小幡寿康のあんこが【お菓子の南香】を再建!通販や皇室御用達の和菓子店は?

スポンサーリンク

和菓子職人の小幡寿康さんは、

極上のあんこ炊きで30軒以上ものお店を再建した

“放浪の菓子職人”

皇室御用達お店の菓子職人だった

小幡寿康さんの技術は、

老舗和菓子店ですらこぞって教えを

請うという革新的なもの!

そんな生きる伝説ともいえる

小幡寿康さんが再建したお店や携わったお菓子について

お伝えします!

小幡寿康さんの年齢や経歴は?

小幡寿康

出典:プロフェッショナル仕事の流儀Twitter

名前:小幡寿康(こばたとしやす)
生年:昭和23年
年齢:72歳(2019年4月現在)
職業:菓子職人

小幡寿康さんは現在72歳。

今の日本では還暦を過ぎても働くというのは

珍しいことでもありませんが、

70歳を過ぎてなお、現役で菓子職人として

活躍し続けるというのがスゴイですね!

和菓子の中でも「あんこ」に精通し、

その技術や知識を依頼されたお店で生かして、

30軒以上ものお店を再建させてきた小幡寿康さん。

それでも、

「自分はまだまだヒヨッコ、

200歳になった時に理想のあんこが炊けたらいい」

と語り、あんこ道を極めるには至っていないという

からその向上心・職人魂に感服させられます。

小幡寿康さんの経歴は?

小幡寿康さんは、菓子屋を営む両親の元に

生まれ、

21歳で地元岐阜の老舗菓子店に就職。

手先が器用なことや研究熱心な性格から

頭角を現し、

職人として全国的にも有名になっていきました。

そんな小幡寿康さんが44歳のときに転機おとずれます。

宮崎県の日之影町で指導に当たった弟子の工場の

採算が合わず閉鎖。

弟子は仕事を失い、新しい仕事に就くも、

慣れずに悩み・・・死を選んでしまったのです。

小幡寿康さんに葬儀の知らせが届き、

30年以上も勤めた会社を辞めた小幡寿康さん。

放浪の菓子職人となり、報酬はほとんど貰わずに、

依頼を受ければ足代だけで指導にあたっているそうです。

小幡寿康さんは天皇御用達の菓子を任されていた!

小幡寿康さんは、

今現在「放浪の菓子職人」として依頼された先々で

あんこ製造の技術を伝える活動をされていますが、

実はかつてある店で皇室御用達の菓子を任される

職人さんだったとのこと。

皇室御用達とはよく聞く用語ですが、

皇室御用達とは、言葉通り皇族の方々にも

愛用されている品々という意味合いを持っています。

ただし、

御用達制度自体は、昭和29年(1954年)に廃止されています。

理由については様々あるようですが、

制度が廃止された現在でも、「御用達」という言葉を

使用し続けている業者も若干ながらあります。

廃止された背景には、

「御用達」という言葉は、それ自体に信頼性や

ブランド力を持つ言葉ですので、

虚偽記載をされる危険性や

そのネームバリューを利用しての商売は、

自然ではありますが、象徴天皇としての品位にそぐわない

感じもしますし、

天皇一族のプライバシーを守るものだとも

考えられています。

とはいえ、かつて「天皇御用達」の多くの品々は、

御用達を拝命した納入業者が高い信頼と

確かな技術を持っているのは間違いないでしょう。

そういうお店で小幡寿康さんが菓子職人として

働いていらしたということで、

天皇御用達と言われている和菓子店を

調べてみました!

虎屋

言わずと知れた名店虎屋。

日本最古の和菓子店で、

奈良時代(710~749年)から皇室の御用を務めています。

虎屋HP

塩瀬総本家

創業は貞和5年(1349年)と大変古く、

室町時代から天皇家の御用達となっており、

足利将軍家や織田信長、豊臣秀吉、徳川家康も

食したといわれる名店。

かつての名将も食したという塩瀬のお饅頭ですので、

歴史が好きな方にはたまらないでしょう。

塩瀬総本家HP

鶴屋吉信

京都を代表する京菓子の老舗で、

創業は享和3年(1803年)。

銘菓「福ハ内」は明治天皇の皇后である昭憲皇太后、

銘菓「柚餅(ゆうもち)」は昭和天皇が

それぞれお買い上げなさったとのことです。

鶴屋吉信HP

清月堂本店

明治40年(1907年)創業の和菓子店。

昭和9年(1934年)には宮内庁の御用を承るようになりました。

伊藤博文や山県有朋、公爵・西園寺公望といった

明治の政財界要人の御用も務めていたといわれます。

清月堂本店HP

六時屋

昭和8年(1933年)創業。

六時屋のタルトは昭和28年(1953年)に

松山国体に来られた昭和天皇、皇后両陛下が

召し上がってお気に召されたといいます。

また、昭和41年(1966年)に行われた

植樹祭の際にも、再び御用を承ったといいます。

餡はほんのり柚子の香りがして、

ふんわりとしたカステラ生地によく合います。

六時屋HP

小幡寿康さんは岐阜の菓子製造会社を辞めて

放浪の菓子職人になっていますが、

御用達と大々的に公表していないので、

どこの菓子メーカーなのかは調べたところ不明でした。

小幡寿康さんが再建したお店はどこ?

