木村光希(納棺師)の結婚や葬儀の依頼料金!おくりびとの養成学校はどこ?





納棺師の木村光希さんは、納棺師として

初めて葬儀会社「おくりびと®のお葬式」と

納棺師を養成する「おくりびとアカデミー」

を設立し、経営されています。

父は映画「おくりびと」で納棺の所作を

指導したという木村眞二さんです。

木村光希さんの今現在経営する

会社や結婚しているのかどうか

調べてみました!

木村光希の年齢や大学などのプロフィール

https://okuribito-osousiki.com/

名前:木村光希(きむら こうき)
生年:1988年9月3日
年齢:30歳
高校:非公表
大学:札幌大学経営学部卒業

映画「おくりびと」では、父の木村眞二さん

と共に技術指導を行ったという木村光希さん。

その当時はまだ、札幌大学に通う

大学生だったんですね。

その後、

父の背を追い、納棺師となった木村光希さん。

時にいわれのない偏見を受けることもあったそうですが、

納棺師として新しいスタイルを築き、

全国から依頼が来るようになりました。

「より良い送り方をすることが、

人を変え、社会を変えていく」

と力強く語る木村光希さんが

納棺師になった経歴や理由はなんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

木村光希の経歴は?納棺師になった理由は?

木村光希さんの父の木村眞二さんは、

1987年に納棺師になり、北海道を中心に

これまで3万体以上の納棺を経験している方です。

その息子さんである木村光希さんは、

父親が納棺師であったことで、

小さい頃は父が納棺師の仕事をやっているのを見て、

兄弟たちと一緒にまねしてやってみたりして

白装束とかで遊んだりしていたそうです。

ただ、このころは、

明確に納棺師になろうと思っていたわけでは

無かったようです。

それでも遊びのなかで技術が身に付き、

高校卒業するころには納棺師として

プロレベルまで成長していたというからスゴイですね。

高校卒業と同時に納棺師になったのかと

思いましたが、

サッカーが得意な木村光希さんは、

大学は地元北海道のサッカー強豪校、

札幌大学に推薦で入学します。

その大学時代に、

父の代わりに初めて一人で行った

農家での納棺のお仕事で、

「大学生の若い子が本当に一人で大丈夫なのか」

とご遺族の方も頼りなさそうにしていたのですが、

納棺後には最初頼りなさそうにしていた

ご遺族の方が泣きながら握手を

求めてきたとのこと。

この時に、

歳も離れている自分よりもずっと大人の方に

認めてもらえたという感覚が印象的で、

ご遺族からむけられた

「想いの大きさ」

「おくることの尊さ」

に触れ、

この仕事をやっていきたいなと

思ったのがきっかけとなり、

納棺師になろう決めたのだそうです。

木村光希の葬儀会社「おくりびと®のお葬式」とは?

そして、

3年秋の部活引退後は、本格的に納棺師

としての業務に就いた木村光希さん。

地元北海道の納棺湯灌専門業者に入社し、

納棺士としての日々を送る中で、

納棺士によって所作や技術、そして

おくる想いに大きな差異があったことに

疑問を感じ始めます。

入社から1年半後、

木村光希さんの“納棺の儀”を見た中国人より、

自国での講師要請を受けたことをきっかけにし、

韓国、台湾、香港、マレーシア等の

アジア諸国で納棺の技術を広め教える活動をスタートさせた

木村光希さん。

各国の“弔い”に触れ、あらためて死への

尊厳・捉え方を考えたことを契機に、

受け継がれてきた

“おくりびと=納棺師”

としてのおこないを

“文化”に昇華し“継承”するための学び伝えの場として、

2013年6月に日本初の納棺士教育機関である

「おくりびとアカデミー」を創設させました。

おくりびとアカデミーの場所は?

おくりびとアカデミー

本社/授業会場
〒108-0073 東京都港区三田2丁目12−5
代表者名:木村 光希
設立:2013年 6月
お電話:03-3457-2088
FAX:03-6701-7512
HP:https://okuribito-academy.com/

おくりびとアカデミーの授業料は?

おくりびとアカデミーでは、

納棺師コースがあり、その授業料は以下の通りです。

納棺士コース
半年間(毎週火曜日〜金曜日、19:00〜22:00)
¥1,200,000(税抜)

おくりびとアカデミーを開講した

木村光希さんは、

平成25年10月、納棺士の資格付けを行うための

専門機関として、

一般社団法人日本納棺士技能協会を設立し、

代表理事に就任されています。

納棺師として技術やおくる想いについての

真のプロを養成することで、

最期の時をより感謝ができる場として提供できる

人材=納棺師を世に輩出される学校なのですね。

こういった学校をつくるとともに、

木村光希さんは、

納棺師の差異と同様に葬儀に関しても

葬儀会社が主導でおこなう形式的なものに対して

日々疑問を感じていました。

スポンサーリンク

木村光希の葬儀会社「おくりびと®のお葬式」とは?

