池田匡志(奈良団扇職人)の経歴や年収は?池田含香堂の場所やウチワの値段!






池田匡志(いけだただし)さんは、

奈良団扇(ならうちわ)の老舗、池田含香堂の

6代目店主。

現在29歳の池田匡志さんは、父の急逝により、

23歳で奈良団扇の伝統あるお店、

「池田含香堂」を継ぎました。

二代目和風総本家では、

伝統工芸を母と息子で繋いだ物語が

放送されました。

池田匡志さんのお店の場所、

奈良団扇値段や特徴などを調べてみました!

池田匡志さんの高校や大学などのプロフィール

池田匡志

出典:明日への扉

名前:池田匡志(いけだ ただし)
生年:1990年
年齢:28歳or29歳
出身:奈良県奈良市
高校:奈良大学附属高等学校
大学:桃山学院経営学部
職業:奈良団扇工芸士

奈良大学附属高等学校は元プロ野球選手を

何人も輩出している野球部があり、

池田匡志さんは高校球児でエースだったそうです!

ですので、

なかなか良い肩しているのではないでしょうか?

池田匡志さんは、高校時代、

人前に出て話しをするのが大の苦手だったそうです。

それが今や、奈良団扇の体験教室で人前に立ち、

伝統を伝え歩いているのは、

母親の俊美さんからすれば想像できないこと

のようです。

池田匡志さんを変えたのは、

大学時代に取り組んでいたバンド活動。

バンドでは、ギターとボーカルを担当し、

バンド活動を通じて、人前に立つ喜びを知ったそうです。

団扇職人とバンド活動は一見

何にも関係ないようにも思いますが、

どんな経験も無駄になることはないのですね^^

出典:まほなび

池田匡志の経歴は?

創業約160年を誇る池田含香堂の

次男として生まれた池田匡志さん。

幼い頃から祖父や父の仕事を見て育ち、

「いつか自分も団扇を作りたい」と

自然と思うように・・・・。

しかし、小学校2年生の時に5代目だった

父が亡くなり、

母親の俊美さんが伝統工芸である奈良団扇を

後世まで残したいという想いで、

子育てしながら、奈良団扇を作り続けていました。

団扇作りには、“男仕事”と“女仕事”があるそうで、

母の俊美さんは体力的に過酷な

“男仕事”も必死にこなそうとされていたとのこと。

具体的には、同じ姿勢でずっと作り続けなければ

ならないので非常に身体がキツイのだそうです。

出典:私と奈良

そんな母の姿を間近で見ていた

池田匡志さんは、

母の手助けをしたい気持ちが自然に

育っていったそうです。

高校進学時に3歳年上の兄と

家業を誰が継ぐのか相談したところ、

兄には他の夢があるとのことで、

池田匡志さんが池田含香堂を継承することとなりました。

高校卒業後、

「仕事では学べない社交性を身に付けること、

仲間を作ることも大切」という母からの

アドバイスもあり、

家業の修行もはじめつつ大学に進学。

そして卒業後、正式に

「池田含香堂」の六代目として職人の道を歩み始めました。

歴史を学び、技術を極めるにつれて

奈良団扇の奥深さを感じ、すっかり虜になった

池田匡志さんは、

この伝統あるなら団扇をもっと皆に知ってもらいたい

との想いから、

従来通りの店舗販売だけでなく、

団扇作り体験や展示会への出展など、

積極的に外へ発信することもされています。

奈良団扇とは?

出典:池田含香堂

奈良団扇職人として名乗っているのは

現在池田含香堂の池田匡志さん親子のみです。

奈良団扇は、約1200年前に

春日大社の神職の手内職として制作されていた

団扇が、次第に洗練され、

江戸時代中頃には現在の透かし彫りの形に。

一時は途絶えかけるも、明治時代に

同店2代目が透かし彫り器具一式を発見。

製法を研究、復活させた歴史があります。

その特徴は

「透かし彫り」「骨の多さ」と「団扇のしなり」。

一般的な団扇の骨は2、30本ですが、

奈良団扇は6、70本。

「小割の差柄」という技法を施された製法により、

少しの力で扇いでもたくさんの風を送ることができます。

透かしが空いていても風が抜けないという

ところが、日本の素晴らしい伝統技術が感じられますね!

出典:池田含香堂

伝統ある工芸品にも関わらず、

かなり実用的かつ贈答用としても人気で、

そのデザインの種類は

奈良の風物や正倉院文様など、

奈良にゆかりのある模様100種以上もあります。

池田匡志さんのお店の場所

出典:池田含香堂

池田含香堂(がんこうどう)
TEL/0742-22-3690
住/奈良市角振町16
営/9:00~19:00
休/4~8月は無休、9~3月は月曜
HP:http://narauchiwa.com/utiwa.htm
※奈良団扇作り体験 随時受付

先代の池田匡志さん父は、

他分野の工芸士とのつながりを大切にしていたので、

今でも、息子さんである池田匡志さんのことを

気にかけてくれる方がたくさんいるそうです。

奈良団扇の購入や値段

池田匡志さんの奈良団扇は楽天通販では、

ふるさと納税という形で購入できます。

他には、池田含香堂のHPより購入が可能ですね。

池田含香堂HP

鳳凰が彫られたものや、

百人一首の歌が彫られた団扇なんかもありますね!

出典:池田含香堂

価格は\2,000~\20,000

と幅があります。七宝つなぎなんかは素晴らしい

彫りのまさに芸術品ですね!

出典:池田含香堂  七宝つなぎ

奈良団扇職人の年収は?

伝統工芸士の年収の平均は、420万円。
(民間給与実態統計調査や賃金構造基本統計調査や求人情報調べ)
平均年収推移は490万円~700万円となっています。
お給料(月収):約26.8万円
最大年収:1000万円以上

出典:https://heikinnenshu.jp/creative/dentoukogeshi.html

伝統工芸のなかでも、

扇子や団扇や和傘や提灯などの伝統工芸品は

どれも単価が安く、暇手間が掛かる割には

利益があがりにくいようですね。

とはいえ、池田匡志さんが奈良団扇を

作り続けるのは、代々うけついできた

技術や伝統を守り、さらには、

奈良団扇の知名度をあげ、

みなさんに知ってもらいたいからでしょう。

それは池田匡志さんがだれよりも

奈良団扇の素晴らしさを知り、団扇が好きで、

愛情があるからです。

今現在は、

良いものさえ作っていれば、お客さんが来る

という時代ではないと感じている池田匡志さんは、

自分から「発信する」努力をされ、講演や体験教室などを

開催されています。

このような伝統工芸に興味を持っている方は

多いと思いますので、池田匡志さんのように

職人の方が発信されると、

非常に興味をもって聞きたい・見たいという方は

嬉しいのではないでしょうか^^

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


フォローする

error: Content is protected !!