ミナミウラのクライミング実績と結婚した妻は?遭難後の仕事や年収も!





「激レアさんを連れてきた」に

ミナミウラさんこと南裏健康さんが出演!

6000mの岩山でパラグライダーが

引っかかって宙吊りになり、食料なし、

身動きも取れない状態で1週間乗り切ったという

南裏健康さんは、

今現在の日本のフリークライミングの礎を

築いたと言っても過言ではないスゴイ人!

そんな南裏健康さんのこれまでの

クライミングの実績や結婚した奥様について、

また今現在のお仕事などについて

調べてみました!

ミナミウラさん(南裏健康)の高校や大学などのプロフィール

出典:日本パラグライダー協会HP

名前  :南裏健康(みなみうら たけやす)
生年月日:1957年
年齢  :62歳(2019年9月現在)
出身地 :奈良県

南裏健康さんは1957年生まれの奈良県出身。

13歳ころから大人に混じって登山を始める

という英才教育を受けてきた南裏健康さん。

18歳からは、本格的にクライミングの世界に

進んでいます。

クライミング歴は40年を超える

大ベテランなんですね!

そんな南裏健康さんの出身高校や大学などを

調べたところ、

情報は公開されていないようです。

自然を相手にするクライミング・・・。

学歴よりも経験値がこういった世界では

必要でしょうが、

天候の読みやクライミングの知識など、

賢くないと国内でも有数なクライマーには

なれないでしょう。

南裏健康のこれまでのクライミング実績は?

クライミング歴40年以上の

南裏健康さんのこれまでの主な実績の一部がこちら!

【パキスタン】
・マッシャーブルム7500mアルパインスタイルで登頂成功
トランゴタワー単独新ルート登攀

【 カナダ】
・ロータスフラワータワーフリークライム
・コロンビアアイスフィールド アイスクライミング登攀成功

【アメリカ】
・エルキャピタンメスカリートA4登攀
・エルキャピタンノーズ 登攀

【アラスカ】
・マッキンレー6200m登頂

「激レアさんを連れてきた」では、

1990年のパキスタンのトランゴネームレスタワーの単独、

新ルートからの登攀と下降地のアクシデントが

取り上げられています!

南裏健康さんのトランゴタワー遭難&救出劇とは?

南裏健康さんは世界中の断崖絶壁を登る

クライマーでありますが、

その登った山の頂上からパラグライダーで

飛び降りることが生き甲斐なんだとか!

そんな南裏健康さんが飛び降りたかったのは、

遭難事故に遭ったパキスタンの奥地にある

“トランゴタワー”と呼ばれる山。

標高6000m超にして頂上からは垂直な壁が2000mも続く、

普通の人には恐怖しかない岩山なのだそうです。

こんな山なんですよ!!

ほとんど垂直!!

David Lama Expedition 2012 – Climbing the Nameless Tower

2年の準備期間を経て、

仲間たちと憧れの山へ向かった南裏健康さん。

念願の頂から飛び降りたものの、

なんとパラシュートが岩に引っかかってしまった!

頂上から70m下の地点で宙ぶらりん、

しかもパラシュートが岩に引っかかっている

部分はわずか30cmほど。

トランシーバーで仲間に連絡を取ると

救助ヘリ要請を約束してもらえたが、

最高風速30mの風にあおられ、

飛ばされてしまう危険と隣り合わせ。

酸素濃度は平地の半分で、

夜にはマイナス10度まで冷え込む・・・・。

絶対絶命!

メンタルからもやられそう・・・。

そんな場所で一晩を過ごすことになった南裏健康さん。

恐怖でもちろん一睡もできず・・・・。

しかし!

迎えた翌朝に数メートル先に40cmほど

岩がせり出した場所を発見!

決死の覚悟で場所を移したのですが、

狭い場所でとれるのは座禅を組んだ

禅僧のような姿勢。

しかも飛行のため身軽にしたのが裏目に出て、

手持ちの食料は一切ナシ。

辺りにある雪をなめてその場をしのぐことに…。

さらに、予想外の事態が発生! 

