開花堂のスピーカー(響筒)の値段と販売店や発売日は?カフェや茶筒の実演場所も!






スポンサーリンク

カンブリア宮殿で開花堂のスピーカーが

販売されると紹介されますが、

茶筒で有名な開花堂がスピーカーを発売するとは

驚きですね!

開花堂がパナソニックとコラボして開発した

スピーカーの値段や発売日について

また、開花堂の実演販売やカフェについて調べてみました!

開花堂がスピーカーを販売する理由は?

開花堂は創業140年の老舗で、

職人さんが130もの工程を経てつくる高級茶筒が

海外でも人気を得ています!

初代が生み出したその手法は、

今も変わることなく受け継がれており、

茶葉を保存する上で大切な気密性が高いことで

評判です!

蓋を筒の口の上に合わせて離すと、

スーッとゆっくり蓋が滑り落ち始め、

静かにゆっくりと閉まるのは

機械で計算されていないので、

そのすき間が何ミリなのかは

分からないのだそう。

まさに手仕事ならではの職人技により気密性が高められており、

なおかつ開けやすいんです!

そんな伝統工芸を作る開花堂が家電である

スピーカーを販売するとは驚きですね!

開花堂の茶筒は親子3代、100年以上も

使い続けることのできる伝統工芸で、

その経年変化を楽しむこともできる茶筒です。

購入した直後が一番価値があるとされる家電に対して、

時が経つことで経年変化していく茶筒。

相反する二つですが、

茶筒を筐体としたモバイルスピーカーは、

音の響きを手に取り感じることのできる、

使い続けることで質感が変化する

というプロダクトとして開発されたそうです。

京都の伝統工芸の若手経営者らとともに

プロジェクトユニット「GO ON(ゴオン)」

を2012年に設立した開花堂の八木隆裕社長は、

近年スマートフォンや音楽配信サービスにより

音楽との接点が手軽になった一方で、

音と向き合う機会が減少していることを受け、

パナソニックの家電事業のデザイン部門と

連携したプロジェクト

「Kyoto KADEN Lab.(京都 家電 ラボ)」

を立ち上げ、開発をする運びになりました。

フタの開閉で音をオン/オフできる

茶筒型スピーカー「響筒(きょうづつ)」は、

フタを開けた時の心地よさにデジタル要素を

組み合わせた独特なしくみで、

世界最大規模の家具見本市「ミラノサローネ」でも

脚光を浴びています!

開花堂のスピーカーの販売店舗や値段は?

開花堂のスピーカー「響筒」

出典:マイナビ

蓋を開けると・・・・

出典:マイナビ

中からスピーカーが!!

なんてオシャレ!!

欲しいーーー!!

しかし、

この茶筒スピーカーは現在プロトタイプで

今はまだ一般販売はされていないそうです!

しかし、2019年春には商品化されるようです。

パナソニックは4月24日、
京都に開設した新たな家電デザイン拠点
「Panasonic Design Kyoto」についての
記者説明会を開催。

その中で、京都の伝統工芸とコラボレーションして
プロトタイプを開発した茶筒スピーカー「響筒」を、
2019年春を目処に商品化することを明かした

出典:マイナビ

もうすぐ販売される見通しですね!

カンブリア宮殿に八木隆裕社長が出演した際に

発表されるかもしれません。

また、茶筒は職人さんが手作りするものなので

大量生産できないと思われます。

販売は開花堂本店やHPなどでの数量限定とかになるのでは・・・?

と予想します。

価格は茶筒の値段が1万円以上はしますので、

5~6万円くらいでしょうか?

以下の動画では開花堂の茶筒の蓋が音もなく

閉まる様子や作る過程が収録されています。

スピーカーが伝統工芸として

リビングにあったら家電でありながらも

落ち着きそうですね!

5万円界隈なら買ってしまいそう・・・。

音もなく閉まる蓋 驚異の手しごと

開花堂の実演販売はいつ?

素晴らしい茶筒をつくる開花堂では、

実演販売をされています!

開花堂のブログで実演日を確認できました!

名古屋タカシマヤ
日時:2019年4月10日 ~ 4月23日

※20日、21日のみ職人が在席。

銀座松屋 
日時:2019年5月8日 ~ 5月14日

※10日〜12日のみ職人が在席しております

開花堂のカフェは?

開花堂社長の八木隆裕社長は、

茶筒という伝統工芸を知ってもらいたいとのことで、

若者が身近に感じられるカフェに伝統工芸品を

取り入れることにしたそうです。

開化堂カフェは京都市内の便利なところにあり、

他の観光地へのアクセスもしやすいので

観光の合間に立ち寄るのも可能という立地にあり、

まさに開花堂の茶筒をはじめとした

京都の伝統工芸を知ってもらうためには

好条件の場所にあります!

建物にもこだわり、

昭和2年に建てられ、

明治から大正時代まで運行をしていた

市電の車庫兼事務所だった

「旧・京都市電内濱架線事務所」を改装したレトロな空間です。

店内では、

■コーヒーは「中川ワニ珈琲」のオリジナルブレンドを使用。

■「金網つじ」のコーヒードリッパー

■「中川木工芸」のコーヒースタンドを使い抽出

■「朝日焼」のカップ&ソーサー

竹かご、カーテングラス、オリジナルトートなど、

あらゆるものから京都の職人技に触れることができます。

食事では、

「CHEESE GARDEN」のチーズケーキや

「Hanakago」のパン等が味わうことができますね^^

京都の伝統を感じつつ食事も楽しめる素敵なカフェですね!

八木隆裕開花堂社長は、 廃業寸前から売上を回復した経営手腕で 注目されています! 八木隆裕社長の経営方針や年収や大学、 結婚した...

八木隆裕(開化堂)の大学や年収と売上げ!経営方針や結婚した妻や子供は?

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


スポンサーリンク

フォローする

error: Content is protected !!