赤井勝の息子や妻は?レッスン料金や作品と年収は?エミフラワーの場所も!

スポンサーリンク

フラワーアーティストの赤井勝氏の

結婚した妻や息子さんも、

フラワーデザイナーとして活躍されている

お花一家!

赤井勝氏のレッスンには、

在日大使館夫人も通い、

その作品は世界的に評価されています!

赤井勝氏のレッスン教室の場所や料金、

フラワーデザイン料についても

調べてみました!

赤井勝氏の結婚した嫁は弘美さん

赤井勝さんは花の修行先で今の奥様である、

弘美さんと出会い、21歳で結婚され、

二人の息子さんを授かりました。

今現在では21歳での結婚はかなり早いですよね!

奥様の年齢は公表されていませんが、

同じくくらいの年のようにも見えますね。

出典:HEART OF GOLD

赤井勝さんは結婚と同時に

フラワーデザイナーとして独立したので、

奥様も同じくフラワーデザイナーですので、

強力なパートナーとなっていたことでしょう。

同じ職種で時には同じ仕事場にいくことも

あるでしょう。

そして

家でも一緒ではちょっと距離を置きたい・・

なんていうことはないのかなと思ったのですが、

赤井勝さんの奥様への想いが深いんです!

赤井勝さんに奥さんのどこに惹かれたのか?

と言う質問には、

「全てです」と答え、

「弘美さんを幸せにするために生まれてきてますから」

とまで明言!!!

奥様から叱られても嬉しいのだとか!

叱られるということは、

興味をもっている、愛情があるということの

裏返しですもんね!

赤井勝さんにこう言わしめるほどですので、

奥様の人柄が素敵なのでしょう。

赤井勝氏が「花になりたい」というのは、

そんな素敵な奥様を喜ばせられる人になりたいということ。

そんな思いをこめて、ご結婚されるときは

ブーケを手作りされています。

奥様は大阪のアトリエ「emi flower」の

代表を務められていますので、

赤井勝さんの右腕であるとともに、

フラワーデザイナーとしても一流なのでしょう。

赤井勝氏の息子さんは赤井隆祐さん

出典:HEART OF GOLD

赤井勝さん曰く、「赤井勝2号」という

息子さんは赤井隆祐(りゅうすけ)さん。

お子様が二人いらっしゃるのですが、

ご長男ですね。

赤井勝さんと同じくフラワーデザイナーとして

活躍されており、

赤井勝さんのフラワーコーディネートのレッスンでは

アシスタントも務めていらっしゃいます。

赤井勝氏のDNAを見事に受け継いだ息子さんが

配達に出向き、説明などをしてくれるようです。

ゆくゆくは赤井勝氏の後継者として

大活躍されることでしょう!

赤井勝氏の出身や高校大学などのプロフィール

赤井勝

出典:Instagram

名前 :赤井勝(あかいまさる)
生年 :1965年
年齢 :53歳(2019年4月現在)
出身地:大阪
身長 :153㎝
職業 :フラワーデザイナー

大阪出身の赤井勝さんは、

英語は喋らず少々ドスの利いた大阪弁のみで、

在日の各国大使館夫人たちに

フラワーレッスンをされています!

赤井勝氏は、日本の”華道”と西洋の”フラワーアレンジ”を

融合させた斬新なスタイルが瞬く間に評判を呼び、

その縁でローマ法王ベネディクト16世にブーケを

献上したこともある大人気のフラワーアーティストです!

しかし、赤井勝氏は自らのことを

「花人(かじん)」

と呼び花を通して心を伝えています。

その原点は奥様なんですよね^^

赤井勝氏の経歴は?

花屋を営んでいる母親の恵美子さんのもとに

生まれた赤井勝氏。

実は赤井さんの父・道春さんは、

赤井勝氏が2歳の時にガンでなくなっています。

ですので、

父親が亡き後は母の恵美子さんは、

女で一つで赤井勝氏を育てながら、

花屋の経営を続けていました。

苦しい家計の中でも母親の恵美子さんの勧めで

小学校に上がる前から生け花教室に通い始めた

という赤井勝氏。

男の子と言えばどちらかというと

お花のイメージはありませんが、

華道家には男性も多いです。

赤井勝氏は生来のお花好きということもありそうですが、

お花が母とのコミュニケーションの一つとして

大切なものであったことでしょう。

そんな赤井勝氏は、中学卒業後は進学せず、

16歳からお花の仕事を始めます。

10代でフラワーデザインを学んだ赤井勝氏は、

「堅苦しく考えがちな”花を活ける”という

感覚ではなく、形式や定義を取り払って

“花と遊ぶ”という感覚を大事にしたい」

とし、その自由な発想から生まれる作品が評価されていきました。

赤井勝氏の実績について

2001年:在大阪ロシア連邦総領事館装花担当

2002年:(株)電通本社ビル「光の庭」プロデュース

2004年:
ウクライナ大使館主催「赤井勝装花の会」を開催
島津貴子(元・清宮貴子内親王)夫妻らを迎えた
「赤井勝装花の会クリスマスナイト」開催

2005年:エジプト政府観光省主催イベントの装花担当

2006年:
Japan-Latin Ladies Association」加盟の
大使夫人諸姉の「花の教室」を主催
在日ボリビア大使館共催によるファッションショー
「Baby Alpaca Show (ベビー・アルパカ・ショー)」の装花担当