小幡寿康さんは、

自分の店を持たず、店から店へと渡り歩いては

極上のあんこ炊きを伝授し、

その技ひとつで30軒以上の菓子店を

再建させてきました。

その中には、名だたる老舗や名菓子店も

含まれていますので、

大手お菓子メーカー以外の「あんこ」は

小幡寿康さんの作り方で製造されていたりして・・・。

その製法は、300年以上変わらずにきた

あんこ炊きに革新をもたらし、

小豆本来の香りを存分に含んだその味は、極上と称されます。

なんと、

三重県伊勢の「赤福」

北海道の[六花亭」

なども小幡寿康さんのあんこの製法を受け継いでいるというから

驚きですね!

そして、

小幡寿康さんが再建させたお店として有名なのが、

「株式会社栗処さいごう」です!

「株式会社栗処さいごう」(宮崎県)

宮崎県東臼杵郡美郷(みさと)町西郷地区は、

戦前から名だたる「日向山栗」の産地として有名でありますが、

昭和33年から34年頃、

クリタマバチの異常発生により、山栗は枯死。

その後、旧西郷村では、

昭和40年頃から栗園の造成や、

早生系品種の導入を行って産地化を

すすめてきたものの、

生栗での出荷は、市場価格が不安定となり、

生産意欲の減退から品質の低下にもつながりました。

また、

生産者の高齢化にともなって、

産地の維持も危ぶまれるようになってしまいました。

そこで、平成11年に生産者が出資して設立した

株式会社「栗処さいごう」は、

良質の栗あんを全国に製造販売し、

さらには、地元の製菓店や農産物直売所もまきこんで、

地域ぐるみの6次産業化を行っています。

株式会社栗処さいごうの全国で高評価の栗あんは、

小幡寿康さんを、

栗あん製造の技術者・顧問として招き

新しい技術を取り入れて完成させた「あん」です。

地元女性による農産加工グループ

「村の果菓子屋」が栗あんを使って、

多彩なお菓子の製造をはじめ、

自家消費しかされてこなかった栗が全国で

消費されることで、

栗を青果で出していた頃は、

JAの出荷手数料、段ボール箱代、運賃など

もろもろの経費を引かれると、

300円/kgしか残らなかったそうですが、

栗あんを開発されてからは、

農協の手数料の2%を引かれるのみで、

1kgの単価は、2倍にアップ!

株主も増加し、栽培面積も増えているそうです。

株式会社栗処さいごう
宮崎県 東臼杵郡 美郷町西郷田代1010
TEL/FAX 0982-66-2629

また、今回のNHK「プロフェッショナル」で小幡寿康さんが

携わった菓子店として、

宮崎県の「お菓子の南香」が紹介されています。

お菓子の南香(宮崎県)

出典:お菓子の南香

明治34年に遠武菓子店として創業され、

落雁の形菓子、カライモアメ、ニッキ玉、注文菓子などの

製造・販売からスタートしています。

三代目の遠武弘蔵氏が屋号を「お菓子の南香」

として、平成になってから有限会社に。

今現在は、三代目の遠武弘蔵氏が和菓子を、

四代目大輔氏が洋菓子を手がけており、

「温故知新」の精神で創業100年を迎える老舗菓子店です。

たくさんの和菓子と洋菓子が販売されていますが、

ここでは和菓子の一部を紹介します!

【どら焼き】5個入り\800(税込み)

出典:お菓子の南香

【島津荘園】6個入り\1060(税込み)
第25回全国姫路菓子大博覧会2008
名誉総裁賞受賞


出典:お菓子の南香

【かるかん】6個入り\1,000(税込み)

出典:お菓子の南香

スポンサーリンク

霧乃栗金
2013年広島菓子博大臣賞受賞


出典:お菓子の南香

お菓子の南香
〒885-0074宮崎県都城市甲斐元町1-26
TEL(0986)22-4670
FAX(0986)22-7568
時間:8:30~19:30
HP:http://okashinonanko.com/

それからもう1店!プロフェッショナルの番組で

紹介されていおみせがこちらです!