そこで、2015年10月、

ディパーチャーズ・ジャパン株式会社を設立し、

“おくりびと”がおこなう葬儀事業である、

“エンディング・プロデュース”をはじめます。

従来からの型にはめる形式的な葬送儀礼ではなく、

故人や遺族や友人、周りにいる皆が望む

“最高のエンディング”を実現できる葬儀会社として、

「おくりびと®のお葬式」を、設立。

認定資格を取得した納棺士が

ご安置の段階からご遺体をケアし、

ご遺体処置のスペシャリストである納棺士が、

担当者として見積もりから火葬に至るまで、

ご遺族と故人に寄り添います。

従来の葬儀では、

ご遺族から葬儀会社に葬儀の相談・依頼が行った後、

下請けとして一部のサービスを「納棺士」が

担当しており、

ご遺族から葬儀社、そして納棺士へと

連絡が渡ってくる段階でタイムラグが生じ、

ご遺体の状態保持で最も重要な

初期ケアが遅れてしまうケースがあるのだそうです。

「おくりびと®のお葬式」では、

納棺士が初期ケアから火葬まで寄り添うことで

「いつでも故人のお顔を安心してご覧いただける状態」

を保つことが出来るのですね。

さらに、葬儀全体を通じて、

故人らしさ、人柄や生き様が感じられる空間を

作ることを心掛けています。

「その方らしい葬儀を作ることで、

例えその人が物体としての死を迎えたとしても、

見送る方の心の中でこれからも生きることができる。

残された人のための葬儀だけでなく、

ご遺体のためのおくりびとになりたい。

理念は日本一故人に感謝される葬儀社」

引用:http://ship.ventures/article/event/post_367/

と木村氏は言います。

故人が望むことは何でしょうか?

やはり前向き元気に生き続けること

ではないでしょうか?

葬儀は、亡くなったことを参列者が

悲しみにくれるものではなく、

見送る方の心に

その人を生き続けさせる機会

であると木村光希さんは考え、

納棺師として納棺の義を行うだけではなく、

故人の意向を尊重した葬儀を実現させています。

そのためには日ごろから

「もし自分が亡くなったらどうしてほしいか」

という話をオープンにすることも必要と

木村光希さんは感じています。

死ぬ前に誰に会いたいか、

弔辞は誰に読んでもらいたいか、

どんな内容がいいか、

どのように棺に納めてほしいのか・・・・。

元気な時は

このようなことは考えないことがほとんどですが、

自分や遺族のためにも必要なことなんですね。

木村光希の「おくりびと®︎のお葬式」はどこで出来る?

「おくりびと®︎のお葬式」は全国で11店舗展開中です。

出典:おくりびとのお葬式

【東京】

・おくりびと®︎のお葬式-三田

・おくりびと®︎のお葬式−稲城駅前サロン

【愛知】

・おくりびと®︎のお葬式−豊橋中央

・おくりびと®︎のお葬式−春日井

【静岡】

・おくりびと®︎のお葬式−東伊場

・おくりびと®︎のお葬式−篠ケ瀬

・おくりびと®︎のお葬式−上島

【札幌】

・おくりびと®︎のお葬式−豊平斎場

・おくりびと®︎のお葬式−大谷地斎場

・さっぽろ東急百貨店 おくりびと®サロン

【函館】

・おくりびと®︎のお葬式−函館南

生前の表情を取り戻し、

亡き人の尊厳を保つ儀式に加え、

送る人たちの思いや果たせなかった

後悔までをもくみとり、

一期一会の葬送を作り出す木村光希さんの納棺は、

全国から依頼が届き、

みなが晴れやかな表情を浮かべる人も多いようですね。

木村光希の「おくりびと®︎のお葬式」の費用は?

お葬式の費用は、その地域や

形式、その他お返しの有無などによって変わってきます。

※札幌豊平会場での一例です。

出典:https://okuribito-osousiki.com/lp/sapporo/

※おくりびと®︎のお葬式−稲城駅前サロンでの例

出典:https://okuribito-osousiki.com/facility/inagi/

スポンサーリンク

木村光希は結婚して子供はいる?

納棺師として確かな技術を持ち、

新しい在り方を模索、実現させている

木村光希さんは、

2016年6月に

すでに結婚されており、お子様もいらっしゃいます。

端正な顔立ちにバイタリティ溢れる能力、

さらにサッカーが上手・・・・

となれば、女性から声がかかるのも多いでしょうね。

そして結婚した奥様が超キレイ!!

こちらはご出産前ですね。

美男美女でお似合いです。

お子さんがたくさんいるのかと思いましたが、

姪っ子さんと甥っ子さんでした。

この様子からも兄弟仲も良さそうですね^^

木村光希さんは、男3人女1人兄妹のようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

僕の顔の誕生日ケーキを甥っ子、姪っ子達が美味しく食べてくれた。 可愛い♡ #誕生日#顔ケーキ#もう少し#優しく#フォークを刺して

木村 光希さん(@kouki198893)がシェアした投稿 –

インスタを拝見すると、

奥様やお子さん、姪っ子さんや甥っ子さんの

写真も多く、とても愛されて育ち、

家族を大事にされている方なのだろうな

と見受けられましたよ^^

だからこそ納棺師として

最期を「見送る」ことにこだわり、

伝え、発展させたいとの思いも強いのでしょうね。

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!