青空レストランのたまり醤油(南蔵商店)の値段や通販!つれそいがおすすめ!






スポンサーリンク

青空レストランで紹介された愛知県武豊町、

南蔵商店のたまり醤油の値段と通販お取り寄せ

方法についてお伝えします。

溜まり醤油と一般的な醤油との違いとは、

原材料の大豆と小麦の比率の違いですが、

大豆が主原料のたまり醤油は、

3年かけて熟成させるため濃厚さと旨味は

一般的な濃い口醤油よりも高いんです!

たまり醤油南蔵商店

出典:南蔵商店HP

たまり醤油と濃い口醤油との違い

日本の料理・食卓に欠かせない調味料の醤油。

たまり醤油はお刺身につけて食べれば

より美味しくなると言われていますね。

一般的な醤油の「濃い口醤油」「淡口醤油」と

「たまり醤油」との違いをもう少し詳しく見てみると、

●濃い口(こいくち)醤油

醤油の生産高の約8割を占め、一般的な

「醤油」のことを指します。食塩分は約16%。

卓上調味料としてや、煮物、焼物、だし、たれ

など調理用しょうゆとしてもほぼオールマイティ。

原料の大豆と小麦の比率は半々程度です。

生産地として、

千葉県の野田市や銚子市、香川県の小豆島があります。

●淡口(うすくち)醤油 

色や香りは薄いけれど塩分濃度は18~19%と

濃い口よりもやや高いのが特徴。

「淡口」とは「色が淡い」という意味で

「食塩分が薄い」という意味ではないのですね。

食材の色や風味を生かしやすいため、

汁物、煮物、うどんつゆなどに好んで使われます。

原料は、こいくちに比べて小麦の比率が多く、

圧搾前に甘酒を加えることも大きな特徴です。

主産地は、兵庫県のたつの市です。

●溜り(たまり)醤油

国内生産量は全体の2%弱くらいで、

食塩分はこいくちと同程度です。

濃い口や淡口は大豆と小麦をほぼ等量ずつ用いますが、

溜まり醤油はほとんど大豆だけでつくられます。

風味、色ともに濃厚で、刺身につけたり、

照焼きのタレなど使用されます。

また、加熱すると美しい赤みを帯びるので、

煎餅やあられなどのつけ焼きなどによく使われます。

中京地方や九州地方が主産地です。

View this post on Instagram

南蔵 青木 弥右ヱ門さん(@minamigura1872)がシェアした投稿


その他に再仕込み醤油と白醤油などもあり、

醤油は5つの種類があります。

3月9日青空レストランの青空レストランで紹介!
南蔵商店とは?

今回青空レストランで紹介されたのは、

愛知県武豊町の南蔵商店です。

愛知県武豊町は知多半島のほぼ中央に位置し、

温暖な気候と良質な水に恵まれた地域です。

南蔵(みなみぐら)商店は、

明治5年より、豆味噌・豆のたまりを作り続ける

蔵元で、

現在五代目の青木弥右ェ門が、息子さんの良之さん

と共に親子二代で原材料は大豆と塩のみの

溜まり醤油を作られています。

たまり醤油「つれそい」「なじみ」等のお取り寄せは?

View this post on Instagram

南蔵 青木 弥右ヱ門さん(@minamigura1872)がシェアした投稿

●ぎん わらべうた 
200ml 720円(税込み)
720ml 2,160円(税込み)

●なじみ 
200ml 360円(税込み)
900ml 1,230円(税込み)

●つれそい

200ml 540円(税込み)
900ml 1,900円(税込み)

View this post on Instagram

南蔵 青木 弥右ヱ門さん(@minamigura1872)がシェアした投稿

里の味

1kg   1,400円(税込み)
500g  720円(税込み)

こちらのお味噌は、「すり」と「つぶ」2種類

あります。お値段はどちらも同じです。

お味噌と醤油の組み合わせSETなども販売されていますので、

贈答用にもぴったりですね^^

南蔵商店公式オンラインショップ

南蔵商店の醤油は楽天でも!

こちらは100mlと少量なので、

試しにちょっとだけ使ってみたいというかたに

ピッタリです。

【入荷待ち】 職人醤油愛知県 南蔵商店 つれそい 100ml 【キッチン おしゃれ インスタ映え 人気 ギフト プレゼントとして】
3月9日放送の青空レストランでは、

溜まり醤油を使用した

「刺身」「モッツアレラチーズの溜まり漬けサラダ」

「きんぴら」「手羽先」「溜まりラーメン」

などの料理紹介されていましたね。

ご家庭でもぜひお試しください^^

忍者広告



お買い忘れはありませんか?


スポンサーリンク

フォローする

error: Content is protected !!