きたかわ商店「一寸法師」(和歌山県)

明治22年創業のきたかわ商店は100年も続く老舗あんこ製造店です。

平成16年に現在の商品につながる

小豆煮汁抽出技術の特許を取得。

しかし、

現社長の座右の銘

「変えねばならぬ商法、変えてはならぬ商道」

という言葉の通り、

100年以上の歴史をもつ企業でありながら

変化を厭わないその姿勢から、

平成22年、一人の先生を招聘し常識を

覆す製法を取り入れ、

最高の餡を製造できる製餡所となりました(「あんこ物語」参照)。

引用:きたかわ商店HP

この先生というのが、名前はだされていませんが、

小幡寿康さんです。

このあんこ物語ではかなり強烈な言葉でダメ出ししていますね・・。

「小豆の香りの漂うあんこ屋は、ろくなあんこ屋じゃないですわ」

「床が赤いあんこ屋はろくなあんこ屋じゃないですわ」

「社長、この餡、くさってますわ」

このような言葉で老舗店の評価され、

当初は職人さんの葛藤があったようですが、

やはり小幡寿康のつくるあんこは特別おいしいので、

そのノウハウを取り入れていったそうです。

小幡寿康さんが監修・携わった菓子の通販は?

出典:みんなの農業広場

「村の果菓子屋」で作られる栗きんとんや、

栗おはぎなどの宮崎県美郷町産の栗を使ったお菓子は、

加工全般に詳しく、

和菓子メーカーの技術者であった小幡寿康さんが、

製造に携わっています。

村の果菓子屋HPからは、以下の商品がお取り寄せできます。

2018年新物宮崎県美郷町産栗100%使用
「村の果菓子屋 栗きんとん」

出典:まるごと宮崎

税込価格:1280円
原材料 :栗、砂糖
内容量 :180g
サイズ :16×4×2.5cm
賞味期限:製造日より30日間
保存方法:4射日光や高温多湿を避けて保存してください。

村の果菓子屋 栗焼びっしゃげ(栗せんべい)

出典:まるごと宮崎

税込価格:240円
原材料名:栗、砂糖、ワキシースターチ、タピオカ、植物油、食塩
内容量 :5枚入(約30g)
賞味期限:製造日より60日
保存方法:高温多湿、直射日光を避けて保存して下さい。
単品サイズ:たて8.5cm/よこ8.5cm/高さ2cm

また、楽天ではふるさと納税の形で購入が可能ですね。


【ふるさと納税】栗和菓子セット 2種×各2本 ギフト 詰め合わせ くり 栗 栗きんとん 栗ようかん 羊羹 和菓子 九州産 宮崎県産 美郷町産 送料無料


【ふるさと納税】数量限定 栗のお菓子セット 5種セット 栗きんとん 栗ようかん 栗おこげ びっしゃげ 栗の渋皮煮 ギフト 詰め合わせ くり 栗づくし 和菓子 宮崎県産 美郷産 冷蔵 送料無料

甘さ控えめの甘露煮の栗をふんだんに使った

「栗ようかん」や、

栗と砂糖だけを使い栗本来の味がたのしめる

「栗きんとん」をはじめ、

地元産の栗を使った自慢のお菓子が、

まとめて楽しめるのが嬉しいですね!

お菓子の南香りの通販

100年の歴史と経験から職人が一つ一つ

手作りしているという和菓子は、

お菓子の南香HP】トップページの

FAX 注文書にてご注文いただけます。

または、【47CULUB】 と言うサイトでは、

一部の商品を取り扱っているようですが、

心配な方は公式HPからの購入が良いでしょう。

きたかわ商店「一寸法師」の通販

きたかわ商店の公式サイトのなかの

ショッピングページから数種類のあんこを

購入することができます。

【きたかわ商店ショッピングサイト】

また、

きたかわ商店でつくるこだわりの「あんこ」菓子

の製品を販売をしているのお店は「一寸法師」です。

一寸法師
工場直売店:和歌山県和歌山市東紺屋町77
貴志川店:和歌山県紀の川市貴志川町神戸367−1

光が映り込むほど立っているのに、

口のなかでは粒を感じさせないほどなめらかで、

独自製法で閉じ込めた北海小豆の豊かな香りを

ご堪能いただけます

【どらやき】【詰合せ】極上どらやき 10個入り(粒あん・こしあん各5個) 化粧箱 常温 賞味期限10日

【きんつば】粒あんきんつば 5個入り 簡易包装 常温 賞味期限10日

他にもイチゴ大福などの通販で購入できますが、

餡の味がよくわかるどら焼きやきんつばを

紹介させていただきました^^

スポンサーリンク