荒川区の木津屋(和菓子店)の店主の顔画像は?経歴や家族と動機や評判!

スポンサーリンク

東京荒川区和菓子店の冷蔵庫に

女子大学生、木津いぶきさんの遺体があることが

発覚。

この和菓子店は「菓匠 木津屋」とみられています。

店主の父親である木津英喜さんが絞首、切り付けたとみられ、

さいたま市岩槻区の河川敷で自殺しているのが発見されています。

事件の概要は?

 
7日午前0時50分ごろ、
東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店で、
冷蔵庫の中に大学1年の木津いぶきさん(18)=荒川区東尾久8丁目=

の遺体があるのを警視庁の捜査員が発見した。
この店を経営する木津さんの40代の
父親の行方が分からなくなっており、
警視庁は何らかの事情を知っているとみている。

尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、
木津さんの弟から

「父が自殺しようとしている」と110番通報があった。
その後に、
父親から自宅に「娘を菓子店で切った」と電話があったという。

捜査員が父親を探していたところ、
和菓子店内の業務用冷蔵庫
(縦73センチ、横140センチ、高さ85センチ)
の中から木津さんを見つけた。

木津さんはひざを抱えるような態勢で、
死亡が確認された。
首には絞められたような痕があったという。

木津さんは両親と弟との4人暮らしで、
6日朝は自宅にいたことが確認されているという。

引用:朝日新聞デジタル

東京都荒川区東尾久4丁目の和菓子店は
「菓匠 木津屋」か?

ニュース情報からの住所によると、

この和菓子店は

「菓匠 木津屋」であると予想されます。

木津屋店主、木津英喜の経歴は?

木津屋店主で被害者の父親の顔写真などは公開されておりませんが、

食べログの口コミから、

菊最中・栗羊羹で有名な墨田区向島にある

老舗和菓子店『青柳正家』で修行を重ねた後、

平成15年に『菓匠 木津屋』を開業されたそうです。

スポンサーリンク

木津屋店主、木津英喜の家族は?

今のところ公開されている情報によると、

和菓子店と自宅は4丁離れた別の近所の場所にあり、

父親である店主とその妻、

被害者である長女の木津いぶきさん18歳と

その弟(中学生)の4人暮らしとのこと。

近所の人によると、

ごく普通の家族だったとのことです。

「父親は口数が少なかったけど、穏やかな人。奥さんと店を切り盛りしていて、季節のお菓子がおいしかった。娘さんが小さいころはお店に来たりしていて、家族仲良さそうだった。信じられない」

「娘さんはかわいくて、ちゃんとあいさつするようないい子だった」

「朝から晩まではもちろん、休日も店に来ることがあり、真面目によく働いていた。娘と息子が小さい時は店から一緒に自宅に帰ったり、子供たちと一緒に保護猫を引き取りに来たりと、子煩悩な人だと思った。とてもお子さんを大事にしていたのになぜ」

「娘にバレエを習わせたり、子供を私立の学校に通わせたりと、家族の幸せを考える一方、店は賃貸で、店内にはお花を飾らなかったりとぜいたくはせず、質素だった。自宅用にマンションも買って、無理していたところもあったのでは」

引用:日刊スポーツ

木津屋の評判は?

木津屋店主

■こちらの和菓子店は価格の割りには質の良い素材を使用していると思われる。

■おそろく全種類の⅔は食べたかと思いますが、お餅は食べたことがなかった!
お正月の丸餅を購入しました。
ドッシリとした重量感があり、水分があり過ぎるお餅が多い中「あぁ!これがお餅だ!」っと満足感を覚える美味しさでした。

■このお店を見つけて以来、他のお店の探索をやめてしまいました。
それくらい美味すぎる。最高です。
しかも安い。
どうなってんだろう、と不思議な気持ちになります。

価格は安いながらも多くのファンを獲得する

味は確かな和菓子屋さんだったようです。

父親の木津英喜が娘を手にかけた?動機は?

報道によると、

尾久署によると、6日午後6時35分ごろ、
木津さんの弟から「父が自殺しようとしている」
と110番通報があった。
その後に、父親から自宅に「娘を菓子店で切った」
と電話があった
 
 

とあることから、

父親が娘を殺めたという可能性が高そうです。

そして今現在、行方が分からなくなっているということなので、

どこかで自殺を図っている可能性もあります。

その後、父親の木津英喜さんは、

さいたま市の岩槻区の河川敷で首をつって

自殺していたことが警察官によって確認されました。

娘さんは大学1年生ということですので、

この春に入学したばかりですし、

家族にとっても喜ばしい門出の年でもあったはずです。

加えて和菓子店の評判も悪くなく、

近所の人からは普通の一家のように見えたようですので、

動機に繋がるような原因は不明ですね。

家族にしかわからない何かがあったのでしょうか?

また、この事件には曖昧な点や不可解な点も多いです。

続報によりますと、

6日は朝からアルバイトのため外出したが、
アルバイト先を訪れていなかった。
英喜さんは午前7時ごろから仕事に出ていた。

娘さんがアルバイトに行ったはずが

父が経営する和菓子店に行っていることも謎ですし、

父親の木津英喜さんが、電話で

「娘を切った」「自分の手首を切った、入水する」

と話していたようですが、

しかし実際は、首が絞められた跡があり、

娘さんに刺された傷はなかったことや、

入水ではなく、自身は首吊りという点ではチグハグです。

ですので、

「他に関与した人物がいない」とは言い切れない

ところもありそうです。

今後の捜査によって明らかになると思いますが、

どんなに外から見て幸せそうでも、

その家にはその家の悩み事は大なり小なりあるでしょうし、

親しい友人にも言えないような何かがあったのだろうと思います。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!