救助ヘリがホバリングできず、この場所で

数日間過ごすことになってしまいます。

遭難4日目には、

南裏健康さんは水分さえ体が拒否する状態に。

この頃、ベースキャンプにいた

サポートメンバーの保科雅則氏と木本哲氏が、

南裏健康さんの救助に向かいました。

救助に向かった保科氏と木本氏は、

わずか3日で標高6000mを登りきり、

南裏健康さんのいる場所に到着。

空腹と寒さでほとんど眠れなかった

南裏健康さんですが、幸い怪我はしてなく

遭難7日目で合流するとザイルで自力で下山できました!

南裏健康さんは、断崖絶壁から奇跡的に

救出したものの、

ベースキャンプに戻る頃には、

体重が10キロ減っていたそうです。

そんな南裏健康さんの今現在のお仕事は

何をされているのでしょうか?

南裏健康さんの今現在の仕事は?

南裏健康さんは、

今現在「南浦クライミングスクール」

というロッククライミング教室を

開催されています。

南浦クライミングスクール(SWEN三島店内)
住所:静岡県駿東郡清水町玉川24-1
連絡先:055-981-8520
http://www.casa-swen.com/swen/climbing/index.htm

先駆的なビッククライミングを行い、

世界の注目を集めてきた南裏健康さんの

教室とあれば人気がありそうですね!

現在のフリークライミングの基礎を作った

一人としても有名な南裏健康さんですが、

クライミング競技のコーチとして、

2003年(平成15年)の国体で

静岡チームを優勝させた実力者でもあります。

指導者としても一流なんですね!

南裏健康さんの妻・保恵さんもクライマー!

出典:南裏クライミングスクール

南裏健康さんの奥様は

南裏保恵(みなみうら やすえ)さん。

健康さんより10歳年下の

保恵さんは、1967年愛知県生まれで、

ロッククライミング歴25年です!

24歳よりフリークライミングを始め、

仕事を辞めて岩登りに専念。

国内コンペでの優勝、

93~95年アジア大会3年連続優勝、

静岡国体山岳競技のクライミング競技で優勝するなど、

かなりの実力ですね!

夫である南裏健康さんと共に、

アメリカ・エルキャピタンノーズ登攀するなどもされています。

現在はご主人と一緒に

クライミングスクールの経営・

クライミングの普及活動を行われています!

奥様もパラグライダーで下降するのかどうかは

不明ですが、

お二人ともに山が好きということで、

アクティブなご夫婦ですね!

南裏健康の年収は?

一般的に「登山家・クライマー」としての収入は

無収入ということが多く、

登頂したからといってどこぞの団体から

報酬が発生するわけではないようです。

しかも、

世界有数の山へ登山をするには、

装備・渡航費用・申請などの手続費用で、

1000万円前後もの費用がかかります。

登山費用を捻出するために、

執筆活動、登山ガイド、

スポーツショップ経営、スクール経営など、

副業で生計を立てたりする人が多いようです。

南裏健康さんのクライミングスクールの

生徒数などは不明なので、

具体的な年収額は分かりませんが、

生計をたててさらに登山を続けられるくらいの

収入があるのでしょう。

南裏健康さんは、クライミングスクールのHPの中で、

クライマーがなぜ上るのか、

答えていました。

硬い岩、挑戦しがいのある難しいルート、

プラスアルファで、グッドロケーションの

三つの要素が揃っていれば、

クライマーならたとえそれが地球の裏側にあろうとも、

一度は行って自分の実力を出し切ってみたいものなのです。

~中略~

クライマーは、

易しいところをすんなり登れても、満足できません。

挑戦しがいがあるように

自己の実力より1レベル上のルートを目指します。

集中力により、自己の潜在的パワーを引き出し、

登りきれたときこそ、何物にもかえがたい満足感に浸ることができるのです。

引用:南裏クライミングスクール

10代から山に登り続けるのは、

こういった理由からなんですね!

奥様もクライマーということで、

お互いの気持ちがわかるのでしょう^^

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!