栄養価が高いことがわかっています。

子どもは野菜のエグミで野菜嫌いになるといわれますが、

無農薬で育てた旨みや甘みの強い美味しい野菜であれば、

食べられるといったこともあります。

野菜の種類にもよりますが、

我が家ではトマトは喜んで食べるようになりましたね。

そして、

農薬を使わないことで、その土壌にもダメージを与えないので、

環境保全にもメリットがあります。

農薬が地下水などにも溶けだし、地下水の環境を

汚染するといったことも無いんですね。

無農薬野菜のデメリット

無農薬の野菜はやはり農薬を使わないので、

寄生虫の問題があります。

農薬を使わないので虫がつきやすいのは当然ですね。

キャベツや白菜のような、地表で育てられる葉物には、

特に寄生虫や卵が付着する可能性があります。

また、

農薬や化学肥料に頼ることができませんので、

その分だけ土壌の管理・チェックは細かく行う

必要があり、

野菜の形が悪くなったり、生育が良くなく、

収穫量が減ることもあります。

虫が苦手でも無農薬野菜は作れたのか?

無農薬野菜のメリットとデメリットを考え、

トマトの家庭菜園で実際に実行してみたところ、

やはり虫は付きました。

付きましたが、大量発生してもうどうにもならない

と言うこともなく、

食品をつかった安心な害虫駆除対策をしたので、

大量発生はしなかったようです。

虫が苦手な人ってあの密集具合がダメという

人がほとんどだと思うのですが、

大量発生しないようにと、予防をしようと思ったんですね。

そこで、トマトの害虫として付きやすい

アブラムシ対策として、

植物が弱らないように薄めた唐辛子スプレーを

噴射していました。

また、ビニールでトマトの苗を囲い、

保温するとともに、

虫が付くのを防ぐといったこともやりました。

無農薬野菜の肝は土!

無農薬野菜を育てる肝はやはり土です!

化学肥料を極力使わないで良質な土を作るということが

大事なんです。

家庭菜園では最初に土作りを始めますが、

肥料を過剰に与えた野菜は自身の生きようとする生命力が

衰えてしまうので、病害虫への抵抗性が低くなります。

害虫対策として良質な堆肥を使い、

土作りをしっかり行うことや、水捌けを良くすることなど、

土壌をしっかり整えていくと、

自然と害虫が少なく、蔓延することもなくなるので、

無農薬野菜が作れます。

また、

雑草が生えていると、野菜が吸収するはずの

養分が雑草に奪われてしまいますので、

無農薬野菜を育てる際には除草をすることも

大事ですね。

このような雑草対策と害虫を寄せ付けないように、

植え付けの初期の段階でマルチシートをかぶせるもの

良いでしょう。

土作りは無農薬野菜に限らず、野菜作りには大事な

要素になってきますが、農薬に頼らないからこそ、

最初の土作りから害虫対策をしっかりとする必要が

ありますね。

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!