2007年:
「アンフォンテーヌ表参道ブティック」にて
個展「MASARU AKAI装花展」を開催

2008年:
7月8日 北海道洞爺湖サミット
各国首脳夫人のランチ会場の装花

2009:
ローマ法王謁見 謁見会場「パウロ6世ホール」
にオブジェを制作 ベネディクト16世に謁見の際、
ブーケを献上

2013年:
伊勢神宮にて 式年遷宮 献花奉納

このほかに、

伊勢神宮式年遷宮の献花奉納や、

2017年にはフランスに1000本の桜を持ち込み

「ルーブル王宮内パリ装飾美術館La Nef」の舞台を担当。

2019年春から、

大阪の追手門学院大学の客員教授に就任されました!

赤井勝氏のレッスン教室は?

世界を股にかけて活躍されている

赤井勝氏ですが、

一般に向けたレッスン教室も開催されています。

レッスンは、赤井勝 装花の会「花と遊ぶ」

アトリエ・プライベートレッスン

という名前で行なっています。

【東京会場】
「Akai Masaru」
〒108-0071 東京都港区白金台2-25-13
最寄駅 : 都営浅草線:高輪台駅A2出口
1レッスン 16,200円(税込)
レッスンは花器代を含みます。赤井勝公式HPに詳細が掲載されています。
赤井勝公式HP
【大阪会場】
場所は大阪 日本橋の中華料理店 Opus Oneです。
レッスン後、特別メニューのランチをお召し上がりいただきます。
日程
2019/4/26(金)11:00受講料:¥21,600
(花材・花器代・ランチ代含む)赤井勝公式HP

赤井勝氏のアトリエ「エミフラワー」の場所は?

赤井勝氏のアトリエは、

東京と大阪の2箇所にあります。

「emi flower(エミフラワー)」大阪

「emi flower」
大阪市北区堂島1-1-20

TEL : 06-6344-6646
FAX : 06-6345-2626

大阪市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 7番出入口から徒歩約8分
京阪電車中之島線「大江橋」駅 5・6番出口から徒歩約5分

*営業時間: 12:00~22:00
*定休日:土・日
日・祝の宅配は可能


こちらは奥様が経営されています。

「Akai Masaru」東京

東京アトリエ「Akai Masaru」
〒108-0071
東京都港区白金台2-25-13

TEL : 03-6441-2291
FAX : 03-6441-2292

都営浅草線 高輪台駅下車 A2番出口

赤井勝氏の作品は?

赤井勝氏の作品は公式サイトからたくさん拝見できます!

また、Instagramからも拝見できますよ!

スポンサーリンク

View this post on Instagram

赤井勝さん(@akaimasaru)がシェアした投稿

View this post on Instagram

赤井勝さん(@akaimasaru)がシェアした投稿

View this post on Instagram

* 「スキマスイッチ」さんのイベントで、ピアノをラッピングしてきました。 * スキマスイッチさんが、3月14日にリリースするニューアルバム『新空間アルゴリズム』の発売を記念して、2月に『超先行!プレミアム試聴会』が、東京・音響ハウススタジオで開催されたんです。 * そこで、アルバムのリード曲で、アルバムの6曲目に収録されているピアノと歌だけで奏でられるバラード曲「未来花(ミライカ)」にイメージをいただいて、ピアノに装花を。 * スキマスイッチのお二人もサプライズで登場して、その模様がちらっと「めざましテレビ」などでも紹介されたのですが、見ていただけたでしょうか? * アルバムは、今月14日発売です!とても素敵なので是非! #スキマスイッチ #ニューアルバム #新空間アルゴリズム #未来花 #赤井勝

赤井勝さん(@akaimasaru)がシェアした投稿 –

赤井勝氏の年収は?

フラワーデザイナーになるためには

「フラワー装飾技能士」などの

資格や免許などは必要がなく、

赤井勝氏も公にしていないだけかもしれませんが、

資格はなさそうです。

フラワーデザイナーの平均年収は300万円程度と

いわれていますが、

赤井勝氏の場合は、

政府が関係する事業や有名ブランドなど

大きな仕事があることや、

レッスン教室の開催とプロデュース作品など、

引く手あまたです。

大阪や東京にアトリエも構えていますので、

年収1000万円以上はくだらないのでは?

と予想します。

スポンサーリンク