ハルさんの休日大阪八尾市恩智の古民家!茶吉庵【ゆくるカフェ】のメニュー!



ハルさんの休日で大阪八尾市恩智にある

古民家「茶吉庵」の「ゆくるカフェ」が登場!

ハルさんがはじめてのカフェ指南役として

建物の歴史の面白さやメニューの助言をしていきました!

ハルさんの休日で紹介された古民家カフェの

「茶吉庵」や「ゆくるカフェ」の場所やメニューについて調べてみました!

古民家カフェ「茶吉庵」とは?

名前の由来について

木綿問屋を営んできたオーナーの萩原氏は、

代々茶屋吉兵衛の屋号を受け継ぎ商売を営んできました。

その名前は周囲の人々から

『茶吉(ちゃきち)』と

親しみを込められて呼ばれてきたとのことで、

古民家を再生するにあたり、「茶吉庵」名付けたそうです。

「茶吉庵」はなぜできた?

茶吉庵のオーナー合同会社茶屋吉兵衛の代表

萩原浩司氏は、当家の十九代目です。

個人の力でこの古民家を維持していくには

限界があると感じたオーナーは、

たくさんの人々に利用していただくことや、

地域の方々に喜んでいただける空間に

再生しようと考え、

2017年年5月に茶吉庵プロジェクトを立ち上げ、

2018年の4月には合同会社 「茶屋吉兵衛を設立」。

屋敷の維持管理とイベント企画、ギャラリー運営を

行う複合施設として生まれかわりました!

茶吉庵の施設

実力がありながらも、名前がまだ世にでていない

アーティストの作品発表の場を室内ギャラリーとして提供しています。

出典:茶吉庵

レンタル料金
1日:15,000円
3日:40,000円 
7日以上:初日15,000円、2日目以降10,000円/日

また、屋外イベントスペースの貸し出しも行っており、

BBQ会場やマーケットプレイスとして、

また音楽会などの会場として様々な人との交流が出来る場所として

利用できます。

出典:茶吉庵

レンタル料金
1日:15,000円
3日:40,000円
7日以上:初日15,000円、2日目以降10,000円/日

その他に木の器の工房なんかも併設されています!

そして、

今回のハルさんの休日でカフェとして紹介されたのが

古民家をリノベーションしオシャレなカフェ「ゆくるカフェ」です!

出典:イエ×モア

お店の名前の「ゆくる」は、

沖縄の言葉で「ゆっくりする」「休む」という意味だそうです。

ゆくるカフェの場所は、

江戸時代は厩(うまや)として荷物を運ぶ馬が

飼われていて、

明治に入り、その場所は初代の恩智郵便局として活用。

 戦後、郵便局は分家に経営を委譲し、

長い間物置としてしか使われてこなかったこの空間が

カフェになったんです。

「ゆくるカフェ」のオーナー、

りこさんと さくらいじゅんさんは2人とも音楽家で、

好きな音楽を奏でながらカフェがしたいと思っていたところ、

2018年1月、たまたま誘われて参加した

「八尾ファンミーティング」という集まりで、

『茶吉庵』のオーナー萩原浩司氏と出会います。

そこから話は進み、一緒にDIYをするなどして、

2018年7月に「ゆくるカフェ」がオープンしました!

出典:http://www.on-do.net/shop/yukurucafe/index.php

店内にあるカウンターなどは、

この場所が郵便局だった時に使われていたものを再利用。

出典:イエ×モア

この他にも店内には古民家にあったものを

リメイクした照明など

こだわりのポイントがたくさんあります。

古民家「ゆくるカフェ」のメニューは?

出典:Instagram


出典:http://www.on-do.net/shop/yukurucafe/index.php

毎日少しずつ変わる美味しいランチは、

赤ワイン煮込みハンバーグや野菜ブイヨンで

作ったカレーが人気です^^

マロニーフォー(マロニーを使ったフォー)」の

ランチセット。

出典:Instagram

こちらは、

マロニーフォーと副菜三種、ごはんのセットです。

マロニーは国産品、北海道のジャガイモで作られています。

ランチの付け合わせやトッピングはその日次第で、

メニューは気まぐれでワンコインのものが

出ることも!

ランチは900円でドリンクとセットにすると

150円引きになります。

お飲み物も豊富にありますよ^^

こだわりのコーヒーは、古民家を

イメージしてブレンドしてもらっています。

使うカップは河内焼の物を使っています。

「ゆくるカフェ」のドリンクメニューは、

コーヒーやソフトドリンクが400円~450円。

2杯目からは300円になるので、

ゆっくりと寛げそうですね!

心も身体もすっきりデトックスハーブティーは、

ハーブコーディネーターでもあるオーナーの

りこさんが、5種類のハーブをブレンドしています。

出典:イエ×モア

自家製黒糖ジンジャーエール

出典:イエ×モア

数種類のスパイスと黒糖を使った

自家製のジンジャーエールです。

黒糖はいろんな産地の黒糖を使うそうです。

ヨーグルトから手作りのヨーグルトババロア

出典:イエ×モア

チョコレートケーキ(小麦粉不使用)


出典:イエ×モア

たっぷりの卵でふんわりと仕上げた

スフレのようなチョコレートケーキです。

小麦粉を使わない甘さ控えめのヘルシーなケーキです!

手作りのスイーツはどれも500円。

ドリンクとセットで800円です。

さらに、

3つの味が選べる300円のソフトクリームもあります。

古民家「ゆくるカフェ」の評判は?

■赤ワインの煮込みハンバーグ
野菜のブイヨンと赤ワインでことことと煮込まれた
ハンバーグは絶品です。
スープ(ソース)であるワインの酸味が程よく、ふわっとやわらかいハンバーグ。(^^)v

ライスは雑穀米なのでヘルシー。
ソテーされた野菜もちょっぴり大人の味。
(じゃがいも、かぶ、ズッキーニ)
マリネにされたパプリカもGOOD。(^^)d

■食後は隣接している茶吉庵で寄席を…。
先頭例で拝聴。生寄席ってはじめかも。
林家染八、笑福亭由瓶、桂福團治さんらが目の前で寄席を。
腹がよじれるくらい面白かったですよ 。
3ヶ月に一回行われるようなので、また行こうと思っています。

■すってきーーな古民家のカフェです。古民家だから木とかダークな色なのに、植物や小物なんかがカラフルに置いてあって、すてきです。チキンカレーを注文しました。チキンは煮込まれてほろほろやわらかく、素揚げした根菜とかもたくさん乗っていて、雑穀米なのもうれしいし、おいしかったです。

古民家「茶吉庵」のゆくるカフェの場所は?

茶吉庵「ゆくるカフェ」
住所:〒581-0883 大阪府八尾市恩智中町3丁目1
電話:072-943-7007(茶吉庵) 090-3051-4426(ゆくるカフェ)
HP :https://chakichian.co.jp/
facebook:https://www.facebook.com/chakichian/
Instagram(ゆくるカフェ)

忍者広告



フォローする

error: Content is protected !!